2017年7月26日 (水)

梅雨前線が南に下がったようで、朝方雨が降って涼しくなりました。13時現在で24度ですね。だいぶ身体が楽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

アモーレ 大人コンサート

杉並児童合唱団のOG、OBの皆さんがやってらっしゃるアモーレのコンサートに行って来ました。今年で創立9周年ということですが、コンサートに行くのは初めてです。



「真面目な大人コンサート」と銘打ってありまして、普段は真面目ではないのかもしれませんが、昨日のコンサートはとても真面目でかつ楽しいものでした。

最初のステージはヨハンシュトラウス歌曲集で大変真面目に歌ってらっしゃいました。「美しき青きドナウ」が迫力満点です。第2部が『くるみ割り人形』。フレンドメンバーの皆さんを加えてとても動きのあるステージです。「お菓子の国」ではピエロが登場して客席にお菓子をまきはじめました。投げる真似かと思ったらほんとにまくのでちょっとビックリです。幸い目の前に飛んできたので一つキャッチしました。



チョコ大福という柔らかいお菓子で当たっても痛くないようなチョイスがありがたいです。

第2部の後半は「昭和歌謡メドレー」でした。司会のアナウンサーの方もおっしゃってましたが、なぜにチャイコのあとに昭和歌謡?という疑問もなしとはしないながら、ステージ狭しと歌い踊る宝塚のようなステージは大変楽しかったです。嘉門達夫の「替え歌メドレー」の元曲もいくつかあったりして、そういえば本当はこんな歌詞だったんだと思ったり。最後は和田アキ子さんのそっくりさん?も登場したりと、はっちゃけ感満載のステージでした。

第3部は大人ポピュラーということで、こちらも「オーシャンゼリゼ」や「追憶」など有名曲が目白押しです。じっくり歌を聴かせる曲と動きのある曲が取り合わされて、バラエティに富んでいます。歌ばかりもいいものですが、心地よく眠りに落ちてしまう恐れもあるので、時々動きがあるとリフレッシュできますね。最後は「ラプソディー イン ブルー」。アモーレジュニアの皆さんの切れ味鋭いダンスが加わって見応え聴きごたえがありました。

アンコールは「マイ ウェイ」でした。西六郷だと「川っぷち」ですが杉並ではこの曲なんですね。それぞれ、歴史の感じられる曲でいいものです。どうも、お疲れ様でした。来年の10周年コンサートも是非聴かせてほしいものです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

新東京丸



土曜日ですが、東京都の視察船、新東京丸に乗ってきました。毎土曜日の午前と午後に1回ずつ出ていて、90分ほどでお台場や新海面処分場を1周してきます。

結構埠頭の説明が詳しくて面白かったです。数日荷物を収める倉庫と比較的長期間預かる倉庫、預かりつつ材料を加工する工場兼用倉庫などがあるようです。



レインボーブリッジやゲートブリッジもくぐるのでなかなか楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

内視鏡検査

先日健康診断でひっかかって胃の内視鏡検査を受けてきました。麻酔かけてみてもらうタイプのをお願いしたので、爆睡している間に終了。所要時間は30分たらずだったと思いますが、1時間ほどは寝てたようです。

結果は3mmほどの良性のポリープで治療の必要はないということでした。一安心ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

29連勝!!

藤井四段、29連勝達成ですね! すごいです。半端な強さではありません。

勝率90%としても29連勝できる確率は0.9を29乗して0.047つまり4.7%の計算です。勝率98%だと55.7%の確率になりますが、プロ相手にこの勝率は信じられませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノダ本店





イノダコーヒーの本店です。入り口は狭いけど中は右手と奥と別室とベランダと2階があって200席あるそうです。ちょっとびっくりですね。中庭の緑もホッとできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

高輪橋架道橋

高輪橋架道橋(たかなわきょうかどうきょう)に行ってみました。高さ1.5mしかなくてタクシーの上のライトがぶつかりそうになるので有名なところです。「ちょうちん殺し」とも言われているようですね。

山手線の品川と田町のちょうど中間あたり、大規模な再開発工事をしている旧田町車両センターのちょっと北側になります。再開発の一環でなくなるかもという話もあったのでいってみることに。



西側の入り口です。ウィキペディアなどにも写真が載っけられている側ですね。今回は田町から新芝運河沿いに歩いていったので、最後にここを見ましたが、やっぱり低いです。少し下りなので自転車は勢いがつきがちですが、頭を打ちそうで怖いですね!



東側から通路の中を覗いたところです。すごく長いですね。山手線だけではなく、京浜東北線や東海道本線、東海道新幹線まで一気に潜っています。全長250m。天井が低いだけに一段と出口が遠く感じます。



山手線の線路を下から見たところです。ほんと目の前に見えますね。この通路をかなり頻繁にタクシーが通過してました。普通の車はあんまり通らなくてタクシー10台に対して1台ぐらいの割合でした。この近辺で山手線の反対側に出られるところは少ないので、貴重な通り抜け道になっているようです。再開発で閉鎖になると困るひとも多そうですね。名残りを惜しんで写真を撮っている人もいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

さらばカール

カールの東日本での販売が終了すると報じられてましたね。ファイト一発!のCMが終了したり、いろいろ意外なものが終了する昨今ですが、カールも超お馴染みのお菓子で、まさか終わるとは!という感じがしました。

とはいえ、そういえば最近はほとんど食べてなくて、いつ食べたかちょっと思い出せないくらいです。相当販売も落ちていたみたいですね。東洋経済の記事(「カール」販売やめる東日本での本当の売れ方)によると最近は1990年代の3分の1に落ちていたとか。

この記事には各地域のスーパー100万人利用者あたりのカールの売り上げデータも紹介されてました。それによると

北海道 8.5万円
東北 8.4万円
関東 23.6万円
中部 7.2万円
近畿 34.1万円
中国・四国 20.4万円
九州 37.8万円

となっています。スーパーでのデータという限定はつきますが、九州の方がカールを一番買うんですね。次が近畿、関東、中国・四国とついでいます。少ないのは中部地方で九州や近畿地方の5分の1ほどしか買っていません。東北、北海道も西日本の4分の1の水準です。ずいぶん違うんですね。

このデータを見ると東北、北海道と中部地方で販売を終了するのはやむをえないかもしれません。関東地方は関西の3分の2ほどなので、やめる必要はないかもですが、関東だけ飛び地で販売するのも難しいのでしょう。かくて松山工場での生産だけ残して、西日本のみで販売するという結論になったようですね。東日本ではカールとはお別れになります。長いことお疲れさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

暑い

昨日は31度まで上がってましたね。館林では35度とか! 5月なのにびっくりです。今日も10時現在で27度で暑くなりそうです。気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

勝浦





勝浦港です。銚子につぐ、千葉県第二の漁港だそうですね。昼過ぎでも大型の漁船が出入りして、トラックにカツオを沢山積み込んでました。



漁港近くの勝喰(かっくらう)というお店でカツオを頂きましたが、新鮮で大変美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

バナナゼロミュージック

今晩のバナナゼロミュージック(NHK総合22:30-23:04)で「みんなのうたSP」をやるようですね。予告編の動画では『ありがとう さようなら』を流して歌手をあてるクイズをやったりしてました。他にどんな企画があるのでしょうね。楽しみに待ちたいと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
番組で登場した曲は以下の通りです。クイズの解答とかこんなテーマもあるとかいう形で断片的に流れたものばかりですが、次の28曲が紹介されました。割と最近の曲が多くて、そういえばそんな曲もあったなあと思って聞かせてもらいました。

北風小僧の寒太郎
山口さんちのツトム君
おお牧場はみどり
クラリネットこわしちゃった
ちいさい秋みつけた
森の熊さん
コンピューターおばあちゃん
YELL
日々
おしりかじり虫
ベストフレンド
スシ食いねェ!
天下無敵のゴーヤーマン★
サイボウの不思議
△□○コビッチ
願いごとの持ち腐れ
ぎんなん楽団カルテット
まゆげダンス
大きな古時計
高校3年生
ぼくはくま
フルーツ5姉妹
OK食堂
ミスターシンセサイザー
ありがとう さようなら
太陽の子どもたち
ふきとひよこ
グリーングリーン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

ハナミズキ





ハナミズキのシーズンになってきました。フジも咲き始めてますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

見納め


今年の桜も見納めですね。そこそこお花見できて良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

ペギーさん、お疲れさま

ペギー葉山さんがお亡くなりになられたそうで、ショックです。『ドレミの歌』や『かあさんのうた』をはじめ『パンのマーチ』『算数チャチャチャ』『ひげなしゴゲジャバル』といった著名曲を歌ってらっしゃって、みんなのうたファンとして大変お世話になりました。

2012年には『とんとんとん』を歌手活動60周年の節目に歌われてます。みんなのうたとしてはそれが最後の曲になってしまいました。『とんとんとん』は20曲目だと書いてありますが、検索するとペギーさんが歌唱の曲は19曲しか出てきません。どこで食い違っているのでしょう。追悼特集とか組まれそうな気がしますね。長い間ありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

公式HPリニューアル

みんなのうたの公式HPがリニューアルされましたね。2011年1月以来のリニューアルです。4月3日のお昼ごろみた時には以前のバージョンでしたから、3日の午後以降に変更されたようです。

全曲が2017年4月現在で1428曲、発掘対象曲が530曲であったのが明記されてますね。10年刻みで一覧が見られるようになっています。一覧で何年何月の曲か分かるともっと便利でしょう。

1分間の動画が見られるのもありがたいですが、対象曲はまだ18曲です。これから増えるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開



ようやく満開になりましたね。明日からまたずっと天気が悪いみたいなので、今日がお花見のラストチャンスだったかもしれません。今年はお花見運がいまいちですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

映像発掘曲一覧(2017年4月現在)

今日でみんなのうたの放送開始から56年ですね。この機会に2017年4月現在での映像の発掘状況を調べてみました。放送開始50周年記念プロジェクトなので、ここまで6年間の成果ということになりますね。

みんなのうたの公式HPで「映像を発掘」というマークがついていた曲は以下の177曲になりました。発掘開始時点で500曲ほどが行方不明とか言われてましたので35%の映像が発掘されたことになるでしょうか。これは大きな成果ですね。個人で録画されてたケースや、放送の原版が見つかったケースなどもあるかと思いますが、ありがたいことです。

このうち、発掘後に映像が放映された記憶がある曲に○をつけてみました。これは記憶にもとづいてますので、間違いがありましたらお教えください。『白い道』の75年バージョンとか『宗谷岬』の76年バージョンとか、見たのがどのバージョンだったかどうかよく分からないものも混じってます。ともあれ、記憶によると発掘後に放送されたものが94曲で、発掘曲の53%になると思われます。ほぼ半数が日の目を見たということになりますね。発掘スペシャルのときに沢山流れましたが、その後に放送された分もかなりあります。あと半分、はやく放送されることを祈りましょう。

【映像発掘曲一覧(2017年4月現在)】
◯は発掘後、テレビ放送された記憶があるもの

1963年 1曲
逃げた小鳥

1966年 2曲
ひなげし
こうして踊ろうよ(「ヘンゼルとグレーテル」から)○

1967年1曲
こびとの歌(「Snow-White and The Seven Dwarfs」から)○

1968年 1曲
じゃがいも ○

1969年 12曲
鬼のねがい 
イナレオタ ~さかだちのうた~ ○
さっさか大阪 ○
星のヨーデル ○
うちのネコ ぼくのネコ ○
札幌の空 
木の葉くん ○
高山にカンカコカン 
ひとりぼっちの旅 
ラッパと少年 ○
ケルンをつもう 
夕陽の笛 

1970年 11曲
ポワ ポワーン 
あくびのむこうにとびだそう ○
おれはひとりで 
水辺の春
ツビレグ ツブレグ マーチ ○
松江の町は
ひとつおぼえの
ごめんなさい ○
津軽りんごうた
ぼくの海
春をよぶ夢 ○

1971年 12曲
そんな思い出が
虹と雪のバラード ○
雪国ぐらし
流氷の町 網走
気のいいあひる(1971年版) ○
春の潮だまり
阿波のおはなし
海は生きてる
風吹きめぐる
雲は旅人
歩いて行こう ○
おどんが国は

1972年 15曲
海峡のまち
この橋の上で
もうすぐ春だ
ラ・ゴロンドリーナ(つばめ)(1972年版)○
カンタカナリート ~風よりもかろやかに~
そして君は
走れ仔馬よ 牧場は五月 
ふるさとのヨーデル ○
待ちわびブルース
木曽路はきょうも
たとえば
星と虹と ○
マヌエロ ○
アッコちゃんの子守歌 
クラリネットこわしちゃった(1972年版)○

1973年 16曲
ちいさな汽車 ○
地球を七回半まわれ(1973年版)○
春をうたおう
美しい星
自動車になったカメの歌 ○
待ちぼうけ ○
島原地方の子守唄 ○
さあみんなで
さすらいのバイオリン ○
わたりどり

1974年 17曲
今日の日はさようなら
デンデン虫のデン子さん ○
春のむすめ 
はさみとぎ(1974年版)○
五月の風船
この広い野原いっぱい ○
ぼくの町
ゆかいなめざまし時計 ○
音のシンフォニー ○
はるかなあなた(ポ・カレカレ)
矢車草 ○
オブラディ オブラダ ○
光る夏の歌 
赤い山 青い山 白い山(北海道地方のわらべ唄)○
ながいなさんとはやいなさん ○
なかよしファミリー ○
鳩笛 ○

1975年 8曲
いかつり唄
カッパのクィクォクァ ○
菜の花ばたけ
子象のダンス
花嫁募集中
線路はつづくよどこまでも(1975年版)○
オナカの大きな王子さま(1975年版)○
白い道(ヴィヴァルディ作曲「四季」から)1975年版 ○

1976年 13曲
遠いまち ○
宗谷岬(1976年版)
緑の小馬が生まれたら ○
少年海賊団の唄
シンフォニック・バリエーション ○
ゴクロウサン
はじめての僕デス ○
瞳をとじて
冬の日の子守唄
ボクたち大阪の子どもやでェ ○
ユミちゃんの引越し~さよならツトム君~ ○
風の子守歌 ○
へのへのもへじ ○

1977年 13曲
巣立つ日まで ○
ぼくのプルー 
ここは 南の島 ○
星から落ちた迷い子
あじさい
苺の花嫁さん ○
こんな時があってもいいね
天使のパンツ ○
気球にのって ○
わたしは「とうふ」です ○
空と海の子守歌
シンドバッドの船 ○
ともだちはいいもんだ ○

1978年 20曲
かな かな かな ○
雪の日のたより
さびしがりやさん こんにちは ○
だれもいそがない村
名もない湖
ぼくらは三つ子の男の子 ○
風の歌(「交響曲第1番」から)○
切手のないおくりもの(1978年版)○
星の子ペンキィ ○
川 ○
北の旅 ○
幸せの予感
だるまさんがころんだ ○
大空から見れば ○
ここは瀬戸内
夢みてるわけじゃないよ ○
北国放浪 ○
ピエロのトランペット(1978年版)
ホロスコープ~あなたの星座~ ○
6ちゃんがねころんで ○

1979年 18曲
道 ○
夢の舟乗り
おれは空 ○
ビューティフル・ネーム ○
まちぼうけ ○
大きなうた
進め!しんじ君 ○
夏は来ぬ(1979年版)○
旋律
大蓮華讃歌
今夜も眠れない ○
パパの時間
夕顔の里
想い出の人
嵯峨野巡礼 ○
地球の上で(On the Earth)
紅葉 ○
ヒュルル ジンジン からっ風(1979年版)○

1980年 14曲
土湯讃歌 ○
ニルスのふしぎな旅 ○
雪娘 ○
かくれんぼ ○
希望が愛が、ホラ
乙女峠へ ○
グリーン・グラス ○
のらねこ三度笠 ○
コラソンDEデート ○
なかよし海さん
バナナ スピリット
愛のかたち
シャッキシャキの転校生 ○
灯台守 ○

1981年 6曲
因島想春譜
ドン・キホーテ ○
走れジョリィ ○
渥美地方の子守唄
海を贈ろう
雪の下の春

1982年 3曲
いつかどこかであなたに会った
潮風のセレナード
さとうきびの花

| | コメント (22) | トラックバック (0)

YOKOSUKA軍港めぐり

YOKOSUKA軍港めぐりは45分で横須賀港をぐるりと巡るクルーズです。1400円ですが、日米の艦船がたくさんみられるということでほぼ満員の盛況ぶりでした。



これはイージス艦がタグボートに引かれて方向転換してるところだそうです。湾内は狭いので自力での転換は難しいそうですね。



アメリカの空母『ロナルド・レーガン』です。陸からは見えない位置に停泊しているそうです。



これがカレーになっていた掃海艇「はちじょう」です。木造の掃海艇としては最後らしいですね。後継はプラスチック艦になるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月31日 (金)

横須賀海軍カレー



初めて横須賀海軍カレーを頂きました。掃海艇「はちじょう」にちなんだメニューでしたが、なかなか美味しかったです。横須賀市が力を入れてるだけのことはありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月27日 (月)

草間彌生展

今日も5度ぐらいまでしか上がらず、寒い一日でした。3月も終わりだというのに妙ですね。



雨の中、国立新美術館に草間彌生展を見にいってきました。雨の平日昼にもかかわらずチケット買いに30分ほどの行列が! 休日だったらどんなことになってるのでしょうね。近くのコンビニで当日券を買ってこの行列はパスしました。



中に入ると大展示室とその周りに年代順の展示回廊という構成です。大展示室は写真をとってもいいみたいで、皆さんパシャパシャ撮ってました。

回廊部分は撮影はご遠慮下さいということで撮ってませんが、緻密に描き上げられた大作がこれでもかと並んでいて圧倒されました。じっと見ているとドットの海に吸い込まれそうな気がします。特に鏡を使った無限空間はどこまでもドットの空間が広がり、まさに宇宙をさまよっているような感じがしました。



草間さんの水玉は原則として重なって描かれることはありません。展示室の出口に入場者が水玉を貼っていくスペースがあるのですが、そこでは写真のようにどんどん水玉が重ね貼りしてあるのと対照的です。無数の水玉はそれぞれが独立した存在であり、それが総体として一つの世界を構成している。これが草間さんの世界や宇宙の捉え方なのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«天草