« 阪神、右の先発に「広島・デイビー」 | トップページ | 「究極」の携帯電話 »

2005年11月14日 (月)

ブラウン監督、ケガ予防へマッチョの勧め

>マーティー・ブラウン監督(42)が、ウエートトレーニングを投手を含めた全選手に導入させる考えを示した。 「ウエートは重要。体を強くし、ケガを予防する。長い間1軍でやっている選手ほど大事にしている。それは選手寿命を延ばすことにつながる」 。全投手に奨励するのは日本では異例。日本球界にはいだ投手への筋力トレに“アレルギー”がある。アメリカでも以前は敬遠されていたが、最近では常識。40歳を超えるランディ・ジョンソン(ヤンキース)らも導入している。 ( スポニチアネックスOSAKA まるごと広島.)

筋肉が堅くなるから、とかいう理由で敬遠されていたと思いますが真相はどうなのでしょうか。うちの場合は普通の練習が長くてウェートまで手が回らないという理由でしてなかったようです。マーティ改革の中味がだんだん明らかになってきました。今より悪くなる可能性は少ないといいながら毎年いろいろ試しては失敗してきています。今年は成果があがりますように。

|

« 阪神、右の先発に「広島・デイビー」 | トップページ | 「究極」の携帯電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/7104176

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウン監督、ケガ予防へマッチョの勧め:

« 阪神、右の先発に「広島・デイビー」 | トップページ | 「究極」の携帯電話 »