« 前田3300万円UPの1億8800万円でサイン | トップページ | オルソン問題の調査 »

2005年12月22日 (木)

中国の携帯電話利用実態:着メロ人気

>中国の消費者に対して携帯電話サービスの使用状況について聞いたところ、通話だけに費やす月間通信費は50元以下が全体の8割弱を占めた。 2005年11月4日から2005年11月14日まで、株式会社サーチナが携帯電話についてインターネット調査を実施、中国全土の一般消費者、男女1800人から有効回答を得た。

>通話だけに費やす月間通信費は
     「101-150元」(17.00%)
     「51-100元」 (30.06%)
     「31-50元」  (21.78%)、

>SMS(ショートメッセージサービス)など通話以外の使用料は
     「31-50元」(20.78%)
     「11-30元」(30.50%)
     「10元以下」(25.50%)

>SMSのサービスの利用頻度は、
     「着信メロディ」         53.78%
     「自分で文章を作成して送信」30%以上
     「写真のダウンロード」    30%以上
     「定期購読物」   30%以上
     「ゲーム」      30%以上
     「出会い系」    23.22%
      (前回調査より8.28ポイント増)
中国の携帯電話利用実態:通話料金は「31-100元」、着信メロも人気 - nikkeibp.jp - IT.

月100元ぐらいの利用者がもっとも多そうです。1元が15円くらいですので1500円くらいですが、平均月収が2万円程度ですから、決して軽くない負担だと思われます。

|

« 前田3300万円UPの1億8800万円でサイン | トップページ | オルソン問題の調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/7777285

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の携帯電話利用実態:着メロ人気:

« 前田3300万円UPの1億8800万円でサイン | トップページ | オルソン問題の調査 »