« NEC、中間決算は半導体と携帯電話不調で減収減益 | トップページ | 寒~い »

2005年11月 1日 (火)

「間違う確率」と「間違っている確率」

「間違う確率」と「間違っている確率」は違うという話をしましたが、もう少し補足しておきましょう。

昨日書いたとおり危険率が5%というのは、本当は関連がないときに「関連がある」と判断してしまう確率のことで、たとえば本当に関連がない事態に100回出くわしたときに95回は「関連なし」と判定するけれど、あとの5回は「関連あり」と判定してしまうことを意味します。表にすると次のようになります。

   本当\判定|「関連あり」 「関連なし」
 ―――――――――――――――――――
   関連あり  |  ア       イ
   関連なし  | 5回      95回

さてこのとき、判断が「間違っている」確率はどうかというと、実はこれだけの情報ではさっぱり分かりません。たとえば、「関連あり」という判定をしたのに本当は関連がなかった、という確率は表のアの値が分からないと求めることができません。同様に「関連なし」という判定が間違っている確率もイの値が分からないと分かりません。

ここで、「本当に関連がある事態というのは関連がない事態よりもずっと少なくて5分の1の確率でしか遭遇しない」「本当に関連があるときの検出力は90%だ」といった追加情報があったとしましょう。
そうすると、本当に関連がある事態は関連がない事態に100回遭遇するあいだに20回遭遇すると推定できます。そしてそのうち18回は正しく「関連がある」と判定され、2回は「関連がない」と判定されるであろうことも分かります。このとき、上の表は

   本当\判定|「関連あり」 「関連なし」
 ―――――――――――――――――――
   関連あり  |  18回       2回
   関連なし  |   5回      95回

となりますので、今度は判定が「間違っている」確率が求まります。すなわち、

   「関連あり」の判定が間違っている確率=5/23 (約22%)
   「関連なし」の判定が間違っている確率=2/97 (約2%)

となります。このように「間違う確率」と「間違っている確率」は全く別物で、特に「関連あり」の判定の方はかなりあてにならないものだということが分かります。

|

« NEC、中間決算は半導体と携帯電話不調で減収減益 | トップページ | 寒~い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/6827480

この記事へのトラックバック一覧です: 「間違う確率」と「間違っている確率」:

« NEC、中間決算は半導体と携帯電話不調で減収減益 | トップページ | 寒~い »