2024年5月 3日 (金)

西六郷定期演奏会

Fe7ea902e9ee4c13b7da66b50efe8366

今年も西六郷少年少女合唱団の定期演奏会に行ってきました。毎年5月3日に行われて良いお天気に恵まれることが多いのですが、今年もとても良いお天気で素敵な歌声を堪能させてもらいました。第1部では「逃げた小鳥」や「ドレミの歌」といったみんなのうたナンバーが懐かしかったです。「空高く」は空高く舞い上がれ♪から始まるゆったりとした雄大な曲で、2011年出版とあることから震災歌なのかとも思ったのですが、2008年の作品のようですからそういう訳でもないですね。でも、被災された方の力にもなるような素晴らしいうたでした。

第1部後半は日本の合唱曲で「スケッチブックの空を」は一本の鉛筆で空に絵を描くような指揮に合わせて、空にデッサンするように歌声が伸びていくのが印象的でした。後半からは人数が減るのですが、高音がよく伸びて人数の少なさを感じさせません。「こきりこ節」や「竹田の子守唄」ではp(ピアノ)の響きの美しさを堪能させてもらいました。

第2部、世界の名曲と日本の合唱曲は指揮者の小池さんがピアノ伴奏をしながら指揮もされる<弾く振り>でした。普段の練習もピアノを弾きながら指導されてるそうで、指揮者の視線に合わせての歌声に違和感はなかったですね。ただ、時々ピアノから指を離して腕を振るところでは、声がグンと伸びてましたので、指揮者の力はやはり偉大です。

「グリーンスリーブス」や「ふるさとの空は」(ハンガリー舞曲第6番)といったお馴染みの曲を楽しんだあとは、日本の合唱曲でした。ステージの前にドラムセットが準備されて、ちょっとびっくり。「秋祭り」のためかと思ったら違っていました。「鮎の歌」でももちろんありません。

1f9048471c0949fa94136fd84f99c072

最後に演奏された組曲「フランチェスコ」の第5曲と終曲で、フルートの演奏と共にドラムとシンバルが登場します。ドラムの響きがフランチェスコの歩みを力づけているようでした。

アンコールは「翼をください」と「君をいつまでも忘れない」、そして「ぼくらの町は川っぷち」です。卒団する子は涙でもう声が出ない様子でしたが、その分在団生の声が聞こえてきました。在団生の皆さんには先輩方の歌声を受け継いで、さらに発展させてもらえたらと思います。卒団生の皆さん、本当に長い間お疲れ様でした! 

| | コメント (2)

2024年4月10日 (水)

昭和記念公園

Ac1c5d66d51d4930850a7cd0502e51de

Ac41a40098cf497e9e23a0ff99402345

昨日はよく降って風もビュービュー吹いてましたが、今日は良いお天気になりました。昨日の風で桜も散ってしまったかと思ったのですが、昭和記念公園の桜はまだ見頃でした。下の写真は、桜の下に鏡が置いてあって、ちょうど水面に桜が写っているように写真が撮れるように工夫がされていました。多くの人がここでスマホを構えてました。

10b426dac34d45d0b4f48f0e748e8b56

C472090a692a4f4fa88b52797257cc80

上はチューリップ公園付近で、下は残堀川の河原です。どこの桜も見事でした。

| | コメント (6)

2024年3月31日 (日)

東郷寺さんの桜

E5578ca165774c08a352b786bb16ad42

51c8be83b0ce43128030aff03e0de36e

急に暖かくなったので東郷寺さんの桜もだいぶ咲いてきました。まだ満開では無いですけど、たくさんの人が見に来てました。

C013f7494410451eae81e5c913cd82d4

E9c2d21d26824bdba96b4345e0986f7f

多摩川の桜はもうちょっとかかりそうです。ユキヤナギがきれいに咲いてました。

| | コメント (4)

2024年3月17日 (日)

夕富士

Ff19030526a1400d9600d3675b300d50

新幹線の窓から振り返ると、ちょうど日が沈むところでした。黄金色のシルエットがきれいです。

| | コメント (0)

2024年3月15日 (金)

今日の富士山

Cb6e8833d66b43c3909a08d824c479eb

大阪にいく途中で撮りました。新富士手前では少し雲があったのですが、新富士を過ぎてこの角度になると綺麗に見えてましたね。

| | コメント (1)

2024年3月 7日 (木)

石清水八幡宮

石清水八幡宮に行ってきました。有名な所ですが参拝するのは初めてです。

61c9dd4cfc4a4bd28c8e2f5d9e2dbd59

Ba1e0abc59da442aa8c6aedda1ecf101

京阪電車の石清水八幡宮駅で降りて、ケーブルカーに乗りました。少し遅い時間なのであまり人は乗っていません。しばらく登ると南京都の風景が見えてきました。

ケーブルカーの終点で降りるとお社があるのかとおもいきや、なかなか姿を見せません。左手の道が展望台と書いてあるので右手の道に進んでみます。しばらく山の中を歩くと開けたところがあって、巨大なモニュメントが立っていました。その向こうに社殿らしきものがあるので行ってみると事務所のようです。ぐるり見回しても社殿らしきものも道標も見えません。一緒にケーブルカーで登ってきたマレーシアのご一家も途方に暮れている様子です。

しばしうろうろしたあげく、さっきの巨大モニュメントの左後方に社殿へ向かう石段があるのを発見しました。そちらを登ると参道に合流します。さっきの事務所の前を左に曲がって少し登り、さらに左に曲がるとケーブルカーがなかったころの参道だったようです。ちょっと苦労しましたが、無事に立派なお社に参拝することができました。

8606eeba47184db180c91e2084eb4e0b

ケーブルカーは本来の参拝路からすると裏道になるようですね。またあんな巨大モニュメントがあるとついそっちに行ってしまいますが、それも躓きの石でしょう。危うくあきらめて帰ってしまうところでした。何事にも先達はあってほしいものです。

 

| | コメント (3)

2024年3月 6日 (水)

ヒノキとスギの間

198c876ef63c4168b7833ae6363da9bc

ヒノキとスギの間(in between hinoki sugi pavilion)という作品です。遠目には雨宿りできそうな東屋があるなという感じでしたが、近寄ってみると床と天井を立木が貫通している構造でした。

C99d34448e4445f4bf6db7d364f41a33

文字通りヒノキとスギ木立の間に立っている東屋ですね。

| | コメント (5)

2024年3月 4日 (月)

平安の森

7ac0f996f3164f2788f1f6f3c635f19e

これは「平安の森」という解説のついた作品です。何にもないじゃんと思いつつ森に入ってみると…

F479dd72200541a6aba025f97bb87311

木の下に何やら隠れています。よく見るとあちこちにトリュフのように小さな白い玉が点在してました。またまた宝探し気分ですね。

3df11bd875924c97ab99d5c9ae743435

86d3e05d7f4e4e409a4b18fbd907c5e2

それぞれの玉にはいろんな絵が描かれていて縄文のような平安なような気分を味わえました。

| | コメント (3)

粟カフェ

3月2日から徳島県の神山町に来ています。今日はこちらでお昼ご飯をいただきました。「くりカフェ」ではなく「あわカフェ」です。

41a213022e13465f930933becaa2b82b

A3068f38cfa940bfac10ec043eac849d

ランチメニューはピーマンのチーズ肉巻きでした。ドリンク付きで1250円はお値打ちです。

| | コメント (0)

2024年2月20日 (火)

豪徳寺

230d798c7c4d4e80ba30efdb104861c4

15328ef325e04c13aa0b706c72f047c5

豪徳寺に行ってきました。ここは井伊直弼のお墓のあるところで、ひこにゃんの由来になったと言われる招福猫がたくさん奉納されてました。外国人の方がたくさん写真を撮ってらっしゃいました。

| | コメント (3)

2024年2月 4日 (日)

立春

E76d56cbf8f44f59b5ce8c8d4ab9b925

2月4日は立春ですが、寒いですねえ。明日は雪の予報とか。ここから暖かくなる出発点だと思うと一番寒い時期なのはしょうがないですけどね。24年2月4日(24/2/4)というならびはちょっとレア感があります。

| | コメント (0)

2024年1月29日 (月)

【再放送曲】『以心伝心しよう』(1993年)

『以心伝心しよう』が再放送されてますね。Wikipediaによると8回目の再放送になるようで、人気曲の一つと言えるでしょう。初回放送が1993年6~7月なので30年と半年が経ったことになりますね。早いものです。

 ♪ 以心伝心しよう! 心を開いて
 ♪ あなたは心のアンテナを立てて受け止めて Lovin you

ミファソドシラソーレファミーという、伸びやかなメロディーラインが印象的です。ファラドミのメジャーセブンスコードに乗っているところもおしゃれですね。

「以心伝心」はもともとは仏教用語で、日本国語大辞典 では、「ことばでは表わせない悟りや真理を心から心へと伝えること」とされています。転じて「無言のうちに心が互いに通じ合う」意味で用いられるようになりました。大城さんはさらに「ことばだけでは伝えられない気持ち」、Lovin you(I'm loving you=あなたを愛しています!)をつたえる不思議なテレポートを「以心伝心」と表現されているのですね。

 ♪ 同じ時間に別々の場所 違うことをしてても
 ♪ 私の笑顔思い出せれば それだけでいい

ここの部分が大城流以心伝心の極意でしょう。お互いの笑顔を思い浮かべるだけで、時間も空間も飛び越えて心がつながりあえる。古川さんも、この歌詞をいろんな形でアニメーションにされています。左右二枚の別々の紙に描かれたキャラクターが、でも一つの世界でつながっていますね。素朴な線画のスケッチも日常の何気ない一こまを切り取った表現にぴったりです。

左右でリモコンを操作しながら、右で蹴ったサッカーボールが左で野球のボールになってナイスバッティング!なんてシーンもあります。1993年はJリーグ発足の年で、「みんなのうた」でもサッカーを扱った曲が何曲か登場しますが、その先駆けと言えるかもしれません。パソコンの絵もあって、30年前にパソコンがあったんだとか、妙な感慨もありますね。

携帯電話は絵の中には登場しませんが、『以心伝心しよう』は携帯電話のCMソングとしても使われています。Wikipediaには「1994年に、この楽曲は関西/中国/九州セルラーのテレビCMソングにも起用」とありますし、YouTubeには「北陸セルラー電話株式会社(1993) 福井放送」とキャプションのついた動画があがっています。〇〇セルラーは今のauの前身となる会社たちですが、93年はまだ端末がレンタルだった時代で、携帯電話の世帯普及率も3.2%(https://honkawa2.sakura.ne.jp/6350.html)。94年からは端末を買うことができるようになりましたが、新しく登場した見えない不思議なテレポートを実現するテクノロジーのCMにまさにぴったりの楽曲でした。

とはいえ、「みんなのうた」の作品がほぼリアルタイムで民放のCMに使用されるのはやはり異例です。これはもともとこの作品がFM宮崎のセイフティドライバー・キャンペーンのために製作された楽曲(Wikipediaより)で、NHKが企画したものではなかったためでしょう。もともとは愛する人の「無事を祈る」気持ちを伝える作品だったようですね。それがFM宮崎でリクエスト1位の人気となり、「みんなのうた」でも採用されることになったそうです。

「みんなのうた」バージョンはショートバージョンで、本来の楽曲の1番とコーダに当たる部分が省略されてます。フルバージョンも今はいくつか動画がアップされていて聞くことができます。1番は妻が晩ごはんの支度をしながら夫の帰りを待つシーンで「無事を祈る」気持ちがより伝わってくる内容ですね。

 ♪ 夕焼けの空 今日もいい日だったねと
 ♪ 風と雲がささやいてる

放送では省略されているコーダの部分です。それまでのハ長調がハ短調に転調して、しみじみと今日を振り返っています。この部分もいいですね。綺麗な夕焼けを見ると、つい口ずさんでしまいます。

 ♪ 以心伝心しよう! 心を静めて
 ♪ わたしは心のダイアルあわせて伝えよう Lovin you

再びハ長調に戻って大城さんのメッセージが繰り返されます。作詞・作曲・うたを担当された大城光恵さんは、2023年2月にご病気で他界されました。この作品をつくられてちょうど30年、まだ57歳というお若さで、ニュースを見てショックだったのを覚えています。今回の再放送は追悼の意味もあるのでしょう。心のアンテナをしっかりたてて、メッセージを受け取りたいと思います。素敵な楽曲をありがとうございました!

『以心伝心しよう』
作詞:大城光恵
作曲:大城光恵
うた:大城光恵
編曲:磯谷健
映像アニメ:古川タク
初回放送:1993年06月〜07月

| | コメント (12)

2024年1月26日 (金)

Python動く

このところ、ずっとPythonというプログラム言語を動かそうと格闘してました。ChatGPT4がPythonのプログラムを書いてくれるので、これが使えるといいなと思って試していたのですが、インターフェイスがわからない、わからない。Rと同じですぐ動くだろうと思って同じようにインストールしれ「Python」というファイルをクリックしたのが間違いのもとなのですね。「IDLE Shell」という得体の知れないファイルの方を開かないといけないのでした。これが分かるまでPythonの入門書を3冊ぐらい買ってしまいました。

まあ、一つ動けば二つ、三つと動かせるようになると思うのでボチボチ進めていきましょう。「みんなのうた」の歌詞の分析などもそのうちできるようになるかもしれません。

| | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

白富士

Debbe1a3d4b341ca8b705c0fbddc1ed2

今日は久しぶりに富士山が見えました。このところ青空はあっても、西之保に雲があって見えなかったのですが、今日は白い富士山がくっきり見えました。今年は多難な出だしになっていますけども、何かしら良いこともあるといいですね。皆様今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2023年12月14日 (木)

まだ紅葉

71d25cda43d646b5bed010a6ea7eb6c8A01c20c3d1404f899973c360f69539ec8c9ba689788f41a690ad36527905bb87

12月も半ばになりましたが、まだ紅葉が綺麗ですね。ちょうど見事という気もします。イチョウの黄色い葉もだいぶ落ちましたがまだ綺麗でした。

| | コメント (5)

2023年11月22日 (水)

富士岡駅

68309640513441c2a114c4f681552bc1

6d0f5143fa5042a7913364c4e65933dc

天気がいいので富士岡駅まで富士山を見に行ってきました。御殿場より2つ南の駅で、前に遮るものがなく、富士山の裾野までよく見える駅です。秋富士の雄大な姿をゆっくり楽しむことができました。

| | コメント (0)

2023年11月14日 (火)

白富士

2297ec15ee5d41fbadd214bfd8751af3

今日は白くなってました。目まぐるしいですね!

| | コメント (0)

2023年11月 8日 (水)

黒富士

Cbdb739bec3d41ac85cf3fc4d3375577

しばらく暖かかったのでまた黒富士になってました。週末には白くなるかもですね。

| | コメント (0)

2023年11月 3日 (金)

西六郷混声合唱団演奏会

02ba97a169eb4ddf857c52cab8c1a4a26075e10393fb4d7fa8ecab5e7f5db9b2

西六郷混声合唱団の第1回演奏会を聴きに行って来ました。以前の西六郷鎌田記念合唱団が、コロナによる活動休止をはさんで4年ぶりに西六郷混声合唱団として再スタートを切られたということだそうです。皆さん、本当にご苦労がおありだったかと思いますが、今日はとても生き生きと歌ってらっしゃいました。

特に震災をテーマとした曲で構成された第二ステージが印象的でしたね。帰らぬ日々への思いと復興への希望を歌った曲の数々には、コロナにより失った日々への思いも込められていたのでしょう。指揮者の全身を使った力強くまた繊細なタクトに応える歌声の迫力、美しさに圧倒されました。今日は聞きにこられてよかったです。皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (1)

2023年10月19日 (木)

キンモクセイ

944e0f3778ff4c30b74754cc463b4bd3

09e30d03bca4461a95651f113692a267

キンモクセイが満開になってきたようで、よい香りがしています。以前は10月頭には咲いていたので、ずいぶん遅くなりましたね。

| | コメント (0)

«白富士