« 男女別サッカー重回帰分析 | トップページ | 中国の携帯電話利用実態:着メロ人気 »

2005年12月22日 (木)

前田3300万円UPの1億8800万円でサイン

>広島の前田智徳外野手(34)が21日、広島市中区の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3300万円アップの1億8800万円でサインした(金額は推定)。今季は12年ぶりに全試合に出場するなど自己最高の成績をマーク。2億円超えを望んだが、チーム成績を指摘され“陥落”。来季チームの上位進出へ、全試合フルイニング出場を目標に掲げた。 (スポニチアネックスOSAKA まるごと広島.)

32本塁打で3300万アップはうちの標準に近い数字ですが、若手ならいざしらずトップ選手の年俸は他との比較の対象になりますから余り低いのもこまりものです。阪神に行った金本選手の場合は2億8000万で「3億パア、5億はいけた」とかかかれてますから、前田選手が最低2億を掲げたのは無理もない話しでしょう。うちに残ってがんばってくれている選手に報いるシステムがほしい所です。

|

« 男女別サッカー重回帰分析 | トップページ | 中国の携帯電話利用実態:着メロ人気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/7773990

この記事へのトラックバック一覧です: 前田3300万円UPの1億8800万円でサイン:

» 事実だけを淡々と [前田智徳に関する一考察]
今年もまた鈴木とかいう馬鹿が要らぬことを口走ったそうです。 【広島】前田3300万円アップで更改(ニッカン)12年ぶりに全試合出場を果たした広島前田智徳外野手(34)が21日、3300万円アップの1億8800万円で契約を更改した。今季は打率3割1分9厘、32..... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 21時23分

« 男女別サッカー重回帰分析 | トップページ | 中国の携帯電話利用実態:着メロ人気 »