« ドコモ、韓国2位の携帯電話会社に10%出資 | トップページ | ボーダフォン、音楽プレーヤー機能搭載の薄型携帯 »

2005年12月17日 (土)

おさいふ携帯利用ビジネスが拡大

>携帯電話を使った広告ビジネスが盛んになりつつあるのは、消費者の行動にダイレクトにつながるメディアとして活用できるからだ。今後決済機能付きの「おサイフケータイ」と組み合わせれば、商品やサービスの情報提供から代金の決済までカバーする一気通貫の仕組みを手のひらの上で作れる。  

>携帯電話の進化をにらんだ仕掛けを着々と始めている。JR東日本が来年1月から始める鉄道ICカード「Suica(スイカ)」搭載の携帯「モバイルSuica」のポータルサイトにタウン情報などのコンテンツを提供する。電子マネー機能を利用した電子クーポンの導入も検討している。 ( 「R25」発の携帯電話ビジネスが拡大?モバイル-最新ニュース:IT-PLUS.)

おさいふ携帯とは、さいふに広告受信装置がついているようなものなので、広告会社の格好のターゲットになりつつあるようです。この記事では無料の携帯雑誌を配信して、その中に携帯で買うと割引になるような広告情報を掲載して購入を誘導する手法が紹介されています。オーソドックスな方法ですが、今後いろいろ工夫をこらした手法が出てきそうな分野ですね。

|

« ドコモ、韓国2位の携帯電話会社に10%出資 | トップページ | ボーダフォン、音楽プレーヤー機能搭載の薄型携帯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/7667982

この記事へのトラックバック一覧です: おさいふ携帯利用ビジネスが拡大:

« ドコモ、韓国2位の携帯電話会社に10%出資 | トップページ | ボーダフォン、音楽プレーヤー機能搭載の薄型携帯 »