« 米原 | トップページ | 信頼メモ »

2005年12月28日 (水)

年賀状の御利益

「社会関係基盤と社会関係資本」(三隅 2005)という論文によると、年賀状を出す枚数と病気や怪我や困り事の時に助けてくれそうな知り合いの数には0.25程度の相関があるそうです。

また、年賀状を沢山出す人は余り出さない人に比べて、働き口を探す時に近所の人や職場の人に紹介してもらえる確率が2〜6倍程度高くなるようです。年賀状侮りがたしですね。

ただし100万円を貸してくれそうな知り合いの有る無しと年賀状の枚数は関係がないようですので、年賀状も万能ではありません。まあ年賀状を出す位でお金を貸して貰えるとは虫が良過ぎますが、それ以外の事柄には結構効果があるようです。

ちなみに平均枚数は70.1枚だそうです。皆さんは何枚くらい出されたでしょうか?

|

« 米原 | トップページ | 信頼メモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/7880372

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状の御利益:

« 米原 | トップページ | 信頼メモ »