« ノキア社長、3Gケータイの最新動向と日本市場での展望を語る | トップページ | 寒いみたい »

2005年12月 9日 (金)

名刺サイズの携帯電話の後続機

>薄さわずか8.8mmの携帯電話「VK2000」が話題をさらったVK Mobileから、その後続機など、薄さにこだわった4機種が一気に発表された。

>いずれもMP3プレーヤおよびBluetooth、大容量メモリを搭載しているのが特徴で、デザインは折りたたみ、ストレート、スライドと多様化されている。

>MP3プレーヤなど一切のマルチメディア機能を削り通話とメッセージに絞ったVK2000とは対照的に、MP3プレーヤを搭載したVK2010とVK2100は 音楽を十分楽しめるようにと前者は512MBと1GB、後者では2GBのメモリを内蔵している。2機種とも画面は26万色の1.5インチOLEDでカメラは搭載していない厚さは前者が8.8mm、後者が9.3mmだ。

>VK3100は厚さ14.9mmの折りたたみ端末で、1.3メガピクセルのカメラ、MP3プレーヤ、Bluetoothと、世界的に人気の3機能をすべて搭載している。( VK Mobile、名刺サイズの携帯電話の後続機など4種を発表 (MYCOM PC WEB).)

「iPodを連想させる」薄型携帯で、なおかつ音楽やカメラを搭載した機種がでるようですが「中国やヨーロッパ市場をターゲットに販売されるGMS方式に対応した携帯電話」なので日本ではしばらくでないかもしれません。世界的な特殊な市場というのはいろいろ損な面もあるようです。

|

« ノキア社長、3Gケータイの最新動向と日本市場での展望を語る | トップページ | 寒いみたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/7542980

この記事へのトラックバック一覧です: 名刺サイズの携帯電話の後続機:

« ノキア社長、3Gケータイの最新動向と日本市場での展望を語る | トップページ | 寒いみたい »