« 立冬 | トップページ | ブラジル携帯電話利用件数が8,000万件に到達−普及率は43% »

2005年11月 7日 (月)

ブラウン監督「ワースト失策」解消へ改革に着手

>ブラウン新監督が守備陣全体の定位置を約1・5メートルセンターライン寄りに狭めることを提案した。「二遊間やセンターへの負担を減らそうということ。遊撃が三遊間の深い位置で逆シングルで捕って送球するより、三塁がカバーすればアウトの可能性が高くなる」。 (スポニチアネックスOSAKA まるごと広島.)

ファースト、サードをセンターよりの守備陣にするようですから、1塁線や3塁線を抜かれるのは覚悟してショートとセカンドの負担を減らそうという策です。対症療法ですが、現状の守備力では仕方ないのですかねえ。

|

« 立冬 | トップページ | ブラジル携帯電話利用件数が8,000万件に到達−普及率は43% »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/6940019

この記事へのトラックバック一覧です: ブラウン監督「ワースト失策」解消へ改革に着手:

« 立冬 | トップページ | ブラジル携帯電話利用件数が8,000万件に到達−普及率は43% »