« 大島&仁部、12日練習試合の西武戦に登板 | トップページ | すだれ »

2005年11月 8日 (火)

ストライクゾーンも国際試合に準じて外へ広げるべき・黒田

>広島の黒田博樹投手(30)が7日、2段モーションの厳格適用の趣旨が国際競争力強化なら、ストライクゾーンも国際試合に準じて外へ広げるべき…というもので、これには巨人の上原浩治投手(30)もさっそく同調。国際化のありように一石を投じる問題提起だ。 (スポニチアネックスOSAKA まるごと広島.)

確かに向こうの外角は広いですからね。国内で慣れておくと、バッターの国際競争力もあがるでしょう。黒田は(上原も)その前に向こうにいってしまうかもしれませんが・・

|

« 大島&仁部、12日練習試合の西武戦に登板 | トップページ | すだれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/6974870

この記事へのトラックバック一覧です: ストライクゾーンも国際試合に準じて外へ広げるべき・黒田:

« 大島&仁部、12日練習試合の西武戦に登板 | トップページ | すだれ »