« 携帯電話で児童の安全を守る | トップページ | 前田3300万円UPの1億8800万円でサイン »

2005年12月21日 (水)

男女別サッカー重回帰分析

サッカー関心を目的変数として、男女別に重回帰分析した結果を紹介しておきます。

male まず、男性の結果です。サッカー関心に先行してそうな変数を説明変数として分析したところ、友人関心がもっとも高い影響力(ベータ係数)を持っていることが分かりました。ついで、小中学校でのサッカー経験が大きな影響力を持っています。

famale 女性の場合も同じ変数を用いて分析してみました。友人関心の影響力がやはり最大ですがベータ係数の値は0.50で男性の場合よりもさらに大きくなっています。次は家族関心で、男性の場合、2番目に影響が多きかった小中学校でのサッカー経験は有意ではありませんでした。女性の場合はそもそも経験者が少ないこともありますが、数少ない経験者が特にサッカーに関心を持つわけでもない点は興味深いです。自分の経験よりも、友人(彼氏?)や家族からの影響という他者からの影響の方が女性のサッカー関心を規定する主要因になっているようです。説明力(重決定係数)も女性の方が大きく「他者からの影響に」の規定力が大きいことを示しています。

|

« 携帯電話で児童の安全を守る | トップページ | 前田3300万円UPの1億8800万円でサイン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/7765437

この記事へのトラックバック一覧です: 男女別サッカー重回帰分析:

« 携帯電話で児童の安全を守る | トップページ | 前田3300万円UPの1億8800万円でサイン »