« 世界の携帯電話販売、2008年以降は伸び率鈍化へ | トップページ | 清畠~様似 »

2005年10月27日 (木)

ブラウン監督、完投にこだわらず

>重点課題として掲げる投手陣は、役割分担を明確化し、完投にこだわらない方針を打ち出した。先発5人、ワンポイント、セットアッパー、抑えに中継ぎ4人の計12人。先発投手の球数は100―120球に抑え、間隔を中5日程度にして登板数を増やす構想だ。 ( 中国新聞 カープ情報.)

先発5人(黒田、大竹、小山田、デイビー、レイボーン?)
ワンポイント(?)
セットアッパー(永川)
抑え(ベイル)
中継ぎ4人(横山、佐々岡、?)

先発はともかく、ワンポイントと中継ぎで当てになりそうなピッチャーがいないのが困りものです。ブラウン監督どうするつもりでしょう。

>過度の投げ込みや走り込みは控え、より質の高いトレーニングを目指して徐々に見直しを進めていく考えだ

これは是非そうしてほしいものです。河内とか2500球の投げ込みやったのに結果が出ませんでしたし。

|

« 世界の携帯電話販売、2008年以降は伸び率鈍化へ | トップページ | 清畠~様似 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/6682221

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウン監督、完投にこだわらず:

« 世界の携帯電話販売、2008年以降は伸び率鈍化へ | トップページ | 清畠~様似 »