« カープファンのため頑張る…ブラウン新監督 福山訪問 | トップページ | カイ二乗検定の補足 »

2005年10月31日 (月)

男性の方が中国韓国嫌い

7月に取ったアンケートを今ごろ授業用に集計してるのですが、それによると男性の方が女性より中国や韓国を嫌いだと答える率が高いようです。性別と中国好き嫌いのクロス集計表は

  性別\中国|好き  嫌い
 ―――――――――――――
    男性  |14人 80人
    女性  |22人 54人

となり、中国を好きと答えた割合は男性が15%、女性が29%となっています。サンプル数は多くはないですが、カイ二乗値は4.96なので危険率5%で女性の方が中国が好き(男性の方が嫌い)ということができます。

韓国については好きと答えた割合は男性が34%、女性が47%で、こちらは危険率10%で女性の方が韓国が好き(男性の方が嫌い)という結果になりました。

韓国についてはドラマの影響が考えられますが、中国についてはなぜなんでしょうね。テレビやネットの利用時間とか権威主義得点とかナショナリズム得点とか一緒に計ってありますので追々分析してみたいと思います。

|

« カープファンのため頑張る…ブラウン新監督 福山訪問 | トップページ | カイ二乗検定の補足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/6767346

この記事へのトラックバック一覧です: 男性の方が中国韓国嫌い:

« カープファンのため頑張る…ブラウン新監督 福山訪問 | トップページ | カイ二乗検定の補足 »