« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

さようなら 『クロ』

今月のうたは今日で放送終了です。『グラスホッパー物語』は教育テレビで再放送されますが、半ノラの『クロ』とは今日でお別れですね。こちらも人気があったので、そのうち再放送されるとは思いますが。

♪ 大きな木の下で はじめてクロに会った 
♪ 少し近づいたら しゃべるように鳴いた   
♪ つぶらな瞳に 小さな陽だまり見えた

うちも昔、黒い猫を飼っていて赤い首輪して鈴をつけてました。青い目をしてたので名前は「リゲル」。小さいうちにうちに来たせいか甘えん坊で、お母さんのおっぱいを飲むように毛布をキュッキュッと両手で押さえるのが好きでした。はじめはほんとに小さかったんだけどすぐに大きくなってテレビの上に長々と横たわってました。

♪ くもの巣を頭に からませて出てきたり 
♪ 歌を作ってると 遠い目できいた   
♪ 笑い合えた日々 かぞえた季節

もう20年以上前になりますけどね。ダンボール箱に入れて「猫入り危険。触ると鳴くで」なんて、今ではだれも元ネタを知らないようなことを書いたりして遊んだりしたものです。うちのリゲルは早くに夜空に帰ってしまいましたが、冬になってオリオン座をみると思い出します。

♪ 気の向くまま 進む足どりで 青い風を連れてくる   
♪ 君に会えたことが宝物 同じこの景色のなかで 今も

遊佐未森さん自身の体験をもとにした曲だそうですが、実際に作れるようになったのは「クロ」と別れてから3年ぐらいたってからだそうです。分かる気がしますね。

 「君に会えたことが宝物」。

クロとの思い出がこの歌詞に結晶するまでにはそれだけの時間が必要だったのでしょう。うちでも、リゲルのあとネコ飼ったりウサギ飼ったりしてますが、それぞれとの出会いはやっぱり宝物だと思いますね。この曲を聴いて泣いたという感想が沢山ブログや掲示板にありましたが、それだけ心をうつ曲なのだと思います。ありがとう、クロ。

『クロ』 うた:遊佐 未森  作詞:遊佐 未森 作曲:遊佐 未森  
     編曲:鹿島 達也  絵:おーなり 由子 
     アニメーション:堀口 忠彦 クリーチャーズ

みんなのうた缶 『クロ』コメントページ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nokia、2005年第4四半期は価格下落で減益

>Nokiaは2005年第4四半期(10-12月期)の業績を発表した。
  売上高   103億3,300万ユーロ(9%増)
  営業利益   13億6,800万ユーロ(6%減)、
  当期純利益 10億7,300万ユーロ(1%減)

>売上高は四半期として初めて100億ユーロを突破、携帯電話の販売数は、前年同期比27%増の8,370万台となり、過去最高となったが、平均販売価格の下落が響き、営業利益は10億6,000万ユーロで前年より4%減少した。営業利益率は、前年同期比1.8ポイント減の17.1%に低下した。

>携帯電話機の販売台数は
   欧州        2,990万台(23%増)
   北米         980万台(22%増)
  アジア太平洋地域 1,480万台(42%増)
   中国         950万台(64%増)

>中国市場は新規契約者数が増加を続けている。同社は「中国では幅広い品揃えや、物流システムが寄与した。アジア太平洋地域での販売増は、同地域で最大の市場規模であり急成長しているインドで、ノキアがトップの地位にあることを反映したもの」としている。

>しかし、同社の携帯電話機の平均販売価格は、
   2004年第4四半期 111ユーロ     
   2005年第3四半期 102ユーロ
   2005年第4四半期 99ユーロ

で、低下傾向が止まらない。前四半期に比べ下落した理由は「低価格モデルの売上が多い地域の販売の比重が高まったことが大きな要因」だという。つまり、新興市場での販売が急増していることが、かえって平均単価の低落、減益につながった。

>2005年通期では
   売上   341億9,100万ユーロ(16%増)
   営業利益 46億3,900万ユーロ(7%増)
   純利益   36億1,600万ユーロ(13%増)

>2006年の業界全体のモバイル機器販売台数について、2005年の推定7億9,500万台から10%以上増加すると予想、「モバイル機器市場は金額ベースでも拡大する見通しだが、新興市場の影響力が大きくなるため平均販売価格はやや低下する見込み」との見解を示している。

Nokia、2005年第4四半期は携帯電話機販売増も、価格下落で減益に (MYCOM PC WEB).

携帯電話の首位メーカー、ノキアの状況です。売り上げ台数が27%増えてるのに営業利益が4%減になっています。よほど価格低下が激しいのかと思いきや、111ユーロから99ユーロということで10%ほどの減少で、営業利益が減らなければならないほどは減ってません。おそらく、インドや中国などの新興市場に売り込むための営業費用や、新規端末の開発費がかさんでいるのでしょう。

ところでノキアの通年売り上げ(4兆7000億円)って、KDDIの2倍ほどの規模で、ドコモ(5兆円)と同じぐらいだったんですね。もっと大きな会社かと思ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料ネット通話「Skype」対応携帯型電話

>コレガは2006年1月30日、無料インターネット通話サービス「Skype」に対応したコンパクトUSBフォン「CG-USBPH01」を発表した。発売は2月2日の予定で希望小売価格は4410円。  

>本体には十字キーやテンキーなどを装備し、付属CD-ROMからSkype対応のAPIをインストールすることで、ダイヤルや音量調節、ミュート、コンタクトリストなどの操作をUSBフォン本体で行える。 パソコンとの接続はUSB 1.1で外部電源は不要。

>対応OSはWindows XP/2000。本体サイズは幅45×奥行き18×高さ112mm(突起部含まず)で、本体重量は48g。(安達 孝之)

コレガ、無料ネット通話「Skype」対応の携帯電話型USBフォン「CG-USBPH01」 / デジタルARENA.

ネットを通じて無料で電話ができる「スカイプ」に対応した携帯電話型端末です。パソコンが無線LANにつながる環境なら携帯電話としても使えると思いますが、パソコンを抱えて歩きながら通話するのはちょっと大変でしょう。ザウルスなんかとつなげるようになれば、本当に無料携帯電話としても使えるんでしょうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国、携帯電話機メーカー57社に

>中国国家発展改革委員会は、広東省深セン市の電子部品メーカー、宇陽科技発展に携帯電話機の生産許可を与えた。中国政府が昨年に携帯電話機市場への参入条件を緩めた結果、この1年で宇陽を入れて20社が新たに生産ライセンスを取得、メーカー数は57社に達した。

>中国の携帯電話機市場ではテレビ大手の長虹電器(四川省)や創維集団(広東省)などが新たに生産ライセンスを得るなど競争が激化。最大手の寧波波導(浙江省)などが赤字に転落した。 ( NIKKEI NET:国際 ニュース.)

メーカー数57社とはえらく乱立してますね。政府の許可を得て参入するシステムですから、許可が降りるときにとりあえず参入しているのでしょうか。まあ、そのうち整理されてくるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

au機種変価格一部値下げ

>auの携帯電話機は、機種変更価格の条件区分として、6ヵ月以上/12ヵ月以上/24ヵ月年以上というスタイルの地域が多い。しかし今年に入り、12ヵ月以上と24ヵ月以上の価格が同一という店舗が数多く見られるようになった。

>新宿A店と秋葉原A店では、すでにそのスタイルが導入されているが、12ヶ月以上の価格が24ヵ月以上の価格に合わせられている。すなわち、現在の機種の使用年数が12ヵ月以上24ヵ月未満のユーザーにとっては、実質的な値下げとなる。

>また関西地区調査者から、新発売の『W41S』が大阪B店において同様の販売形態だったという報告があり、今後の推移を見守りたい。 携帯電話価格調査(2006.1.30).

1年以上の機種変更価格が2年以上の価格になりつつあるという記事です。auはこの春は7機種を新たに投入してますので回転を早めたい意図があるのでしょうか。2年前の機種から一気に最先端の機種だとギャップが大きいので、新しい機能に順次慣れてもらうという意図もあるかもしれませんが、値下げ競争に踏み込むとあとで苦労するかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

先週の検索ワード(1月4週)

順位検索ワード件数
1 グラスホッパー物語 121
2 視聴 51
3 試聴 49
4 おじいさんのグラスホッパー 48
5 平松庚三 27
6 携帯電話 17
7 グラスホッパー 17
8 経歴 13
9 みんなのうた 13
10 キャリーオーバー効果 13
11 携帯 12
12 岡田准一 12
13 サムスン 9
14 ウィルコム 8
15 ボーダフォン 7
16 亀梨和也 7
17 プロフィール 6
18 ドコモ 5
19 飛べ飛べ 5
20 価格 5

グラスホッパー物語、放送終了を控えてまた増えています。1月1週30件、2週65件、3週112件でしたが、4週は121件でした。先日はTBSでのっぽさん自身が番組の宣伝してましたし、2~3月には再放送されますのでまだ人気が続くかもしれません。

先週はライブドアの事件が大きかったのですが、今となっては昔の話という感じもします。ライブドア新社長になった平松さんの経歴を見に来た方も結構いらっしゃいました。なぜかしらキャリーオーバー効果を検索した人が先週に引き続きかなりいらっしゃいます。なにかあったのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KDDI、携帯電話事業の営業益30.7%増

>KDDIは、2005年4月~2006年12月期累計の連結決算を発表した。
                         対前年同期比
    売上高    2兆2301億8900万円 (1.6%増)
    営業利益     2575億9400万円  (6.2%増)
    当期純利益   1580億 700万円  (2.5%増)

>売上の8割を占める携帯電話事業が引き続き好調で、赤字の固定通信事業を補って余りある成果をあげている。同社では、この結果を受け、通期の業績予想を見直し、売上高を上方修正、期初の見込み、2兆9760億円を今回、3兆410億円とした。営業利益、当期利益は期初予想通り。

>固定通信事業は直収電話のメタルプラス拡販などの費用が影響し
    売上高    4358億円(1.8%減)、
    営業損益   438億円
    当期純損益  228億円の赤字

>携帯電話事業は
    売上高  1兆8457億円(7.5%増)
    営業利益   2996億円(30.7%増)

>「CDMA 1x WIN」の契約者数は12月末で675万、そのうち81%は定額制契約ユーザーだ。「CDMA 1x WIN」のARPU(1契約あたりの月間平均収入)はこの3四半期ほぼ横ばいだが、10~12月期も9680円で、全体の平均7090円と比べ格段に高い。「CDMA 1x WIN」ユーザーが増加すれば、ARPU全体を押し上げることになる。

> 2005年度下期には、ツーカー、パワードコムの合併という変動要因があったが、同社の陣地は堅固だ。2005年12月末の携帯電話累計シェアはau、ツーカーあわせて27.4%だが、第1-3四半期の純増シェアは同じく49.2%で首位を維持している。第3四半期の解約率は1.11%、前年同期比で0.26ポイント改善、これは過去最も低い数値だという。着うたフルなどのサービス、各種割引とも、着実に支持を得ているようだ。

リンク: KDDI、携帯電話事業の営業益30.7%増、通期売上は3兆円突破の見通し (MYCOM PC WEB).

KDDIの2005年の連結決算です。固定電話部門で228億円の赤字ですが、携帯電話部門では前年比30.7%増の2996億円の黒字で合計して2575億9400万円の黒字(前年比6.2%増)となっています。固定電話部門が足を引っ張る格好で、携帯電話に特化すればよさそうなものですが、近い将来「固定・携帯融合サービス」が大きな市場になると予想されてますので、いま固定電話から撤退するわけには行きません。固定部門の黒字転換が大きな課題だといえるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温暖化研究発表に「NASA圧力」 

>米航空宇宙局ゴダード宇宙研究所のジェームズ・ハンセン博士(63)が、研究成果の発表に関して当局から圧力を受けている、と米紙ニューヨーク・タイムズが29日報じた。  

>博士は昨年12月6日の学会で、二酸化炭素など温室効果ガスの大規模排出削減は現在の技術でも実施可能だと訴え、米国が主導的な役割を果たさなければ地球は「別の惑星」になってしまうと警告。同15日には「05年は過去100年余りで、最も暖かい年だったとみられる」とする研究結果を発表した。  

>ニューヨーク・タイムズによると、それ以降、NASAの広報担当者から博士に本部の意向を伝える電話が何度もあり、外部での講演や報道機関からの取材を制限された。同様の発言を続ければ「恐ろしい結果」を招くことになる、とも圧力をかけられたという。  
asahi.com:温暖化研究発表に「NASA圧力」 米の第一人者が告発?-?国際.

何事もスポンサーの機嫌を損ねると、「恐ろしい結果」を招くものですかといってスポンサーの意向をくんで偽造や捏造をしても「恐ろしい結果」を招くので、世の中簡単ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年の携帯電話出荷台数は8億1000万台

>米Strategy Analyticsの調査結果によると,2005年第4四半期の出荷台数は前年同期比25%増の2億4500万台に達した。2005年通期の出荷台数は前年比19%増の8億1000万台となり過去最高を記録した。

>今後について同社Chris Ambrosio氏は、「世界携帯電話出荷台数は2006年に9億3000万台となる見通しで,北米などの成熟市場で買い換えが進み,新規購入者が増え続ければ,2007年には10億台の大台を突破するだろう」と予測している。  

>2005年第4四半期は,Nokia社が出荷台数8370万台でシェア34.2%となり,メーカーの首位を獲得した。第2位はMotorola社の4470万台(シェア18.3%)。韓国メーカーはSamsungが2720万台(同11.1%)で第3位,LG Electronics(LG)が1620万台(6.6%)で第4位に入ったが,両社を合わせたシェアは過去2年間で最も低かった。

■表1 2004年第4四半期および2005年通期の世界携帯電話出荷台数(単位:100万台)
------------------------------------------------------------
                       04年Q4  2004年    05年Q4  2005年
------------------------------------------------------------
Nokia                  66.1    207.6     83.7    264.9
Motorola               31.8    104.5     44.7    146.0
Samsung                21.1     86.6     27.2    102.9
LG                     13.9     44.4     16.2     54.9
Sony Ericsson          12.6     42.5     16.1     51.1
その他                    51.1    194.9     57.0    190.7
------------------------------------------------------------
合計                      196.6    680.5    244.9    810.5

出典:Strategy Analytics社

■表1 2004年第4四半期および2005年通期における出荷台数ベースのシェア
---------------------------------------------------------------
                      04年Q4    2004年    05年Q4    2005年
---------------------------------------------------------------
Nokia                 33.6%    30.5%    34.2%    32.7%
Motorola              16.2%    15.4%    18.3%    18.0%
Samsung               10.7%    12.7%    11.1%    12.7%
LG                     7.1%     6.5%     6.6%     6.8%
Sony Ericsson          6.4%     6.2%     6.6%     6.3%
その他                   26.0%    28.6%    23.3%    23.5%
---------------------------------------------------------------
合計                     100.0%   100.0%   100.0%   100.0%
---------------------------------------------------------------

1年前と比較した成長率     23.0%    31.6%    24.6%    19.1%
          
出典:Strategy Analytics社

「世界携帯電話出荷台数は2007年に10億台達成の見込み」,米調査:IT Pro.

2005年の携帯電話の出荷台数は8億1000万台でした。昨年より19.1%の伸びですが、その前の年は31.6%の伸びでしたので世界的にみても飽和状態になりつつあるようです。Strategy Analytics社の予測では2006年は14.8%の伸び、2007年は8%程度の伸びということで、パイが大きくならないなかでのシェアの奪い合いが展開されていく模様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国携帯電話 「オールイン」DMB

>携帯電話企業らは、今年発売する携帯電話の半分以上に携帯型デジタルマルチメディア放送(DMB)機能を搭載するという計画で、特にDMB活性化の可否によって下半期にはこの比重をもっとふやす計画。

>三星電子とLG電子は今年出す携帯電話のラインナップの50%以上をDMBフォンで計画している。パンテック系列も今年最大8種のDMBフォンを出す計画。携帯電話業界がこのようにDMBの比重を大きくふやした理由は、1月から無料でTVを視聴できる地上波DMBフォンが流通しはじめ、3月以後から最大事業者であるSKテレコムも地上波DMBフォンを流通する計画するなど、地上DMBの活性化が期待されるからだ。

>今年6月のワールドカップ以後には携帯放送、モバイル放送などに対する国民の関心が一般化されると言う見こみという。

innolife.net>>>韓国ニュース>>>IT>>>携帯電話業界、 DMBに「オールイン」...DMBフォン発売競争.

韓国で今年発売予定の携帯電話は半数以上が地デジ対応機種になるみこみだそうです。日本も近々そうなるだろうとは思いますが、韓国の方が半年~1年くらい早い感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『W41S』『V502T』価格調査

>先週発表の『W41S』はLISMOに対応し、インターネットでダウンロードした楽曲、あるいはCDから録音した楽曲をパソコン経由で携帯電話機に転送する事が可能。また、EZweb網から携帯電話機にダウンロードしたEZ“着うたフル”の楽曲をパソコンでバックアップする事も可能で、パソコンと携帯電話機との連携した機能を特徴としている。また“EZ FeliCa”に対応し、“モバイルSuica”として東日本旅客鉄道(株)の鉄道の乗車やSuica対応の店舗での代金決済に使うこともできる。 価格は以下の通り。

>東京・秋葉原A店、新宿A店B店
  新規 14,490
  機種変更(6ヵ月以上)  19,740
  機種変更 (12ヵ月以上) 14,490

>本日はもう1機種、ボーダフォンからPDC方式の携帯電話機『V502T』が発売された。音声通話やメールの送受信、カメラ撮影など、よく使われる機能を大きな文字で表示する“シンプルモード3”を搭載するほか、ボーダフォンライブ! 網からダウンロードした“着うた”や、パソコンを使用してメモリーカードに記録した楽曲を再生する機能などを持つ。ステレオスピーカー搭載。

>東京・秋葉原A店、新宿A店B店
  新規 10,290
 機種変更 (12ヵ月未満) 19,950
 機種変更 (12ヵ月以上) 12,600
 機種変更 (18ヵ月以上) 10,500
 機種変更 (24ヵ月以上) 8,400

リンク: 携帯電話価格調査『W41S』『V502T』特別版.

モバイルスイカの使えるau『W41S』と、ボーダフォンのシンプル携帯『V502T』の価格調査です。新規では『W41S』の方が4千円ほど高いですが、モバイルスイカや着うたフルなどがある点からすると思ったより高くない感じです。機種変更になるともっと差は縮みますが、 『V502T』の24ヵ月以上についてはえらく安くなってます。24ヵ月以上機種変更しない人は3Gなどは買わないだろうから、安さで『V502T』に誘導しようということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「モバイルスイカ」JR東がスタート

>JR東日本は二十八日、携帯電話を改札機にかざすだけで電車に乗れる「モバイルスイカ」サービスを始めた。決済機能付き携帯電話「おサイフケータイ」で、乗車券や定期券の購入、自動販売機や飲食店の支払いができる。  

>モバイルスイカは、オンライン上でお金を入金できる。対応する携帯は当面、NTTドコモ九機種、KDDI(au)三機種の計十二機種。 利用した代金はクレジット決済の形で後日、口座から引き落とされる。  

>会費は当面、無料。

> 加入者増加シェアでドコモを上回ったKDDIのauに対抗する形で、ドコモはおサイフケータイ普及に力を注いできた。これまでは電子マネー「エディ」を中心に利用促進を図り、全国約二万八千店舗で利用できるようになったものの、なかなか普及が進まないのが実態。そこで、普及の起爆剤として期待していたのが、モバイルスイカだ。スイカは二〇〇一年にサービスを開始。昨年十二月末までに累計約千四百六十五万枚を販売し、電子マネーとして世界でも類をみないほど利用が拡大。これが携帯に置き換われば大ヒットが期待できるからだ。  

>一方、auもモバイルスイカの導入に合わせて、対応携帯電話を昨年九月から販売開始し、ドコモを追撃。ボーダフォンも、昨年十一月からおサイフケータイを販売。モバイルスイカのスタートには間に合わなかったが、近く対応させる予定で準備を進める。  FujiSankei Business i. 総合/携帯電話で改札スルリ「モバイルスイカ」JR東がスタート(2006/1/29).

昨日、品川と池袋にいってきましたが、大々的にモバイルスイカの宣伝をやってました。品川では右側にau、左側にドコモの同じ大きさのブースが設置してあってキャンペーンガールが愛想をふりまいてました。とりあえずは両社とJRが共同で「モバイルスイカ」のパイを増やす作戦のようです。知名度と利用者の絶対量が増えないと始まりませんからね。

おさいふ携帯については、ドコモの整備したインフラにauが寄生する戦略をとっています。ドコモとしてはauを締め出したいところでしょうが、ドコモと共同してインフラ整備したJRやコンビニなどはauにもボーダフォンにもどんどん使ってほしいという事情があるので、ドコモがauを振り切るのは難しいような気がします。夏樹さんはどうやって差別化を図って、インフラ整備の投資を回収するつもりなのでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

小さな東京タワー

都バスで品川駅に戻りました。結構あっという間ですね。ビルの合間に小さな東京タワーが見えました。060128_1523.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天王洲アイル

りんかい線の天王洲アイルで降りたことがないので降りてみました。あんまり何にも無い所ですね。車の音と倉庫の音はひっきりなしにしてますが。

少し歩くとアイル橋というのがあって小さな公園になってます。年期の入ったベンチが置いてあって、子供たちが「鼻クソうんこー!」とか叫びながら遊んでました。思ったよりずっとレトロな所ですね。060128_1446.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

ボーダフォン、シンプル機能のPDC携帯電話『V502T』を発表

>ボーダフォンは26日、大きな文字表示とシンプルモード搭載のエントリー向けPDC携帯電話『V502T』を1月27日に発売すると発表した。製造は東芝(株)。価格はオープンプライスで、同社が直販するオンラインショップでは1万290円(新規契約)。

> V502Tは、音声通話やメールの送受信、カメラ撮影など、よく使われる機能を大きな文字で表示する“シンプルモード3”を。音声通話の使用時間帯や使用量、発着信相手などを制限する“リミットモード”を備え、若年層の使いすぎ予防にも対応。そのほか、ステレオスピーカー搭載により、“ボーダフォンライブ!”でダウンロードした“着うた”や、パソコンを使用してメモリーカードに記録した楽曲を再生する機能などを持

ボーダフォン、シンプル機能のPDC携帯電話『V502T』の発売日を発表.

ボーダフォンのシンプル路線携帯です。auがツーカーを併合したのに対抗という意味合いもあるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カシオ、W-CDMA方式の携帯電話供給が可能に

>カシオ計算機は、従来のCDMA2000 1x/1xEV-DO方式の携帯電話開発から、W-CDMA方式など、3G方式の全てに携帯電話を供給できるよう、米クアルコムとのライセンス契約の範囲を拡大した。  

>同社は2000年の携帯電話事業参入以来、米クアルコムからcdmaOneやCDMA2000 1x/1xEV-DO関連技術のライセンスを受けて、端末を開発してきた。国内ではau向けに端末を供給しており、最近では韓国にも携帯電話を出荷している。  

>今回、ライセンス範囲を拡大したことで、W-CDMA/UMTS方式や、TD-SCDMAといった新たな通信方式の3G携帯電話も開発、供給できるようになった。ドコモやボーダフォンはW-CDMA方式で3Gサービスを展開しており、こうした国内キャリアへの端末納入も見込める。  

>今後、GSM圏では、W-CDMA方式の普及が予想されており、今年1月に米クアルコムのCEO、ポール・E・ジェイコブス氏が来日した際にも、欧州で3Gが活発に動きつつある現状を語っていた。カシオでは、従来の技術力や開発ノウハウを活かしつつ、地域や通信方式に関わらず端末を展開していきたい考えだ。 カシオ、W-CDMA方式の携帯電話供給が可能に.

カシオがアメリカ式のCDMA2000方式の他に、ヨーロッパ式のW-CDMA方式のライセンス契約をクアルコムと結んだとのことです。ドコモやボーダフォンがW-CDMAですから、カシオにすれば販売先の選択肢が広がるわけですが、ライセンス料や新たな設備投資が当然必要ですから得になるかどうかはにわかには分からないところです。クアルコムと安く契約ができたとは思いにくいので、ドコモあたりから有利なリクエストがあったのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米クアルコム、携帯好調で増収増益

>携帯電話技術開発大手の米クアルコムが25日発表した2006年度第1・四半期(12月25日終了)決算は、携帯電話の需要好調が寄与し、純利益が6億2000万ドル(希薄化後1株当たり0.36ドル)と、前年同期の5億1300万ドル(同0.30ドル)から増加した。  

>特別項目計上前ベースの1株当たり利益(EPS)は0.39ドル。総売上高は前年同期の13億9000万ドルから17億4000万ドルに増えた。 アナリストは平均でEPSを0.38ドル、売上高を17億6000万ドルと予想していた。    

>クアルコムは第2・四半期(1─3月)のEPSを0.35─0.37ドル、売上高を16億3000万─17億3000万ドルと予想している。アナリスト予想の平均は0.36ドルと17億3000万ドル。  

>同社は米国で主流の携帯電話技術であるCDMA方式の市場で支配的立場にあり、また携帯電話の高速通信規格として欧州で普及し始めているW─CDMA方式でも技術ライセンスの供与や端末用半導体の販売を行っている (ロイター.)

auに技術提供しているクアルコムの業績が好調でした。auのほかにもあちこちに技術提供しているので、各地のキャリアやメーカーが業績を伸ばすとクアルコムの業績も伸びる仕組みですが、携帯電話事業への依存度もその分高そうな感じはしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥インフルエンザ:中国における状況

>中国保健省は、H5N1亜型鳥インフルエンザウイルスによる、同国10番目のヒト感染症例を確認した。 患者は、同国南中央部の四川省成都市在住の29歳の女性である。

>彼女は自営業で乾物屋を経営していた。感染源となる感染鳥への曝露歴に関しての情報は現在のところ得られていないが、調査は継続されている。

>同省の他の地方では、家禽におけるH5N1ウイルス感染の集団発生が、昨年12月終わりころに確認されている。2症例が住んでいた地域からの集団発生の報告はこれまでない。 家禽での集団発生の報告がないところでのヒト症例の報告は、懸念である。

>現在までにヒト症例が報告された省・自治区は7つで、安徽、広西、遼寧、江西、福建、湖南、四川である。うち2省で家禽での集団発生は報告されていない。 ( 鳥インフルエンザ:中国における状況-2.)

先日亡くなった成都の女性ですが、今のところ感染経路は不明で、感染した鳥に接触した情報はないということです。鳥から感染したのではないとすると、人から人への感染が生じた可能性もありえますので、かなり気持ちは悪いですね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茨城、東京、富山で注意報

>茨城県は二十五日、県全域にインフルエンザ注意報を発令した。大流行した昨年より二週間早い発令で、水戸保健所を除き、県内十一保健所管内でも各地域ごとに注意報を発令した。  

>注意報は、県が指定した百十八医療機関の一週間のインフルエンザ患者が平均十人を超えた場合に発令する。県全体の平均値は一八・一で、もっとも高いのが大宮保健所の二八・五。平均患者が三十人を超えると警報になる。  中日新聞ホームページへようこそ.

茨城のほかに、東京、富山でも注意報が発令されています。今のところ西日本に流行の中心があるようですが、関東地方でも流行がはじまりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本でも耐性ウイルス急増 原因不明

>抗ウイルス薬アマンタジンが効きにくい耐性のA香港型インフルエンザウイルス(H3N2型)が、日本国内で急増の兆しがあることが、鈴木宏新潟大教授(公衆衛生学)の調査で分かった。

>耐性ができるのは薬剤の使いすぎが一因とされるが、日米ともアマンタジンは治療の主流ではなく拡大の原因は不明。国立感染症研究所(東京)も調査を検討している。  

>鈴木教授らが昨年9~12月に長崎県の患者8人から分離されたH3N2型ウイルスを調べたところ、すべてアマンタジン耐性だった。数は少ないが「通常では考えられない高発生率。他県にも広がっている可能性が高い」と同教授は話す。教授らは、アマンタジン使用が少ないベトナム、ミャンマーでも耐性ウイルスを確認したという。 (U.S. FrontLine.)

最近タミフルが品薄なので、A型インフルエンザの治療にはアマンタジンを使うように指導している、なんて記事がまえにありましたが、アマンタジン耐性のウイルスが増えているのではそういうわけにもいきませんね。タミフルに頼らざるをえないようで困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

9割以上が温暖化に関心

>京都市は26日、地球温暖化対策についての市民アンケートをまとめた(昨年10、11月に実施。3000人に質問紙を郵送し、53・9%が回答)。

>アンケートによると、二酸化炭素の増加に伴う気温の上昇について知る人は97・8%。温暖化を身近に感じる場面としては、約7割の人が「各地での集中豪雨」や「夏の猛暑」を挙げた。  

>身近な温暖化対策としては「詰め替え商品を選ぶ」という人が64・5%と最も多く、特に主婦は78%が支持した。半面、「包装の少ない商品を選ぶ」は25・3%、「レジ袋をもらわない」は31%で、手間が増えると敬遠する傾向が見られた。

>家庭では、「冷暖房を控えめにする」が74・6%とトップ。次いで「水を出しっぱなしにしない」「照明やテレビをこまめに消す」が続いた。「太陽光発電の使用」は4・6%、「環境家計簿をつける」は1%だった。  

>市は「詰め替え商品などのように、手軽で経済的メリットを感じることができる場合は、市民も環境にやさしい行動を起こしやすいのでは」と分析している。  

>将来の検討課題としては、エネルギー使用量を減らすための「自動販売機の設置制限」が57・1%とトップで、以下「コンビニエンスストアの営業時間短縮」「レジ袋の廃止」が続いた。 京都新聞 電子版.

郵送調査はがんばっても30%ぐらいの回収率なのですが、53・9%というのは信じがたいほど高い数字ですね。京都市はどんな方法をつかったのでしょうか?

一般に防災などの危機対処行動は、
    「危機感」
    「具体的方法の提示」
    「コスト感の削減」
の3つがそろわないと実行されないといわれますが、この調査結果もおおむねそのとおりのようです。温暖化に対する危機感はかなりもたれていて、いろいろ方法も提示されていますが、コスト感の高い行動は有効なのにほとんど実行されていません。

例えば上であがっている中では、屋根に太陽光発電設備をのっければ家庭のCO2を10%ぐらい削減できますし、環境家計簿をつけても6~7%ぐらいの削減ができて効果が高いのですが、お金がかかるのと面倒なのとで「効果のある行動ほど採られない」という法則が貫徹してしまっています。

ちなみに「詰め替え商品」や「レジ袋」は容器包装ゴミの削減には貢献しますが、温暖化対策としてはあまり効果がありません。電気(1kwhで0.34kgのCO2排出)、灯油(1リットルで2.5kg排出)、ガソリン(1リットルで2.4kg排出)の使用を減らした方が効果的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

携帯電話向けフルブラウザ

>ノルウェーのOpera Softwareは24日、携帯電話向け無料フルブラウザ「Opera Mini」を9カ国語で提供すると発表した。現時点でこの中に日本語は含まれていない。

>Opera MiniはOperaのサイトから無料でダウンロードできるJavaアプリで、閲覧するWebページを最大80%圧縮し、スモールスクリーンレンダリング技術で表示しやすいフォーマットに変換する。これによりパケット量を大幅に減らし、利用料金を抑制できるとしている。  

>発表によると、Opera Miniには英語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、ポーランド語、ノルウェー語、スウェーデン語、デンマーク語、フィンランド語の各バージョンを用意。さらに、他の言語への対応を発表する予定だという。 同社が公式にサポートしている携帯電話一覧リストに日本国内の携帯電話は含まれていないようだ。 携帯電話向けフルブラウザ「Opera Mini」、ページ容量圧縮機能など搭載.

フルブラウザはパケット定額の対象外ですので、パケット代が圧縮できるソフトはありがたい所です。日本語には今のところ対応してないようで、日本語の市場は小さいとみられているのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話に着信すると報奨金

>携帯電話会社の英スリー社は24日、電話を受けるたびにキャッシュバックが支払われるサービスを開始すると発表した。かける側は通常料金を支払うが、着信側は1分につき5ペンス(約10円)を受け取れる。同社は第3世代専門の会社で、2Gユーザーを3Gに導くのが狙いだ。

>稼いだ分は、自分が発信した分の支払いや、音楽や動画の代金にあてることができる。同社としては、結果的に音楽などの利用が増えれば、収入増を狙えるという計算だ。簡易メールの着信も、1件につき2ペンス(約4円)を受け取れる。  

>同社は欧州でいち早く3Gを開始したが、ユーザー獲得は苦戦。奇抜な策で巻き返しを図りたい考えとみられる。これとは別に、動画を投稿すれば誰かが閲覧するたびに報酬を得られるサービスも手がけている。 ( 携帯電話に着信すると報奨金.)

迷惑メールが来てもお金を取られた時代が日本ではありましたが、イギリスでは電話がかかってくるとお金をもらえるサービスが始まるようです。イタ電や勧誘電話がかかってきてもお金がもらえるので、相手をする人が増えて勧誘に引っかかる人が増えそうな気もします。

一方、友人同士で掛けるときは交互に掛け合う約束にしておけば、通話料が割引になったのと同じ結果になるので、要するに通話料割引サービスの変形ということができるでしょう。単に「通話割引」というより「かかってくるとキャッシュバック!」の方がインパクトがあるということのようです。

この方法で2Gから3Gに顧客を誘導するのが狙いということですが、3Gというのはヨーロッパでもそんなに苦戦しているのですね。日本でもFOMAが最初はさっぱりで、ファイナルファンタジーを乗っけてから軌道に乗りましたが、何かしらおまけがないと普及しないシステムなのかもしれません。3Gのニーズというのは案外少ないもののようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「携帯電話」を欲しがる女性が増加

>「ORICON STYLE」では、『オールジャンル欲しいモノ・ランキング(女性編)』のインターネット調査結果を発表した。  

>この冬、「携帯電話」のCMには、各社とも人気タレントを起用し、華やかなCM合戦を繰り広げている。 NTTドコモが加藤あい、ドコモダケに加えて、KAT-TUNの赤西仁、亀梨和也。auでは仲間由紀恵、妻夫木聡のレギュラー以外に、次長課長の河本準一や、南海キャンディーズといったお笑い芸人も登場。ボーダフォンでは、V6の岡田准一、伊東美咲が高らかに機能をアピール。  

>結果、「携帯電話」へのニーズが、専・大学生層が前回調査8位から4位へ、20代社会人では9位から2位とそれぞれ急伸。一方他の世代ではダウンか横ばい傾向で、ハイティーンから20代がもっとも敏感に携帯電話のCMに反応したようだ。 (2005年12月22日~26日、高校生、専・大学生、20代社会人、30代、40代の女性各200人、計1000人にインターネット調査したもの) (「携帯電話」へのニーズが高まる理由!-ORICON STYLE ニュース.)

ちなみに欲しいもののトップは女性の全年齢層で洋服です。二位以下は

  高校生   大学生   20代   30代   40代 
  
2 携帯プレ  携帯プレ  携帯   HD付  HD付
  ーヤー   ーヤー    電話   DVD   DVD

3 CD     かばん    靴     靴    靴
   
4 携帯    デジカメ   携帯プレ 大型  化粧品
  電話            ーヤー  液晶TV

5 コミック   携帯     HD付  化粧品 大型
          電話      DVD        液晶TV

となっていて、20代以下では携帯電話や携帯音楽プレーヤー、30代以上ではHD付DVDレコーダーや大型液晶テレビが人気となっています。ライフスタイルというか、収入というか、居住形態というか、そういった要因が効いていることが如実に伺われます。20代以下はさほど多くない収入を携帯機器に投入したいと思っているわけですが、そういうライフスタイルだというのがあるのに加えて、タレントを多用したCMによって操作されている側面もあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島、長野、福井でインフルエンザ警報、岐阜で注意報

>徳島県は25日、徳島、阿南、池田の3保健所管内にインフルエンザ警報を発令した。今冬の警報は初めて。県は18日に6保健所管内すべてに注意報を出しており、他の3管内でも警報が出される状況に近付いている。  

>県によると、16日から22日までの間、調査地点の38医療機関で受診した患者は計1296人。1機関当たりの感染報告は池田72・67件、阿南36件、徳島32・52件と、警報基準(30件)を上回った。他の管内も鴨島28・60件、穴吹23件、日和佐19・50件と増えている。県内で検出されているウイルスはA香港型。このほか、全国的にはAソ連型も今冬の流行型となっている。(徳島でインフルエンザ警報

>長野県保健予防課は25日、北信保健所管内にインフルエンザ警報、諏訪、伊那など9保健所管内に同注意報を発令した。  

>今年第3週(16─22日)の県感染症情報に基づき、北信は定点当たり患者数が42.25人で、警報基準値の30人を超えたため発令した。諏訪(14.38人)や伊那(19.88人)は注意報基準値の10人を超えたため。 11月上旬から徐々に患者数が増加傾向を示し、全県第3週で急激に増加。定点当たり患者数は18.93人に達した。 (長野県でインフルエンザ警報、注意報

>福井県は二十四日、県内にインフルエンザ警報を発令した。  十六日から二十二日までの一週間で、県指定の三十二医療機関からあったインフルエンザ患者報告数が、一機関当たり三五・四一となり、国立感染症研究所の基準を超えたため。  

>十五日までの一週間と比べ、報告数は約二・六倍と急増。二十四日に県に入った連絡によると、兵庫小学校と春江中学校で集団風邪が発生。兵庫小は四年生(一クラス)を学年閉鎖に、春江中は一年生一クラスを学級閉鎖することを決めた。同課によると、県内の中学校で学級閉鎖などの措置がとられるのは今シーズン初という。 (福井でインフルエンザ警報

>岐阜県は二十四日、県内全域にインフルエンザ注意報を出した。全県に注意報が出るのは、昨シーズンに比べ二週間ほど早まっている。

>今年第三週(今月十六-二十二日)の患者数は前週の二・三倍の千五百十三人となり、定点当たりの患者数が八保健所すべてで注意報の基準に達した。多いのは中濃、西濃、飛騨、岐阜市の各保健所管内など。

>また県内の小中学校などでは集団風邪の発生も続き、二十五日から新たに五校で学年閉鎖、七校で学級閉鎖になる。(岐阜で注意報

>平塚市立松が丘小学校2年1組では1月16日、41人中20人が風邪に罹患し、13人が欠席した。また、同校の6年1組も半数以上が風邪にかかり、12人が欠席したため、両学級は学級閉鎖となった。さらに同日、市立浜岳中学校1年4組でも7人の風邪による欠席者があり、学級閉鎖が決まった。

>平塚市内で学級閉鎖となるのはこの冬初めてで、昨年より1週間程早いという。  これ以降、市内各地の学校で学級閉鎖が相次ぎ、23日現在まで、小学校計5校12クラス、中学校計2校2クラスに上っている。現段階で、この数字が例年に比べ特別に多いかどうかの判断はできないという。 インフルエンザ流行ピーク─タウンニュース.

1月の第3週に入って各地でインフルエンザの患者数が急増して、徳島、長野、福井で警報、岐阜全域に注意報が出され、神奈川県の平塚でも学級閉鎖が実施されました。西日本から中部地方にかけて急増しているようです。これから、関東地方にも侵入してくると思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザウイルス増殖の新たな仕組み

>東京大学医科学研究所の河岡義裕教授と野田岳志特任助手らは、インフルエンザのウイルスが増殖する新たな仕組みを解明した。

>A型のインフルエンザウイルスが、人や動物の細胞内で増える際、八本の遺伝子が規則正しく並ぶことを突き止めた。医薬品で配列を壊せば、ウイルスの増殖を防げる可能性がある。 NIKKEI NET:社会 ニュース.

現在、ウイルスが他の細胞に侵入する作用を阻害するノイラミニダーゼ阻害剤(いわゆるタミフル)が特効薬になっていますが、ウイルスの増殖自体を阻止できるようになる可能性があるようですね。ウイルス表面の抗原に依存しないので、多少ウイルスが変異しても効いてくれる可能性も期待できます。早くできますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国で7人目の死者

>中国衛生省は25日、成都市で鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染した女性(29)が死亡したことを明らかにした。同省は23日に感染の事実を公表、女性の容体は悪化していると説明していた。死亡日時は明らかにしていない。中国での鳥インフルエンザによる死者は7人目。  

>家禽(かきん)への感染は計13の省と自治区に広がっており、感染拡大に対する懸念が強まっている。衛生当局は感染拡大阻止に向け、死亡した女性の感染経路の調査と、生前に接触した人に対する検査を急ぐ。  (中国新聞・国際.)

昨日報道があった女性が亡くなったそうです。残念です。

現在、家禽への感染が広がり人への感染が相次いでいる状況で、大流行の1歩半ぐらい手前の感じですね。人から人への感染するH5N1型が発生すると大流行まであと半歩となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

『手術とからだ』

辻秀男著 中公新書 1996

手術によって体に起こる侵襲反応について解説。

全身麻酔をすると患者は痛みを感じなくなるが、痛みの刺激自体は脳の視床下部に到達し、ノルアドレナリンなどの分泌を引き起こす。このホルモンは痛み刺激からの逃走や痛みの原因と闘うための戦闘準備を整える機能を持つが、手術中にそのような反応が起きると心臓や肺に無用の負担を与え、蛋白質を破壊して逃走用のエネルギー源にするなどの悪影響が大きい。この負担が合併症などの原因となることもある。

そのため、痛み刺激が視床下部に到達しないような麻酔の仕方が手術後の回復や合併症を避けるために望ましい。


大略以上のような内容でした。ジャスト10年前(1996年1月25日発行)の本なので今はもっと色々分かっているのでしょうが基本的な事が分かって面白かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップで伸びる携帯電話サービスは?

>英調査会社のVisiongainはFIFAワールドカップが、世界の携帯電話サービスに及ぼす影響などを調査した最新レポートの発表を行った。

>試合の模様を携帯電話向けにストリーミング配信したり、モバイル放送で放映したりするサービスの普及に、各関連企業が期待。ワールドカップ開催にあわせて、各国で3Gの利用促進が新たに行われるという。

>しかしながら、ワールドカップ期間中に最も大きな売上高を記録すると予測されたのは、各種情報をテキストベースで提供するサービス。ワールドカップ関連の着信メロディや壁紙ダウンロードサービスなども、高い収益を期待できるという。また、こうしたサービスには劣るものの、優勝チームなどを予想するギャンブルサイト、サッカーゲームサイトといった分野でも、大幅な売上増を狙えるとしている。

>Adam Walkden氏は「今年のワールドカップにおいて、通信業界は非常に大きな売上増を望める状況にある。しかしながら、ワールドカップ人気にあやかり、従来からある携帯電話向けサービスを無視して、3Gばかり推進しようとするならば、成功することはできないだろう。ワールドカップ期間に最大の収益をもたらす携帯電話サービスは、これまで長く利用されてきたテキストベースのサービスや、着信メロディ・壁紙ダウンロードサービスとなる可能性が高い」とコメントした。

ワールドカップで伸びる携帯電話サービスは? 63億ドル超の経済効果を予測 (MYCOM PC WEB).

ワールドカップ関連のサービスが携帯企業の6500億円を越す利益をもたらすだろうという予測です。3Gの普及が進みつつありますが、今回のW杯については3Gサービスよりも、テキストによる試合経過紹介や着メロ、壁紙ダウンロードといった2G型のサービスの方が利用者が多い見込みのようですね。3G、2Gの両面作戦の手際が問われますが、日本のキャリアの対応はどうでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

専門家、気候温暖化の被害ますます大きくなると警告

>100人余りの環境専門家をはじめ400人余りが出席して23日ジュネーブで地球温暖化シンポジウムが開催されました。WMO・世界気象機関のミシェル・ジャロー事務局長は開幕式で、「去年全世界の炭酸ガス排出量は33%増加し、史上最高に達した」と指摘しました。

>また、ドイツの大学教授は、「2050年になると、淡水資源の不足が多くの国に影響を及ぼすと同時に、食糧生産の減少、大量の生物種の絶滅をもたらし、人類の健康問題もますます深刻になってくる」と述べました。 (China radio international.)

1年で33%増だとすると10年で3倍とかいうべらぼう数字になりますが、多分そうではなくて(これも多分)1990年に比べてということでしょう。そういう部分をはしょって「33%増」なんていっちゃいけません。

90年比で33%増だとすると、アメリカや中国が大きく増えてますのでありそうな数字ですが、50年ほどで2倍になる勘定でやはり大きな数字です。しばらく前は「2100年までの被害予想」とかが出されてましたが、最近は「2050年頃の被害予想」の方がよく見かけるようになりました。以前の予想よりもだいぶ早く被害が顕在化してくる可能性があるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥インフルエンザ、四川省で新たに1人感染

>衛生部は23日、四川省成都市でH5N1型の高病原性鳥インフルエンザの患者1人が確認されたことを明らかにした。 患者は、同市金花鎮の農産物市場で雑貨店を営む29歳の女性。今月12日に発病し、発熱や肺炎のような症状が現れた。現在は成都市伝染病医院で懸命の治療を受けているが、危篤状態という。

> 患者からサンプルを採取して検査を行った結果、17日にH5N1型鳥インフルエンザウイルスの核酸が検出された。再検査でも陽性が確認され、22日にはH5N1型鳥インフルエンザのウイルスが分離された。 衛生部の専門家は、世界保健機関の定義や中国の診断基準に基づき、患者を高病原性鳥インフルエンザと診断した。 チャイナネット - china.org.cn.

中国では10例目の鳥インフルエンザ患者です。農産物市場の雑貨店員ということですから、感染した鶏が市場に出回っていたのでしょうか。回復されるといいのですけれど。

今回はH5N1型という最初の診断から6日、ウイルスが分離されて診断が確定した翌日に患者発生が発表されてますので、中国政府の対応はかなりすばやくなってきているとはいえるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

インフルエンザ倍増 諏訪地方

>県諏訪保健所は23日、管内で16日から22日の1週間に、定点医療機関(8カ所)からインフルエンザの感染報告が115件あったと発表した。前週(54件)から倍増している。 

>県衛生部は同日、安曇野市内の2小学校、中野市内の小学校でインフルエンザとみられる集団風邪が発生した、と発表した。発熱やのどの痛みを訴えるなどして12―20人が欠席。各校は25日まで学級閉鎖や学年閉鎖の措置を取った。 長野日報 (Nagano Nippo Web) - ニュース - ノロウイルス注意を インフルエンザも倍増.

西日本での流行のニュースが続いていましたが、長野県諏訪地域でも学年閉鎖などを要するの流行になっているようです。諏訪はこないだ行きましたが、電車が妙に混んでいたりしてそのせいもあるのかなと思ったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウィルコム『WX310J』価格調査

>ウィルコムのPHS端末『WX310J』が18日に発売された。 指紋認証センサーを搭載するのが特徴。ウェブブラウザーの『NetFront Ver.3.3』を搭載するほか、Excel/Word等のファイルの閲覧が可能。またOutlookとのデータ連携が可能なほか、内線電話としても利用可能な“オフィスモード”機能など、ビジネスユースを前面に出した仕様となっている。

>価格は以下の通りで、現在のところ全国的に横並びとなっている。ウィルコムの直販サイト“ウィルコムストア”の価格とも同一だ。  

  東京・新宿A店
  新規            19,800
  機種変更 (6ヵ月以上)  34,800
  機種変更 (10ヵ月以上)  24,800   携帯電話価格調査(2006.1.23).

ウィルコムのスマートフォンタイプのビジネスPHSです。エクセルやワードが使えて新規19800円というのはお買い得な気がしますね。単に携帯エクセルとして使ってもよさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロシアの携帯電話普及率86%に

>2005年末時点で、ロシアの携帯電話普及率は先進国並みの86.6%となり、2004年末時の35.4%から倍以上の伸びを見せた。

>最新の調査によると、ロシア全体の有効SIMカード数は1億2,576万。2005年11月時の1億1,954万から622万増えた。また、2004年12月は5,140万だったことから、1年間で倍以上増えたことになる。

> 多くはモスクワとサンクトペテルブルグの都市部に集中しており、モスクワが2,284万(2005年11月は2,230万)、サンクトペテルブルグは750万人(同727万)。 普及率は86.6%となり、前月の82.3%から4.3ポイント増となった。なお、2004年12月末時の普及率は35.4%だったことから、この1年の間に急増したことがわかる。(2002年時のロシアの人口は、約1億4,500万人。モスクワは1,700万人、サンクトペテルブルグは630万人となっている)。

>また、2005年12月末時の両都市の人口100人当たりのSIMカード数は、モスクワが135、サンクトペテルブルグが118となるなど、都市部には1人で複数の契約をするユーザーもいるようだ。このように、両都市の普及率が100%以上であるのに対し、両都市を除いた地域の普及率は78.3%となっている。

>ロシアの携帯電話方式はGSM方式が主流で、Mobile TeleSystems(MTS)、Vimpelcom、MegaFonなどの携帯電話事業者が存在し、契約数でみると、最大手はMTSで契約数約6,033万人、次いでVimpelcomの約4,541万人となっている。トップのMTSは、NTTドコモの「iモード」を同国で提供している携帯電話事業者でもある。

>このように、ここ数年間急速に拡大してきたロシアの携帯電話市場だが、普及率が8割と成熟レベルに達したことから、2005年を機に今後は落ち着きを見せると予想している。 なお、ロシアの南西部と国境を接するウクライナは2005年、ほぼ前年比倍増の伸びで、加入者(有効SIMカード数)が3,040万、普及率63.8%となった。 ( 加入者急増するロシアの携帯電話市場、普及率は86%に (MYCOM PC WEB).)

ロシアの携帯電話ですが、04年の35%から05年末の86%まですさまじい勢いで増加したようです。特にモスクワは135%、サンクトペテルブルグは118%と100%を越す普及率(一人で何台かもつ状況)となっています。街中はともかく、それ以外の地域でも78%というのはすごいですね。日本でも東北や吸収では60%に達しない県が沢山あるのですが、広いロシアで80%近い数字はちょっとびっくりしました。

ロシアでも2大キャリアが激しく競争しているようで、その辺が牽引力になっているのでしょう。ちなみにドコモとauほどの差はついていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうなる?感染鶏260万羽

>鳥インフルエンザの感染歴を示す抗体が見つかったものの、殺処分を見送り、県が監視してきた密閉型鶏舎の鶏約260万羽の処分方法をめぐって県が頭を悩ませている。

>鶏の処理方法として挙がっているのは、食肉処理、化製処理(鶏から脂を抜き、残りは飼料にする処理)、廃棄物として焼却の三つ。

>県内の食肉処理業者は四社あるが、実際に処理できる可能性があるのは二カ所だけ。感染歴がある鶏の買い手がいるかも微妙だ。  

>化製処理はコストは低いが、県内に業者がほとんどないことが難点。県外の業者に運び込もうとしても、「他県が鶏の通過に難色を示している。鳥インフルエンザは茨城に封じ込めておけば問題ないという感覚がある」(県担当者)と他県の理解が得られないという。  

>焼却はコストが掛かるという。県幹部は「過去の経費から試算すると焼却には一羽千円以上掛かる。コスト面だけならば化製処理は焼却の半額以下で最も効率的だが、移動手段が…」と頭を悩ませている。 中日新聞ホームページへようこそ.

インフルエンザに感染した鶏の処分方法は食肉にする、化製処理する、焼却するの3つあるようです。感染した鶏を食べるのは勇気が要りますが、焼くと一羽千円かかるそうで燃料代などがかかるのでしょうが、随分かかるのですね。化製処理というのは初めて聞きましたが、「家畜などの肉、皮、骨、臓器などを原料として皮革、油脂、にかわ、肥料、飼料その他のものを製造すること」だそうで、製品が売れるので単に焼くよりも安くあがるようです。にかわとかにするのなら安全でしょうが、飼料とかにして大丈夫なのかな、という気はしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフルエンザ・Aソ連型検出

>県衛生科学センターなどが実施したインフルエンザ感染源調査で、今シーズン初めてAソ連型ウィルスが検出されました。今シーズンに入って、Aソ連型のウィルスが検出されたのは今回が初めて。なお県内では、去年12月16日にA香港型ウィルスが検出されています。 -BBCびわ湖放送-

Aソ連型(H1N1)は最近あんまり流行してないのですが、今年は滋賀県で見つかったようです。A香港型(H3N2)の方が先行してますが、Aソ連型も流行する可能性があるとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Motorola社、携帯電話機の販売台数過去最高に

>米Motorola, Inc.は、2005年第4四半期(2005年10月~12月)の決算報告の中で、携帯電話機の販売台数が過去最高の4470万台に達したと発表した。前年同期からは約4割の増加となり、市場シェアも3.1ポイント拡大して19.0%となった。

>携帯電話機の好調について同社は、動画再生や音楽再生機能を備えた端末の需要が旺盛だったと説明する。同社は第4四半期に市場シェアを欧州で5ポイント以上、アジア地域(韓国、台湾、中国、日本、香港)で4ポイント以上、拡大し、それぞれ市場シェア第2位につけた。

>中東やアフリカ、インド、東南アジアなどの新興市場においても4ポイント以上、拡大した。一方で北米市場、南米市場での市場シェア首位を堅持している。 (Motorola社、携帯電話機の販売台数、売上高が過去最高に - nikkeibp.jp - 注目のニュース.)

モトローラーが好調です。アメリカで首位を維持しつつ、他の市場でもシェアを伸ばしてノキアとの差を詰めつつあります。モトローラーのポジションではサムソンに食われないようにノキアを食う必要があって結構難しいのですが、「動画再生や音楽再生機能」に力を入れることでシェア拡大を実現したようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平松庚三氏

堀江社長の後任に名前の上がっている平松庚三氏の経歴をぐぐってみました。

>1973 年ソニー株式会社に入社。ソニー コーポレーション オブ アメリカ、に在籍。

>1986 年アメリカン・エキスプレス・インターナショナル ジャパンに、パブリッシング・ディレクターとして招聘され、旅行・企業カード業務担当副社長に。

>株式会社 IDG コミュニケーションズ ジャパン 代表取締役社長、AOL ジャパン株式会社 代表取締役社長、米国 AOL 本社 副社長を歴任。

>2000 年インテュイット株式会社の代表取締役社長兼 CEO、米国インテュイット社の副社長に就任
>米国インテュイットから MBO により独立、弥生株式会社に社名変更、代表取締役社長に就任。

だそうです。73年にソニー入社でこの時22歳とすると55歳くらいの方で、30代中心のライブドア現経営陣より年配ですが、一般企業の経営者としては若い部類に入りそうです。

今後はこうした子会社の経営陣がライブドア本体の経営を掌握していく事になるのでしょう。信長なきあとの相続合戦みたいなこともあるかもしれませんが、そのあとは普通の企業になっていきそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

堀江容疑者逮捕

思ったより早かったですね。赤字企業を黒字と見せて金を集めるのは詐欺みたいなものですが、はっきり違法だとする法律がないうちは合法というのがライブドアの戦略なので、そのへん抜かりはないのではと思ってました。

ライブドア側が瀬戸際戦略を過信してやりすぎたのか、検察側の勇み足なのかにわかには分かりませんが、電子メールを押収して分析してるようですから、そこまでやれば違法性の立証はできそうな気がします。そこまで踏み込まれるという点が想定の範囲外だったのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国は独自の3G方式

>中国産業部は20日、中国が開発した3G携帯電話のTD-SCDAM方式が、正式に中国の携帯電話通信の標準基準となることが発表された。今後、この基準に基づき、各企業はTD-SCDAM方式の携帯電話関連設備の製造が行われることになる。 

>TD-SCDAM方式は、1997年に中国信息産業部が中国国内の主要通信製造企業に対して、研究を推し進めていたもので、中国独自の3G方式として、注目を集めていた。 その後、1998年6月に国際的にも国際電気通信連合(ITU)にこの方式を提案し、2000年5月に正式に3G方式携帯電話の三大国際基準の一つとして認められた エクスプロア広州:What's New in 広州.

中国は、3GとしてドコモのW-CDMAでもauのCDMA2000でもないTD-SCDAM方式という中国産の方式を基準とすることを決定しました。中国が開発した方式ですから、それもいいかなと思いますが、中国で3G携帯を売るメーカーはこの方式でつくらないといけないことになりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の携帯電話生産で存在感増すノキアとサムスン

>中国の携帯電話市場では、中国メーカーが海外メーカーに押されるという構図ができあがって久しい。情報産業部の統計では、2005年上半期の携帯電話販売台数は6281万台だが、中国メーカーが占める割合は半分以下の46%に過ぎなかった。

>中国メーカーがそんな苦境にあえぐ中、ノキアやサムスンを筆頭とする海外メーカーに中国事業強化の動きが目立っている。中国での累計生産台数が2億台の大台を突破したノキアは05年末、広東省・東莞(とうがん)市の工場の生産能力を2倍に引き上げることを発表。新ラインの稼動に伴って職員数も倍増させるというビッグプロジェクトの投資額は1400万ドル。   

>それに続いて韓国のサムスン電子も、天津工場の生産能力を大幅に拡大すると発表。天津三星通信技術有限公司が申請していた、生産能力を年間1770万台分増強する1.68億ドルの投資プロジェクトが、認可を取得したという。 サムスンの現在の生産能力は年間2400万台。したがってプロジェクトが完成すれば年産4170万台体制となり、販売収入は46億ドルに達する可能性もある。 携帯電話生産で存在感増すノキアとサムスン 2006/01/17(火) 18:30:50 [中国情報局].

ノキアとサムスンが中国での現地生産を強化する模様です。市場に近接していて何かと有利なのでしょう。一方、日本のメーカーは中国市場に進出する計画をほとんどもってないようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話で使う機能は?

>2005年12月12日~23日にアンケートを実施し、7905人から回答を得た。それによると、日常的に携帯電話で使用するサービスや機能として、8割以上が「アラーム」、「カメラ(静止画)」、「着信メロディ」を挙げたという。 男性に比べて女性の利用が高かったのは、「カメラ(静止画)」(女性88.3%、男性74.6%)、「計算機能」(女性85.8%、男性69.6%)、「赤外線通信」(女性51.0%、男性37.6%)など。

>一方、男性の方がよく利用していたのは「ゲーム以外のiアプリ」(男性44.6%、女性39.1%)と「おサイフケータイ」(男性13.8%、女性6.0%)だった。 年代別にみると、男女とも若年層ほど「赤外線通信」、「バーコードリーダー(QRコード)」、「リモコン機能」、「音楽再生機能、「着うた/着モーション」、「ゲーム」、「ゲーム以外のiアプリ」、「デコメール」の利用が高かった。

>携帯電話に付いていたら良いと思う機能やサービスは、1位が「テレビ」、2位が「GPSナビ」、3位が「電車やバスなどの定期券・乗車券」だった。ほかには、普段携帯する「鍵」や「保険証・免許証等の身分証明書代わり」、緊急時のための「防犯ブザー」といった機能への要望が多かった。 携帯電話に欲しい機能/サービスは「テレビ」や「GPSナビ」 - nikkeibp.jp - IT.

「アラーム」、「カメラ」、「着信メロディ」というのは順当なところでしょう。ほしい機能は「テレビ」、「GPS」、「乗車券」となっていて、auやドコモが力を入れている機能が並んでいます。この辺の要望を容れて製品を作っているのか、実物があるのでほしくなっているのか、因果関係はどちらもありそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

グリーンランドの氷河、温暖化で急速に後退

>米航空宇宙局は20日、グリーンランド東部の最大級の氷河・ヘルヘイム氷河が年々後退していく様子を地球観測衛星テラの高解像度センサーで撮影した画像を公表した。  

>テラは2年おきに同じ場所の観測を続けており、昨年6月に撮影された氷河の先端は、2001年5月に撮影された先端の位置より約7・5キロも後退している。1970年代から01年まで先端の位置はほとんど変わらなかった。  

>今世紀に入ってから温暖化が進んで、氷河の後退が急激に加速していることを示しているという。 先端の後退だけでなく、氷河の厚みも減少しており、01年から03年までの2年間で約40メートルも薄くなった。 グリーンランドの氷河、温暖化で急速に後退 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

とりあえず、北極地方の気温上昇が著しいようで、20年~30年くらいでだいぶ気候が変わるだろうと予測されていますね。北極が温暖化すると北半球のいろいろな所にも影響が出そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鳥インフルエンザで姉弟死亡・インドネシア

>インドネシア保健省は21日、西ジャワ州インドラマユの少女(13)とその弟(4)が鳥インフルエンザに感染して死亡したことがWHOの検査で最終確認され、鳥インフルエンザによる同国の死者が計14人になったと発表した。  

>自宅で飼っていた鶏が1月初めに多数死んだ後、姉が14日、弟が17日に相次いで入院先の病院で死亡。父親らも似た症状で入院しており、一家で感染した疑いが強い。 同国のこれまでの感染死は、首都ジャカルタとその郊外に集中していたが、今回のケースで地域が拡大した。リンク: NIKKEI NET:国際 ニュース.

鶏から人への感染のようですが、鳥における感染はなかなか収まりそうにないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫、インフルエンザ警戒

>中・西播磨でインフルエンザが本格的に流行し始めた。姫路市や神崎、飾磨郡では国が定める「警報」レベルを突破。学級・学年閉鎖が相次いでいる。  

>今年第二週(一月九―十五日)の一医療機関あたりの患者数は、姫路市保健所=三六・八二人▽福崎健康福祉事務所(神崎、飾磨郡)=三二・三三人。今冬初めて「警報」レベル(一医療機関あたり三十人以上)を超えた。  

>大半の地域で患者数が大幅に増加。関係者は「今後しばらくは増加傾向が続きそう」としている。  県によると、学級・学年閉鎖は今月十六日、姫路、赤穂市で出て以降、二十日現在、四市十八校園に上っている。 神戸新聞ニュース:西播/2006.01.20/インフルエンザ警戒を 中・西播磨で流行本格化.

兵庫でも流行が本格化してきたようです。このところ、西日本での流行のニュースが多いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週の検索ワード(1月3週)

  

 順位検索ワード件数
 1 グラスホッパー物語 112
 2 おじいさんのグラスホッパー 62
 3 視聴 43
 4 試聴 39
 5 804SH 30
 6 キャリーオーバー効果 21
 7 みんなのうた 20
 8 インフルエンザ 16
 9 グラスホッパー 16
 10 着メロ 15
 11 センター試験 15
 12 価格 14
 13 携帯電話 14 
 14 解答 14
 15 Vodafone 12
 16 のっぽさん 12
 17 携帯 11
 18 機種変更 10
 19 下流社会 9
 20 サムソン 9

というわけで、先週の検索ワードです。グラスホッパーですが、1月1週30件、1月2週65件に対し、今週が112件と放送終了を控えて逆に増えてきています。凄いですね。本放送は今月いっぱいで終了しますが、2~3月に再放送することがすでに決まっていますので、もうしばらく聞く事ができます。ちなみにDVDも発売になっているようです。

あと先々週に引き続きキャリーオーバー効果をしらべに来ている人が結構います。何があるのでしょう。センター試験で検索した人も先週は多かったでしょうね。お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1万件突破!

昨日このブログの累計アクセス数が1万件を突破しました。

本当に沢山の方にご愛読いただき、ありがたく思います。
今後も21世紀の出来事を色々記録していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

30年前のテープ救出作戦(76年のうた)

うちに昔のみんなのうたを録音したテープが沢山あるのですが、いつまでもテープのままでは傷んでしまう(というかすでにかなり傷んでいる)ので電子化してノイズとか取ってMP3化する実験をしてました。

今日は一番古い1976年のテープを電子化してMP3プレーヤーに入れてみました。サーっというホワイトノイズは取れてだいぶ聞きやすくなりました。元々がモノラルなのとポツポツという雑音が残ってるのが残念ですが、ちょうど30年前の曲たちなんですよね。

 【復元曲】
 風の子守歌         くいしんぼうのカレンダー
 赤い花白い花        モッキンバードヒル
 冬の日の子守歌      勇気一つを友にして
 瞳を閉じて           遠い風紋
 ゴクロウサン         南の島のハメハメハ大王
 ドラキュラのうた       ボクたち大阪の子供やで
 山口さんちのツトム君    ユミちゃんの引越し
 雨が空から降れば      へのへのもへじ
 白い道             算数チャチャチャ
 オナカの大きな王子様

「モッキンバードヒル」とか「遠い風紋」とか「瞳を閉じて」とかがお気にいりです。「冬の日の子守唄」とかも暗い中、夕刊を配りながら聞いてたので非常に懐かしいですね。「くいしんぼうのカレンダー」とかはDVDになってて嬉しかったのですが、あとの曲たちはどんな映像だったのか・・。アーカイブにもなさそうだし、いつか見ることができる機会があればいいのですが。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

無事終わり

センター試験は長丁場ですが特にトラブルもなく終わりました。今日は1科目1時間の試験時間でヒアリングも雪もなかったので助かりました。タイムキーパーは少し面白かったですし。

ともあれ受験生の皆さん、お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

英語リスニング、故障・操作ミスで425人が再テスト

>大学入試センター試験は、今年から新たに英語のリスニング(聞き取り)テストが導入されたが、ICプレーヤーの故障や操作ミスなどトラブルが相次ぎ、同センターの午後10時のまとめによると、全国で約425人が再テストの対象者になった。  

>トラブルがあったのは、東京大や東北大、北海道大、京都大など。再テストの対象者は本試験の終了後に再テストを受け、音声が聞こえなくなったところから改めて解答する。  トラブルの主な原因は、▽音声が全く聞こえない▽音声が途切れる▽機器を落として壊れた▽途中から音声が聞こえなくなった――など。(読売新聞

再試験の発生率は0.1%と入試センターでは予想してましたので、ぴったりの再試験発生数ですが・・。再試験になった人は明日の試験もあるのにお気の毒千万です。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話でがんリスクは上昇しない

>携帯電話を使うことで、グリオーマ(最も一般的なタイプの脳腫瘍)のリスクが高まることはない。1月20日に発表された研究論文にはそのように書かれている。  

> 「全体的に見て、携帯電話利用によるグリオーマのリスク上昇はなく、最初の携帯電話利用からの経過時間、利用期間、累積通話時間、通話件数との関連も見られなかった」と英医学会会報の論文で、リーズ大学のパトリシア・マッキニー教授は述べている。  

>彼らはグリオーマ患者966人と健康なボランティア1716人に、携帯電話の利用時間、製造元とモデル、通話の回数、通話時間について聞き取り調査を行った。 ( ITmediaニュース:携帯電話でがんリスクは上昇しない――英研究者.)

グリオーマ患者と健康な人で通話時間などに有意差がなかったという結果のようですから、脳腫瘍(グリオーマ)の発病要因の中では携帯電話は大きな位置を占めているわけではないことがわかります。携帯電話の利用時間ごとにグリオーマの発病確率を調べた研究ではないみたいですので、それらが相関あるのかないのかいずれであるかがわかった訳ではなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3G携帯の利用者数、日本が最多

>米ストラテジー・アナリティクス社は、2005年末時点で第3世代携帯電話サービスの利用者が最も多い国は日本(2820万人)だったと発表した。2位は韓国(1250万人)、3位はイタリア(940万人)で、人口数の違いはあるにせよ利用者の絶対数では日本が圧倒している。  

>NTTドコモなどのW-CDMA方式と、auなどのCDMA2000 1x方式の利用者の合計数で、4位はイギリス(600万人)、5位は米国(450万人)。日本に比べれば英米は出遅れている。  

>世界全体では、W-CDMA方式のユーザーが4900万人に達し、前年末(1600万人)の3倍以上に膨らんだ。CDMA2000 1xも1200万人から2600万人に増え、3Gの普及が進んでいる。2006年はさらに倍増することが予想され、年末にはそれぞれ1億100万人、5300万人に達する見込みという 。( 携帯電話:第3世代の利用者数、日本が最多.)

順位をまとめると
  1位 日本(2820万人)
   2位 韓国(1250万人)
  3位 イタリア(940万人)
  4位 イギリス(600万人)
  5位 米国(450万人)
となります。先行している日本のメーカーが欧米での3G売り込みに有利に見えますが、日本の携帯はお遊びに特化しているので実用性を重視する欧米市場ではノキアやモトローラやサムスンにかなわないようです。日本市場で競争しつつ、欧米市場向けの端末も作らなければならない日本メーカーが不利なのは皮肉な話ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かぜ?インフルエンザ?

>「インフルエンザは早急の対策が肝心ですが、風邪だと思ってすぐに病院に行かなかったために、こじらせて命を落とした人もいるのです」  気になる症状が、風邪か? インフルエンザか? その見分け方を谷本院長に聞いた。

>●“風邪かな”と感じてから、数時間たたずに40度近い高熱が出た 「“数時間もしないうちに”と“40度近い高熱”の2つの点から、インフルエンザが考えられます。インフルエンザの症状の特徴は、一気に高熱が出るということなのです」

>●せきや鼻水に加え関節痛がある 「インフルエンザが考えられます。全身の関節痛や筋肉痛を伴うときは、ほぼ間違いないと考えていいと思います」

>●熱はないが、数日前から鼻水、せき、のどの痛みの症状がある 「おそらく風邪です。インフルエンザなら高熱を伴いますし、せきぜんそくなら鼻水、のどの痛みの症状はありません」  

> ●風邪薬を飲むと症状が軽くなった 「風邪です。インフルエンザもせきぜんそくも、風邪薬では症状を抑えられません」  逆に言うと、風邪薬を飲んでも症状が軽くならなければ、ほかの病気が考えられるということだ。

>●鼻水が数日で黄色いドロッとしたものに変わった 「インフルエンザはまず考えられません。風邪でしょう」  2~3月は花粉症の可能性もあるが、花粉症はどちらかというとサラサラした水っぱななので、やはり風邪の疑いが強い。 ( ゲンダイネット.)

高熱が出て関節が痛む場合はインフルエンザ、熱はないが、鼻水、せき、のどの痛みがあり風邪薬でましになる場合や、鼻水が黄色っぽい場合は風邪ということみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ治療用のタンパク質予測データを公開

>インフルエンザは、インフルエンザウイルスの増殖によって発症し、感染していきます。そのため、ウイルスの増殖を抑えられる薬剤が有効であり、ウイルスの増殖に欠かせないタンパク質「ノイラミニダーゼ」の働きをはばむ薬剤が開発されています。 

>しかし、ウイルスは頻繁にその姿を変化させるので、せっかく開発した薬剤が効かなくなるという可能性があります。今回、理研の横山研究員らは、そうした「変異」タンパク質を含むウイルスが出現しても、効き目のある薬剤を即座に開発できるように、ノイラミニダーゼについて多様な立体構造を予測して、データベースにしました。 

>このデータベースは、1月20日より全世界に公開されます。これまで、変異したタンパク質の構造についての情報はあまりなく、今回のデータベースを利用すれば、鳥インフルエンザなど、ヒトへの感染が心配される新型インフルエンザに変異しても、それに対処できる薬剤が敏速に開発されるようになると期待されます。 ( 新型インフルエンザに対応するためのタンパク質立体構造データベースを全世界に公開.)

ノイラミニダーゼ阻害薬とは要するにタミフルのことなのですが、新型インフルエンザのノイラミニダーゼは今の種類と違うかもしれないため、タミフルが効かない可能性も考えられていました。このニュースは「変異してできるかもしれないノイラミニダーゼ」を予測できるようにコンピューターシミュレーションで可能性のあるたんぱく質の立体構造をいろいろ探ってみたデータベースを公開するというもので、新型インフルエンザに効くタミフルを開発する時間がかなり短縮できるかもしれません。色々な研究がされているのですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青森、沖縄でインフルエンザ注意報

>青森県は二十日、上十三保健所管内にインフルエンザ注意報を出した。県内では十三日に今冬初の注意報を発令した五所川原保健所管内に次いで二番目。  

>九-十五日の一週間で同管内から報告されたインフルエンザ患者数は百八十人と、前週の六十九人から急増し、一医療機関当たりの患者数が二十人と注意報ラインの十人を超えた。県全体では四百九十三人の患者報告があり、前週の二百七十六人から大幅に増えた。 上十三にインフルエンザ注意報

>沖縄県は19日、県内全域に今シーズン初となる「インフルエンザ流行注意報」を発令した。58の定点医療機関からの集計によるもので、ここ10年では2002年―03年の冬に次ぎ2番目に早く、昨シーズンより1カ月余り早い。 

>地域別では南部保健所管内の患者数が多い。今月第2週(9日―15日)の患者数は705人。定点当たりの患者数は12・16人で、流行注意報の発令基準10人を超えている。特に南部保健所管内の患者数は259人で、定点当たり23・55人と、6保健所管内で最も流行している。中央保健所(16・87人)、八重山保健所(同10人)でも注意報発令基準値を超えている。 学級閉鎖は昨年11月22日の南部地区の小学校1件以外は報告されていない。 インフルエンザ増加 県内全域、今季初の注意報 琉球新報~沖縄の最新ローカルニュース.

青森、沖縄でインフルエンザ注意報が発令です。沖縄は中国に近いですがH3N2A香港型で普通のインフルエンザです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼたん雪

ぼたん雪になってだいぶ積もって来ました。ヒアリングの試験はトラブルなく行われているのでしょうか?

060121_1635.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は東京も朝から雪ですね。センター入試の当番じゃなくて良かったけど受験生の皆さんはご苦労様です。

060121_1048.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

ブラジル、携帯電話が驚異的に普及

>ブラジル国内での携帯電話の保有数が八六〇〇万台となり驚異的な伸びを示した。二〇〇〇年に立てた五年間で五八〇〇万台になるとの予想をはるかに上回る普及度となった。 

>昨年度の年末商戦では三八五万台の販売新記録を樹立して目玉商品にのし上がった。これにより昨年一年間で二〇六〇万台が新規登録され、前年対比三一・四%増となった。これにより人口百人当りの保有台数は四十六台となり、電話密度(総人口に対する携帯電話比率)は二七・一六%となった。 

>地域別では
      南西部 (四一三〇万台)
      北東部 (一五六〇万台)
      南部  (一五四〇万台)
      中西部  (八八〇万台)
      北部   (五一〇万台) 

>州別での人口百人の保有率では、ブラジリアが一人当り一台以上の高率で二年連続の首位を保った。以下順に
   リオ・グランデ・ド・スル(六四・四一)
   リオ・デ・ジャネイロ  (六二・四七)
   マット・グロッソ・ド・スル(六二・二)
   サンタ・カタリナ     (五五・六)
   ゴイアス         (五五・三八)
   マット・グロッソ     (五三・八一)
   サンパウロ       (五二・四)

>携帯電話がブームになったとは言え、余計な出費を警戒する向きが多く、クレジット方式の前払い形式が八〇・八一%に相当する六九七〇万台と圧倒的に多い。 

>会社別シェア―では
    VIVO  (三四・五四%)
    TIM   (二三・四二)
    CLARO(二一・六四%)
    OI    (一一・九%)

■携帯電話が驚異的に普及=保有数8600万台に=年末商戦では新記録の目玉.

ブラジルの携帯電話の近況です。一年間で二〇六〇万台増えて日本に匹敵する八六〇〇万台になったようです。人口は1億7千万人ほどですから、普及率は半分ちょいといったところですね。南西部に半数が集中していますが、人口自体南西部に集中していますからそんなものでしょう。日本の場合、7割ほどの普及率で飽和していますからブラジルの成長も峠を越えた感じはありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米携帯ユーザー、小学校世代にまだまだ増える?

>米Yankee Groupは、8~12歳の子どもたちの世代に絞った携帯電話市場の最新レポートを発表した。 同レポートによれば現在、自分の携帯電話を所有している8~12歳の子どもたちが、約530万人に上っている。今後の傾向として、8~12歳の携帯電話ユーザー数2010年までに倍増するとの予測も出されている。

>すでに米国内では、8~12歳の子どもたち全体の27%が自分の携帯電話を所有していると見られているようだが、昨年末の時点で8割以上の米国民が携帯電話ユーザーとなっている現状からすれば、トゥイーン世代の携帯電話普及率は、まだ非常に低いとされている。

>同レポートでは、大人の携帯電話新規加入者数が伸び悩む中で、それほど携帯電話が普及していない子どもたちへ目が向けられることになるほか、これからの社会は子どもたちでも携帯電話がなければ生活しにくい状況に一層変化していくとの見方が示される。

リンク: 携帯電話ユーザー、まだまだ増える? 小学校のジュニア世代にヒットのカギ (MYCOM PC WEB).

アメリカでも子供が携帯会社のターゲットになりつつあるようで、子供にターゲットを絞った独自の製品サービスや、親子双方に魅力的な家族割引料金プランの設定などが戦略としてあげられています。セキュリティ携帯なんかが日本から輸出されるようになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LG電子の日本での戦略は?

>日韓市場が急速に親密感を増した中、注目されている企業がLG電子である。同社は昨年、NTTドコモと提携し今年の春頃にFOMA端末を投入すると宣言している。 LG電子の携帯電話は、韓国内はもとより日本以外の海外市場においても認知度が高く、2005年には世界シェアのトップ5に入るほどのブランドに成長している。

>既存の機種とは差別化された携帯電話を投入するという姿勢は、日本市場でも貫かれるのだろうか。 安長石氏はこれについて「日本は機能面では水準が高いが、デザイン面ではやや保守的。そのため段階を経ながら徐々に他と異なる端末を提案していきたい」と述べている。 チョコレートフォンなど、多様さが受け入れられやすい韓国市場に比べると、日本市場は冒険の少ない無難なデザインが好まれる傾向が強いと見ているようだ。

>日本市場という範囲の中で最先端の端末を作りつつも、キャリアや現地オフィスと話し合いながら最初は市場の好みに合わせた端末を出し、その後徐々に差別化をはかっていきたいというのが、LG電子の日本市場での戦略だ。

【レポート】LG電子に聞く携帯電話事業 - 韓国、海外、そして日本での戦略は (1) テクノロジーとマーケティングの両面でリーダーシップをとる (MYCOM PC WEB).

韓国のユーザーのほうが日本のユーザーよりも「変わったもの好き」のようですね。技術力を背景にした差別化戦略で韓国内で20%程度のシェアをLG電子は獲得していますが、「変な端末は売れない」という携帯観をもつドコモと組んでどんな端末を売り出すのか、興味がもたれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

au7機種。春商戦に向け3社出揃う

>春商戦に向け、「au」は、新たに7機種を投入すると発表した。音楽機能を充実させることで20‐30代を中心に幅広い年齢層の取り込みを図る。

>約2000曲の楽曲を保存できる4ギガバイト大容量ハードディスクドライブ搭載モデルや、著名デザイナーによるデザイン端末などを投入する。  

>同時に、携帯電話とパソコンで音楽ファイルのやり取りなどができる総合音楽サービス「au LISTEN MOBILE SERVICE(略称リスモ)」を1月下旬から順次開始することも明らかにした。

>春モデルをめぐっては、NTTドコモ<9437.T>が5機種、ボーダフォン(東京都港区)が4機種をすでに発表しており、KDDIの発表で出揃った。 ロイター.

au7機種、ドコモ5機種、ボーダフォン4機種がこの春の新機種です。3G携帯を1機種開発するのに50億~100億円かかるといわれてますので、auはずいぶん開発費をつぎ込んで勝負に出ている感じです。元を取るには各機種50万~100万機売る必要があると思われますが、結果はどうなるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀、広島、大分で警報や学年閉鎖

>滋賀県甲賀市や東近江市などの三幼稚園、十二小中学校でインフルエンザによる欠席者が相次ぎ、六学年九学級が閉鎖した。  これにより今冬のインフルエンザによる学年学級閉鎖は、延べ二十学年六十学級、欠席者は八百十六人に上っている。 中日新聞ホームページへようこそ.

>去年より1ヶ月以上早く警報の発令です。広島県はインフルエンザの患者が急増し、流行が本格的になったとして19日、インフルエンザ警報を発令し注意を呼びかけています。一週間に報告のあったインフルエンザの患者数は、前の週を1253人上回る2356人に上りました。このため県では本格的な流行が始まったとして、19日インフルエンザ警報を発令しました。県内で流行しているインフルエンザはA香港型で、県は特に幼児や高齢者への注意を呼びかけています。(インフルエンザ警報発令

>大分県日田市や豊後大野市など六市町の小中学校合わせて七校でインフルエンザ様疾患の児童・生徒が相次ぎ、各校は学年・学級閉鎖にした。  日田市の東渓中一年が十八日を学年閉鎖にしたほか、▽豊後大野市の朝地小五年▽中津市の和田小一年、本耶馬渓中二年二組▽九重町の淮園小二年▽佐伯市の下堅田小一、二年▽竹田市の南部小四年が、それぞれ十九日から二日間の閉鎖となった。 (インフルエンザ 7校で学年・学級閉鎖

滋賀県、広島県、大分県でインフルエンザによる学級・学年閉鎖や警報が出されたという報告です。今日は西日本からの報道が多かったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

花粉予報 去年の二割ぐらい

>2006年のスギ・ヒノキ花粉は、東北の一部・鹿児島を除いて全国的に例年(過去10年の平均)より少ないでしょう。北海道のシラカバ花粉は例年並からやや多くなる見込みです。  

>大量飛散であった前年(2005年)に比較すると、全国的に大幅に減少し、前年と比較して2割前後のところが多くなる見込みです。 スギ花粉の飛び始めの時期は、例年より遅くなるとみられます。

JWA Home Page ― (財)日本気象協会 2006年春の花粉飛散について(予報)―.

今年の花粉は去年の2割くらいという大変ありがたいの予報です。去年はひどかったですからね。

>春の花粉飛散は前年夏の気象条件の影響を強く受けます。猛暑で陽射しが強い場合には花芽が生長、花粉数は増加し、冷夏で日照不足の場合には花粉数は減少します。 また、花粉の量は西日本を中心に「多い年」と「少ない年」を交互に繰り返す傾向があります。  

>2005年夏は全国的に猛暑・高温となり、花粉の生産が大きく増加する気象条件となりましたが、最も影響の与える7月の気温は平年並のところが多かったこと、また、2005年が全国的に花粉の量が「多い年」だったことなどから、ほぼ全国的に花粉数が少なくなると予想されます。

というわけで、去年沢山花粉が飛んだ上に去年の7月が平年並みだったので、今年は少なくなるということのようです。是非あたってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーダフォン、反転攻勢のキーワードは“コミュニケーション”

>ボーダフォンは18日、携帯電話機4機種を発表した。ラインナップは、3G向けの『Vodafone 804SS』『Vodafone 804N』『Vodafone 904T』と、2G向けの『V403SH』。これらに昨年末に発表した『Vodafone 804SH』『V502T』を加え、春商戦に望む。新たに発表された4機種の発売は2月下旬以降で、価格はオープンプライスの見込み。

>昨年、年間で初のマイナスになった原因については、「一昨年の施策に間違った部分があるのではないか」と推測し改善に努めているという。具体的な施策は、3G携帯電話機のラインナップの拡充と品質の強化、3G基地局の増強、新しい定額サービスの導入など。

>ボーダフォンは去年の後半を“反転攻勢”のターニングポイントととらえ、「今後は攻勢に転じていきたい」という。キーワードは“コミュニケーション”で、「言葉としてのコミュニケーションを大事にして、家族とか友達とか恋人とかその人のコミュニティーをサポートしていくようなものを打ち出して、“付き合いやすいプロバイダー”ということで頑張っていきたい」とした。

ボーダフォン、2006年春商戦向け携帯電話機を発表――韓国サムスン電子製など4機種.

ボーダフォンの反転攻勢のキーワードは“コミュニケーション”だそうで、単に安売りするだけではなさそうです。中味としては

>1つ目は“デルモジ表示”サービスで、Vodafone 804SS/Vodafone 804N/Vodafone 904Tが対応する。デルモジ表示は、受信したメールの本文に特定の絵文字/キーワード/顔文字が含まれると、それに関連したイラストを3Dアニメーションで表示するというもの。他キャリアーの携帯電話機やパソコンなどから送られたメールでも、それらが本文に含まれていれば、同じように3Dアニメーションが表示される。

>2つ目は“Vodafone live! CAST”サービスで、Vodafone 804N/Vodafone 904Tが対応する。これに契約すると、午前2時~7時の間にコンテンツが自動的に届くというもの。

>3つ目は“Vodafone Address Book”サービスで、対応機種はVodafone 904T。携帯電話機のメモリーに記録された電話帳のデータを、専用のサーバーに記録(バックアップ)したり、必要に応じてサーバーから携帯電話機に読み込んだりできるというもの。

というわけで、一つ目はデコメールのようなものになるのでしょうか。三つ目はさっきの記事にも書いたアドレスのバックアップサービスでこれもコミュニケーション促進の試みということなのでしょう。二つ目の配信型のサービスは中味しだいですね。

コミュニケーションという言い回し自体はヨーロッパでも通用する普遍性を狙っている感じはします。ボーダフォンは日本市場を実験場と捉えている部分がありますから、日本で受けつつヨーロッパにも移植できるサービスを考えようとしているのでしょう。うまくいけばいいのですが、中途半端にやるとどちらにも受けない恐れもあるというリスキーな戦略でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーダフォン、音楽再生対応の3G携帯電話

>ボーダフォン株式会社は18日、3G携帯電話の新モデルを3月中旬以降に発売すると発表した。このうち、音楽再生機能を搭載した機種としては、東芝製の「Vodafone 904T」と、NEC製「Vodafone 804N」が発売される。

>804N  最大1,000曲を収録可能な約450MBメモリを内蔵し、PCから転送した楽曲や、ダウンロードした「着うたフル」などの再生機能を備えた携帯電話。カラーはプルメリアホワイト、コーラルピンク、ラピスブルーを用意する。再生中でもメール閲覧などの操作が可能で、サブディスプレイの下に「ミュージックアシストボタン」を備え、本体を閉じたままでも再生できる。

>904T 2軸ヒンジを採用し、音楽/動画プレーヤー機能を搭載したモデル。カラーはフォレストグリーンとアーバンシルバー、キャニオンレッド。付属ソフト「Beat Engine」でminiSDメモリーカードに転送することにより音楽再生が可能なほか、着うたフル再生もサポートする。オーディオチップ「MA7i」により、クリアな再生が行なえるという。対応するminiSDカード容量は最大1GB。

ボーダフォン、音楽再生対応の3G携帯電話.

ここに来てボーダフォンも次々と3G機種を投入してきています。450MB内蔵の音楽携帯が目玉のようで、おさいふ携帯も先日でてましたが、ワンセグ対応の機種とかはまだのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーダフォン、電話帳データバックアップサービスを提供

>ボーダフォン株式会社は、本日発表した第3世代携帯電話の新機種「Vodafone 904T」の発売に合わせて、携帯電話の電話帳データを、専用のネットワークサーバーにバックアップしたり、ネットワークサーバーから携帯電話に読み込んだりできるサービス「Vodafone Address Book」を、2006年3月中旬以降開始します。  

>「Vodafone Address Book」の開始により、携帯電話の紛失や故障などによる電話帳データ紛失の不安を解消できるだけでなく、機種変更時などにおいて、新しい携帯電話への電話帳データの移し替えも容易にできることになり、より一層安心してボーダフォン携帯電話をご利用いただけるようになります。 日経プレスリリース.

携帯電話の電話帳をサーバーにバックアップしたり読み込んだりできるサービスです。パソコンにバックアップするソフトはありますが、キャリアがバックアップサービスを提供することはなかったようです。ボーダフォンの巻き返し戦略の一つですが、なかなか便利なのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国/携帯電話、苦情止まず

>上海市内に住む呉さんは、携帯電話販売店で新しい携帯を購入した。ところが、十日もしないうちに、充電池がきちんと充電できない粗悪品であることに気づいた。  

>充電しても数分しか持たない。携帯電話にもともと付属している充電池ではなく、粗悪な電池にすり替えられていたのだ。呉さんは販売店に出向き、店主に苦情を言うと、本来の充電池と取替え、代金も返してくれたという。 似たようなケースは、市内のあちこちで起きている。充電池のすりかえは日常茶飯事となっているようだ。  (FujiSankei Business i. 中国/携帯電話、苦情止まず 上海市品質監督局で全体の13%(2006/1/18).)

携帯販売店が充電池を安物とすり替えて、新品の充電池を転売して儲けているようです。安物の電池だと寿命が短いばかりか爆発する恐れもあるようです。随分、無茶な商売が行われているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽と携帯電話の相性は抜群、欧州携帯音楽市場は7年で5倍増の見込み

>調査会社の米Frost&Sullivanによると、西欧地区の携帯端末向け音楽市場は、2011年には78億5000万ユーロに達する見込みという。2004年は15億6000万ユーロだったことから、7年で約5倍の成長となる。

>同社の予想値には、着メロ、着うたのダウンロードや携帯電話で音楽購入サービスを利用しての購入金額が含まれている。西欧州地区の携帯ユーザーは4億人といわれており、2007年の予想値の内訳は、着メロが30億1000万ユーロに対し、着うたなど楽曲の購入が48億3000ユーロで、着メロを上回る予想となる。

>同社アナリストは、携帯電話と音楽の相性は抜群と分析する。まず、ユーザーの間で音楽を常に持ち歩き、好きなときに聞きたいというニーズは高い。また、携帯電話は生活の必需品というユーザーも多い。となると、単なる音楽再生プレイヤーよりも、通話などコミュニケーション機能のある携帯端末の方が、利便性は高いということになる。すでに、米Motorola、英Sony Ericssonなどが音楽を中心機能とした携帯電話の提供を開始している。

>携帯音楽は、音楽業界にも魅力だ。ファイル共有などの"抜け穴"の多いPCとは異なり、オペレータ毎に敷かれた携帯通信網は閉鎖的な環境だ。コンテンツやサービスを提供するプロバイダやアグリゲータは安全な仕組みを構築しやすく、携帯端末メーカーもデジタル著作権管理技術のサポートに乗り出している。

>ターゲット層は、11歳~15歳の若年層に大きなフォーカスがあたっている一方で、各社はそれより年上の10代後半層はもちろん、中高年も視野に入れていると報告している。

音楽と携帯電話の相性は抜群、欧州携帯音楽市場は7年で5倍増の見込み (MYCOM PC WEB).

日本の伝統芸能である着メロ、着うたがヨーロッパでも人気を集めつつあるようです。4億人が年80億ユーロほどを購入するという予想ですから、一人20ユーロ、3000円ほどの利用という計算です。CD1,2枚を買う計算ということになるでしょうか。音楽会社にはそれなりに大きな収益になりそうですが、月300円足らずの購入額では携帯会社にはそれほどでもないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

イラク北部で鳥インフルエンザ感染で死亡の疑い

>イラクの保健省当局者は18日、北部クルド自治区で17日に死亡した14歳の少女が鳥インフルエンザに感染していた疑いがあり、毒性の強いH5N1型ウイルスの有無を調べるため検体を隣国ヨルダンの検査施設に送ったことを明らかにした。  

>少女はイランやトルコとの国境に近いラニヤに住んでおり、今月上旬に発病した。自宅近くにはH5N1型の感染例が相次いでいるトルコから渡り鳥が訪れるドゥカン湖がある。家族の健康状態は良好という。 NIKKEI NET:国際 ニュース.

H5N1型かどうかは検査中のようです。イラクで人から人への感染株が現れたりすると、対応が遅れて厄介でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥インフルエンザ、ベトナムは沈静化の兆し

>ベトナム政府は昨年8月ごろから、各国に支援を訴えるとともに、家禽へのワクチン投与を開始。だが10月から感染が急速に広がり、11月半ばまでには64の省・直轄市のうちハノイなど21の省・市で家禽感染が確認された。  

>危機感を募らせた政府は、家禽の売買や飼育を禁止するなど緊急予防対策を発表。テレビや新聞を通じ市民に鳥インフルエンザに関する注意喚起を繰り返した。「ワクチンは、感染封じ込めには効果がない」との意見もあったが、約1億3000万羽の家禽に2度のワクチン投与を実施した。  

>その結果、新たな感染は減少。WHOハノイ事務所のトロエドソン代表は「あらゆる政策が功を奏したことは間違いない」と評価する。

Sankei Web 国際 鳥インフルエンザ、ベトナムは沈静化の兆し WHOが対策評価(01/18 18:28).

ベトナムの事例です。家禽の売買や飼育を禁止する一方で、家禽に2度のワクチン投与を実施することで、沈静化させることができたとしています。費用は「2年間で3500万ドル」(40億円)という情報があったりしますが、よくは分かりません。中国では50億羽の家禽全部にワクチンを投与する計画もあるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野県上伊那郡内の小学校で集団インフルエンザ

>上伊那地方でインフルエンザと見られる症状の集団発生は今シーズン初めて。県内では3件目で学級閉鎖は2件目。ほか1件は保育施設の閉鎖だった。  

>今年に入ってインフルエンザの定点届け出数は第1週(2―8日)の20件から、第2週(9―15日)は86件に急増した。このため同保健所では、管内市町村や教育委員会に感染予防の徹底を要請。合わせて▽よく食べ、よく寝て休養をとる▽うがいや手洗いをする―などの感染予防策を一般にも呼び掛けている。

長野日報 (Nagano Nippo Web) - ニュース - 上伊那郡内の小学校で集団インフルエンザ.

ここは定点で30件を越しても警報を出さないのですね。対応は結構まちまちのようです。ともあれ、発生の報道は静岡、青森、徳島、福岡、長野になりました。依然として脈絡はないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥インフルエンザ、米で大流行なら保険金支払額1330億ドルに

>米保険情報協会は17日、1918年に大流行したスペイン風邪と同じ規模で鳥インフルエンザが発生した場合、米国で190万人が死亡し、死亡保険金支払額が1330億ドルに達する可能性があるとの試算をまとめた。 1957年と1968年のような比較的小規模な流行でも20万9000人が死亡し、保険金支払額が310億ドルに達する可能性がある、としている。 米国では例年、インフルエンザにより3万6000人が死亡している。 ( asahi.com: 鳥インフルエンザ、米で大流行なら保険金支払額1330億ドルに=業界団体?-?ロイターニュース - ビジネス.)

「例年、インフルエンザにより3万6000人が死亡している」ということですから、随分インフルエンザで亡くなっているのですね。「小規模な流行保険金支払額が310億ドル」という試算からすると、世銀の対策費見積もり12億ドルがよほど安上がりにみえますので、そういう効果を狙った報道なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡県、インフルエンザ流行で警報

>福岡県はさきほど、インフルエンザの流行に関する警報を出しました。 寒波の影響で、学級閉鎖する学校も例年より早く出始めています。 福岡市の室見小学校では、およそ4割の児童が欠席した3年生の1クラスについてきのうから2日間、学級閉鎖としました。 福岡県は、きょう、定点調査している医療機関一施設あたりの、患者報告数が、30を超えたことから、インフルエンザの流行について警報を出し、注意を呼びかけています。 きのう現在で、インフルエンザによる学級閉鎖などを行っているのは、県内のあわせて34の学校施設で、今週にはいって、急激に増えています。 (RKB LOCAL NEWS.)

静岡、青森、徳島ときて福岡なのであまり規則性はありません。全国的に流行り始めているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

46都道府県がタミフル備蓄計画

>新型インフルエンザ対策として抗ウイルス薬タミフルを備蓄する計画を、兵庫県を除く46都道府県が立てたことが17日、厚生労働省の全国調査で分かった。また、行動計画は42、対策本部も43の都道府県が作るなど備えが進み始めた。  

>厚労省は、2007年度までに管内人口の8.3%のタミフルを備蓄するよう都道府県に求めており、各計画はこれを満たしている。備蓄目標で多いのは、東京都の100万8000人分、大阪府の72万人分など。

Sankei Web 社会 46都道府県がタミフル備蓄計画 新型インフルエンザ対策(01/17 21:40).

人口の8.3%ということは1000万人分のタミフルの備蓄を求めていることになります。1人10カプセルが標準らしいので1億カプセル400億円分の備蓄になりますが、先の世界全体の対策費の4分の1を日本の都道府県が支出する計算になりますね。世界全体で1600億円というのはやっぱり少なすぎるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥インフルエンザ支援国会議開会

>鳥インフルエンザの拡散防止などに関して、開発途上国への対策資金の支援を協議する支援国会議が、北京市内のホテルで開会した。 世界銀行は、途上国を中心に世界全体で12億~14億ドル(約1400億~1600億円)の対策費が必要と試算しており、これを各国・地域や国際機関がどう分担するかが焦点となる。  

>日本は昨年12月の「東南アジア諸国連合・日中韓(ASEANプラス3)首脳会議」で小泉首相が表明した総額1億3500万ドル(約150億円)のアジア向け支援をベースに、拠出額の積み上げを図る方針だ。

鳥インフルエンザ支援国会議が開会、費用分担が焦点 : 経済ニュース : 経済・マネー : YOMIURI ONLINE(読売新聞).)

タミフルが1カプセル400円ほどですので、1600億円というと4億カプセル、4千万人分くらいの費用になりますが、タミフル以外にもそのほかもろもろの費用込みで1600億円なのでしょう。イラク戦争の戦費(100兆円?)とかに比べると随分少ない金額で、ほんまかいなという気はかなりしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥インフルエンザによる中国の家禽処分数2千万羽

>「2005年、中国での鳥インフルエンザ発生回数は32回、これによって死亡した家禽類の数は15万4600羽となった。また感染拡大防止のために2257万1200羽を処分した」。

>この2年間、中国各地の政府は感染拡大防止のために家禽を処分した農家などに対し、補助金を支給してきた。04年の支給額は1億元、05年の支給額は2億元以上に上っている。  

>現在、中国農民の98.6%は鳥インフルエンザに関する何らかの知識を持ち、77.2%がその主な症状に関する知識を持っているという。また90%が、鳥インフルエンザが人にも感染する可能性があることを知っているという。 (新華通信ネットジャパン.)

2257万羽を処分して2億元の補助金ということですから、1羽あたり9元(133円ほど)になりますね。農家の損失の方が大きそうですから、発病を隠すインセンティブになっている可能性があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島県宍喰小で学年閉鎖

>徳島県宍喰町久保の宍喰小学校(児童数百六十七人)は十六日、インフルエンザとみられる欠席者が相次いだため、四、五、六年(各学年とも一クラス)を学年閉鎖にした。徳島県内でのインフルエンザによる学校・学級閉鎖は今冬初めて。  

>同校では十二日から欠席者が増え始め、十六日には各学年五-十五人の計二十七人が欠席。多くが三八-三九度の高熱の症状を訴えているという。県はウイルスの型を特定するため、日和佐保健所で検体を採取し、県保健環境センターで検査することにしている (徳島県内のニュース:宍喰小で学年閉鎖 インフルエンザ欠席相次ぐ、県内今冬初 -徳島新聞-.)

静岡、青森に続き徳島県で学年閉鎖のニュースです。日本各地で流行り始めているようですね。気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥インフルエンザ:トルコにおける状況-更新5

>トルコ国立インフルエンザセンターで行われた検査結果により、さらに2人のH5N1亜型鳥インフルエンザウイルス感染症例が確認された。

>新たに確認された患者のうち1人は同国東部Agri県のDogubayazit地区に住む5歳の男の子である。この子は入院しており容態は安定している。

>鳥における新たな集団発生がトルコ全土から報告され続けている。現在までに、高病原性H5N1鳥インフルエンザの家禽における集団発生は、同国81県のうち12県で確認されている。さらに19県で集団発生の調査が行なわれている。 鳥インフルエンザ:トルコにおける状況-更新5.

感染したアヒルを食べて感染したそうです。鳥での集団発生が続いているので依然として注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

帰ってきました

というわけで、18切符消化の旅から帰ってきました。今回は中央線をほぼ走破して、太多線、草津線、関西本線とあまり乗る機会のない路線に乗ることができました。普段、東京にこもっていると日本の広さというのを忘れてしまいますが、こうしてあちこち出かけてみると、日本も結構広いなあと実感できますね。

雪景色もありましたが、大根や白菜の植わった昔ながらの日本の風景に2006年になっても出会うことができました。ライブドアやヒューザーがあほうなことをしている間にも、日本の各地では沢山の人が地道に暮らしてらっしゃることがよく分かる旅でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掛川

掛川駅で途中下車。充電器とうなぎ弁当を買いました。なんとなくログハウスっぽい駅舎ですが中は普通にコンクリートです。駅前はあんまり何もない所ですね。右手少し離れてローソンがありました。

浜松から16時台に3本熱海行きが出てますが、16:16発は横座りタイプ3両ぐらいのトイレのない列車、16:33発はボックス席のある6両編成のトイレのある列車なので、お急ぎでないかたは16:33発がお勧めでしょう。

060118_1648.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松行き

豊橋発浜松行普通列車は3両編成でした。鷲頭と新居町をすぎると高校生の大群と競艇帰りの人で一気に満員になりました。浜名湖の写真は撮れずじまいです。皆さん浜松までいくのかな?

と思っていたら、高塚でだいぶ降りました。この辺の通学電車なんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

蒲郡

蒲郡付近から海が見えることに初めて気がつきました。わずかですけどね。三河湾が夕日に光ってました。

060118_1523.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浜松行き新快速

名古屋からの新快速は豊橋行きが多いのですが、時々浜松までいく列車も出ています。

この浜松直通は乗換えがないのでその点楽なのですが、4両しかないという大きな欠点を持っています。名古屋を通過する新快速が4両編成というのはひどい話で、名古屋付近はとても混んで疲れてしまいます。せめて6両くらいはつないで欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋

名古屋だぎゃあ。というわけで関西本線の旅はおしまいです。色々は風景があって楽しめました! 途中、いわゆる0メートル地帯もあって、川より周囲の家の方が低くなってるさまが車窓からも伺えました。温暖化が進むと大変そうな地域ではありますね。

というわけで、これからはいつもの東海道本線です。

060118_1403.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長島

いわゆる一つの長島駅です。木曾川の河口に近く一向宗の拠点になっていた所です。降りてあるけば色々ありそうな気がします。

060118_1339.jpg

(帰ってから地図を見ると、長島というのは揖斐川、長良川と木曽川にはさまれたほんとに細長い川中島なんですね! 川中島に駅があるのはここだけのような気がします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桑名

桑名は割と大きな街で大きな駅でした。焼きハマグリを売っている気配は残念ながらなし!
海も近いはずですが、電車からは見えません。 

060118_1334.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四日市

さすがに工業都市でコンビナートの煙突が林立しています。緑に塗った煙突もあって苦心が伺われますね。駅も貨物列車やタンクを積んだ列車がいっぱい止まってました。貨物輸送が主体の駅なのでしょう。駅を出てすぐ右手にガラスのカレット置き場とかもみえました。リサイクル産業も立地しつつあるのでしょうか。

060118_132000.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加佐登

加佐登(かさど)駅でビジネスマン風の人がばらばらと降りました。シャープの亀山液晶工場ってひょっとしてこの辺にあるのかな?

060118_125900.jpg

(帰ってから調べてみると、この駅の近くの工場は日本コンクリート工業の鈴鹿工場でした。シャープの工場は亀山と関の間ぐらいにあります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀山

亀山駅で乗換えです。亀山駅はホームが沢山あって大きな車庫もある車両基地駅です。ひとけは少ないのですけどね。駅前になぜか鳥居が立ってました。

松阪牛弁当とかないかと思って駅前の弁当屋に行ってみましたが普通ののり弁とかサンドイッチしかありませんでした。残念!

060118_1241.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急勾配

急勾配をぐんぐん昇ります。関西本線は距離では名古屋への最短コースですが、メイン幹線になれなかったのはこの勾配のせいでしょうね。加太をすぎてまだまだ昇ります。

ちなみに1両編成の割になぜか乗務員が3人もいて、先頭の視界を遮っています。

060118_121600.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

柘植

柘植(つげ)駅で乗換え。関西本線は一両編成の可愛らしい列車でした! ドイツのシュバルツバルドの山の中で出会った列車みたいです。

さすがにほぼ満席で、18切符を持った人の他ビジネスマンらしき人が一生懸命ノートパソコンをたたいてました。京都府の加茂、笠置から山越えでここまで来るのですが、トイレのない車両なので注意が必要です。ここから亀山までさらに急勾配の山越えです。

060118_120500.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲賀

甲賀駅です。忍者が出てきそうですが普通の駅でした。そろそろ終点です。思いきりぐんぐん走る列車なので結構あっと言う間でした!

060118_1156.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信楽高原鉄道

貴生川駅です。ここで大半の人が降りました。

信楽高原鉄道の列車が反対側にみえてます。動き出してからあわてて撮ったのですが、車両にタヌキの絵が書いてあるのが見えるでしょうか。

060118_114700.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手原

一つ目の手原駅をすぎると昔ながらの日本の田園地帯の風景が広がっています。こういう風景を見ていると、「乗りつくしの旅」のテーマソングが流れて来そうな気がしますね。

でも、ここを含めて日本中どこに行っても関口さんがすでに乗ってるんですね。改めてすごいなあ。

060118_1130.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

草津

滋賀県の草津駅です。温泉はありません。ここで沢山学生が降りました。立命の理工学部のキャンパスがあるのでやっぱり通学列車ですね。

今日はこれから草津線で柘植(つげ)にいって関西本線経由で名古屋に出る予定です。昔はめちゃくちゃ接続が悪くて柘植で無意味に1時間半くらい待ったものですが、今は4分の待ち合わせで亀山行きに接続してます。

060118_1114.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬田

京都10:49発野洲行き。随分混んでます。こんな時間に皆さんどこに行くのだろうと思いますが、瀬田でだいぶ降りました。学校でもあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

美濃太田

美濃太田から高山線に乗換えです。結構大きな駅でホームで駅弁売ってました!060117_1600.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫という可愛らしい駅名です。無人駅っぽい可愛らしい駅でした。060117_1543.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小泉

太多線に入りました。2両編成のワンマン列車で濃尾平野をトコトコ走っていきます。小泉駅は普通の住宅地の駅でした。060117_153500.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藪原

特急の通過待ちでしばらく停車です。中津川行きは2両編成でそこそこ乗っています。060117_1306.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

贄川

贄川(にえかわ)駅です。塩尻を過ぎて雪景色になりました。木曾路は山の中です。060117_1250.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八ヶ岳

小淵沢駅にて。こちらが八ヶ岳でした。きれいに雪を戴いています。とったあとすぐに霧で覆われましたのでラッキーでした。
ここまで来ると結構寒いです。茄子と野沢菜のおやきがおいしかった!060117_113100.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日野春

日野春駅です。向こうに雪をかぶった山々が見えます。この辺は全然雪がないですね。060117_1056.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韮崎

韮崎駅からの景色です。この山は八ヶ岳かな?060117_1043.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

目次続き

目次の続きです。ドロップスのうたなんてのもありますが、あとは知らない曲が多いかな。

vfts0589.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1集目次

第1集の目次です。字がちゃんと見えるでしょうか。

vfts0590.jpg

一番はじめが「サモア島の歌」ですね。「河は呼んでいる」とか「赤い河の谷間」とか外国の曲が多いですが、サトウハチローさんの「ちいさい秋みつけた」も第1集に名前を連ねています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなのうた第1集

実家になぜかしらみんなのうたのテキスト第1集がありました。

vfts0593.jpg

冒頭にサトウハチローさんが「みんなの歌をたたえる詩」というのを載せてらっしゃいます。

 尊敬する北原白秋大人の
  -からたちの花-
 その中で一番好きなところは
   からたちのそばで泣いたよ
   みんなみんな、やさしかったよ
 というところ

 みんなという言葉の味
 みんなという言葉の持つ
 キモチのよい響き
 
  (中略)

 ボクはこの世の中に、
 みんなの歌があらわれた時、
 わが意を得たりとほほえみ
 手をたたき、
 窓から顔を出して空をみた
 うれしかったからだ


この辺の気持ちはよく分かる気がします。このあと40年たっても、この番組が相変わらず人気を集めていることを、サトウさんはすでに予見されてたのかもしれません。
 
 みんなの歌の材料は豊富、
 書き手も大勢、
 こびたり
 お世辞笑いをしたり
 無理に涙をさそったりする歌は願い下げ
 
 みんながよろろんでうたうみんなの歌
 ボクはその船頭になりたい
 後押しもしたい
 ときには舟べりをたたいて
 一緒にうたいたい

この詩にたたえられてみんなのうたの歴史は始まりました。本当にいろんな題材でいろんな方が1000曲を越す素敵な歌を作ってらっしゃいます。このブログの中でもまたおいおい紹介していきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五所川原保健所管内にインフルエンザ注意報

>青森県は五所川原保健所管内のインフルエンザ患者数が基準値を超えたとして十三日、今シーズン初の注意報を発令した。インフルエンザの流行に関する注意報は昨シーズンより約一カ月早く、過去五年では最速。県は予防のため、手洗いやうがいなどの励行を呼び掛けている。

>今年第一週、同保健所管内のインフルエンザ定点当たりの患者数は基準の十人を超える十一・七一人に達し、今後約一カ月以内に大きな流行が発生する可能性があると判断した。 陸奥新報WWW-NEWS.

静岡で学級閉鎖のニュースがありましたが、青森でも昨年より1ヶ月早くインフルエンザ流行注意報が発令されました。寒かったせいもあってか今年はだいぶ出足が早いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GPS携帯電話で避難誘導

>京都大とKDDI研究所は13日午前、GPS付きの携帯電話を学生に持たせて、避難誘導する実験を京都市左京区の京都大周辺で実施した。コンピューターが最寄りの避難場所を携帯に表示する仕組み。京都大などが災害時の避難誘導システムとして開発した。 

>実験には学生約30人が参加。GPSによる学生の位置情報からコンピューターが、5カ所の避難場所のうち最寄りの場所を探し、携帯の画面の地図に青色で表示。矢印を示して誘導し、学生が違う方向へ移動すると、メールで警告した。 

>学生のほか約3000人の仮想避難者もコンピューターの画面上に映して群集の動きを検証。画面は1分ごとに自動更新され、周辺の被災状況に応じて臨機応変に誘導場所を変更した。 ( 河北新報ニュース GPS携帯電話で避難誘導 京都大が学生使い実験.)

災害時に携帯網がどの程度機能しているのかとか、めったに使わない機能を災害時に呼び出してスムーズに使えるのか、火事など発生して誘導した方向が返って危険な場合などないのかとかいろいろハードルはありそうですが、うまく使えれば避難の役に立ちそうなシステムです。当面は基礎研究ということだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話を使って子供の現在地を調べる取り組み続々

>ICタグで子供の位置を検知できるような実験やサービスも行われている。自治体やメーカー、携帯電話会社などが提供する「位置情報お知らせサービス」がそれで、子供にICタグと呼ばれる小型のICチップを持たせる実験が行われている。校門や交差点、町中などにアンテナを立てておき、ICタグと通信することで、子供がどこにいるのかを検知する仕組みだ。ある地点を通過すると親の携帯にメールを送ったり、親が任意のタイミングで子供の位置を把握できる。

>全国で使える位置情報サービスもある。NTTドコモやKDDIが提供しているもので、こちらはGPS衛星を利用して、子供の位置を検知。地下であっても、携帯電話が通じる場所なら利用できる。ICタグのサービスと同様、親が任意のタイミングで子供の位置を把握したりできる。 NTTドコモの場合、緊急時に携帯のボタンを押すと自動的にその位置を登録先にメールしたり、電源を切っても定期的に自動的に起動して位置情報を発信可能。(ICタグや携帯電話を使って子供の現在地を調べる取り組みが続々、「我が子」の安全をITで守れ / デジタルARENA.)

お子様携帯がGPS携帯の有望な「市場」になってしまっています。ICタグで位置を知らせる実験も行われているようですが、タグのリーダーをあちこちに配置しておく必要があるのでGPS携帯を使ったほうが便利ではありますね。KDDIがこのシステムを企画したときには想定していなかった使い道だとは思いますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話で50時間の音楽再生を実現するLSI

>NECエレクトロニクス株式会社は12日、携帯電話で連続50時間の音楽再生ができるようになるというオーディオプロセッサ「μPD99910」のサンプル出荷を開始した。サンプル価格は1,500円。量産は2006年4月を予定しており、月産40万個を見込んでいる。 

>μPD99910は、音楽再生専用のCPUと、DSPを内蔵したコンパニオンチップ。携帯電話への組み込みを想定しており、SD-Audioの再生に対応。低消費電力の32bit RISC CPUを搭載しており、単独で音楽再生が可能。消費電力の大きいアプリケーションプロセッサ上のCPUやDSPを使わず、μPD99910に再生処理を担当させることで、同一容量の電池で比較した場合、従来の10倍以上となる50時間の連続音楽再生が可能になるという。 ( NECエレ、携帯電話で50時間の音楽再生を実現するLSI.)

チップ自体に音楽再生機能を組み込むことで、携帯本体のCPUを使わずに長時間音楽再生できるチップが開発されたそうです。再生時間が一気に10倍になるそうで、かなり画期的ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KDDI、携帯電話向け音声認識技術

>KDDIは12日、“au”ブランドの携帯電話機向けに開発された分散型音声認識機能“声de入力”を発表した。“EZナビゲーション”の乗換検索/目的地検索メニューに、テンキー以外の新しい文字入力補助機能として用いられる。声de入力の対応機種として、“CDMA 1X”向けの3機種を、2月上旬以降に発売する。

>声de入力が最初に採用されたのは、EZナビゲーションの乗換検索/目的地検索メニューで、利用イメージとして、KDDIは移動中のビジネスマンが“歩きながら”“待ちながら”使うような“ながら”検索を挙げている。 ( KDDI、携帯電話向け音声認識技術“声de入力”を発表――“EZナビゲーション”に対応機能を追加.)

端末側で音声の特徴を認識し、その特徴からサーバー側で解読する「分散型」システムで、認識単語数の向上(1万語程度)とパケット代の低下(1回4円程度)を図っているそうです。サーバー側で一括認識するシステムですのでユーザーの声の学習機能はないみたいで、声が認識されにくい人は何回やってもだめだったなんてレポートが掲載されてました。まだ、認識精度に課題があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今冬のインフルエンザ、2つの治療薬に強い耐性

>米厚生省・疾病対策センターは今冬流行しているインフルエンザのウイルスには2種類の抗ウイルス剤が効かない恐れがあると警告し、これらの薬をインフルエンザ患者に処方しないよう呼びかけた。

>現在流行しているインフルエンザのうちA香港型(H3N2型)は、アマンタジン、リマンタジンと呼ばれる代表的なインフルエンザ治療薬に強い耐性を示しているという。同センターによると、120人の患者から採取したウイルスのサンプルのうち、109件がこれら2つの薬に耐性を示した。  

>このような耐性を示すウイルスは、2年前にはわずか2%、1年前は11%と低い水準にとどまっていた。ウイルスが急速に薬剤耐性を獲得したことに、専門家らは懸念を強めている。  ( NIKKEI NET:社会 ニュース.)

H3N2型はいわゆるA香港型ウイルスで日本でも毎年流行している型です。アマンタジンとリマンタジンはもともと耐性がもたれやすいことが知られていますが、急激に耐性ウイルスが増えているようで気持ち悪いですね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

先週の検索ワード

 順位検索ワード件数
 1 グラスホッパー物語 65
 2 おじいさんのグラスホッパー 46
 3 804SH 41
 4 下流社会 28
 5 みんなのうた 28
 6 視聴 21
 7 携帯電話 21
 8 試聴 15
 9 Vodafone 15
 10 価格 13
 11 サムスン 12
 12 ボーダフォン 11
 13 vodafone 11
 14 着メロ 10
 15 統計 8
 16 のっぽさん 8
 17 グラスホッパー 8
 18 キャリーオーバー効果 8
 19 ラジャ・マハラジャー 7
 20 携帯 7

先週の検索ワードです。グラスホッパー人気いまだ衰えずですが、下流社会が4位にあがってきました。google検索ではだいぶ下の方なのですが見てくださっているかたがいらっしゃるようです。804SHの発売がちかづきましたので価格調査を見に来る人も多いようです。統計関係の用語検索が減ったのは卒論が終わったからでしょうか。お疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

最高気温

夜中になってさらに気温が上がって10.8度。今日の最高気温です。寒い寒い冬も劇的に幕を降ろしてくれたようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

気温が上がって来た

午後3時頃に降り出したときは4.9度でやっぱり寒いじゃんって思ってたのですが、夜に入って6.9度まで上がって来ました。台風が来たときみたいにじゃかじゃか降ってますが、生暖かい感じはしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GPSつき携帯電話、実際の利用はまだまだ

>モバイルマーケティングレポートのエムレポートは2006年1月12日、 GPS 機能搭載携帯電話に関する調査結果を発表した。 それによると、 KDDI は2005年12月末時点で1,574万の GPS 機能搭載端末ユーザーを獲得している。

>KDDI はこれまで GPS 端末を数多く市場に投入しているが、 GPS サービスの実際のユーザー数は、「EZ ナビウォーク」約50万(8月末時点)、「EZ 助手席ナビ」が3万6,000(9月末時点)に過ぎない。搭載端末自体は普及しているが、実際の利用には結びついていないのが現状、とエムレポートではコメントしている。

>NTT ドコモは子供の安全を守る「キッズケータイ」として「FOMA SA800i」を、3月から市場に投入する計画だ。 また、 ボーダフォンも、 2005年10月に「Vodafone 903T」を投入、「Vodafone live! NAVI」を開始している。 さらに、ウィルコムは、 PHS 端末の位置情報通知機能を利用した、子供向け「見守り」機能搭載端末の市場投入を検討しているとのこと。 (Japan.internet.com ワイヤレス - GPS 機能つき携帯電話、実際の利用はまだまだ.)

GPS機能つき端末1500万のうち実際にGPS機能が使われているのは50万という調査結果です。3%程度の使用率でいかにも少ない感じですね。月315円の使用料が敬遠されているのでしょうか。まあ、実際には使われなくてもGPS対応ということで買ってくれればKDDIとしてはいいということかもしれません。

今後は子供の安全を銘打った子供向け端末としてGPS機能が使われる兆候がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「CDMA 1X」の新ラインナップ3機種を発売

>KDDI、沖縄セルラーは、auの第3世代携帯電話「CDMA 1X」の新ラインナップとして、誰にでも使いやすくフレンドリーデザインに対応したコンパクト&ベーシックモデルの「A5518SA」、昨年3月に発売しご好評頂いた「Sweets」を、デザイン・機能ともに進化させた「Sweets pure」、お子様にご利用いただく上で充実の安心機能を搭載し、コンパクトでかわいいデザインの「ジュニアケータイ A5520SA」の、3機種を本年2月上旬より全国で順次発売します。 (日経プレスリリース.)

使いやすさ、可愛さ、子供向け携帯がそれぞれの特徴で、ユーザー層の裾野を広げようとする戦略が伺えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年の世界の携帯電話機売上高は減少へ

>米国の調査会社であるiSuppli社は、2006年の携帯電話機の売上高は、市場成長率の鈍化と販売価格下落の影響を受け、1097億米ドルと前年比で4.9%減少するとの見通しを発表した。歴史的な高水準を記録した2005年の売上高1151億米ドルの水準に回復するのは、2009年頃になるであろうと予測する。  

>iSuppli社は、売上高が減少する主な要因として、携帯電話機市場の成長率鈍化を挙げている。携帯電話機の買い換え需要は全世界的に頭打ちの傾向にあり、成長率は鈍化している。携帯電話機市場は、2003年に30%の成長を遂げた後、2004年は25.1%、2005年は13.6%と成長率は縮小している。2006年は出荷台数が8億5000万と2005年実績の8億1000万台に比べて増加するものの、売上高の成長率はわずか4.9%にとどまるであろうという。   

>また、平均販売価格の下落も売上高の減少に影響を及ぼしている。同社によると、2006年の全世界の携帯電話機平均販売価格は129米ドルと、2005年の142米ドルから9.2%低下する見通しだ。これは2004年の155米ドルから8.5%下落した2005年を超える下げ幅である。一方2004年の価格下落率は2.7%と緩やかであった。  

>iSuppli社のScott Smyser氏は、「近年、超低価格帯のローエンドモデルの携帯電話機がシェアを伸ばしている。一方で、3G機種などハイエンドの携帯電話機においては、3Gサービス加入者を増やしたいプロバイダが、継続的に価格低減を要請している。この2つのことが、2006年の販売価格の下落に起因している」と述べている。 

>しかし同社では、販売価格の下落は2007年頃には落ち着くであろうとの見方をしている。平均販売価格の下落率は2006年から2007年にかけて1%減の128米ドル、2008から2009年にかけては0.5%減程度であろうと予測する。Smyser氏は、「高機能な3G対応携帯電話機の需要が増えることで、ローエンドモデルによる価格破壊の影響を相殺し、平均販売価格の下落を抑えるであろう」と言う。 ( Electronic Newsから:2006年の携帯電話機売上高は減少へ、iSuppliが報告.)

世界的な携帯市場傾向の分析です。中国やインドの市場は成長期ですが世界的には成長率は低下して飽和しつつあるようですね。その中で価格競争が生じているため、売り上げは若干ながら減少するという予測になっています。ドイツでの売り上げがすでに減少を始めているという記事もしばらく前に紹介しましたが、世界的な傾向となるようです。

ただし、3Gの普及は端末の平均単価を引き下げる働きを持つので、3Gが平行して普及すると全体の平均単価や売上高は微増する模様です。3Gは意外に早く飽和するかもしれない(それほどの機能を必要とする人は世界的にはそんなに多くないかもしれない)ので、その後は携帯市場全体が縮小に向かうかもしれませんし、おさいふ携帯など新たな用途が広がればもうしばらく成長するかもしれませんし、その辺の大きな状況を踏まえてどう戦略を立てるかが大事になってくるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーダフォン、社内メールや予定を携帯で確認できるサービス

>ボーダフォンは2005年12月15日,社内のサーバーで管理しているメールや予定表,アドレス帳の情報を,携帯電話端末上でリアルタイムに確認できるサービス「ボーダフォン・オフィス・メール」(VOM)を発表した。2006年1月18日からサービスを始める。 

>「Nokia 6680」の国内向けボーダフォン版で社内サーバー上にあるメールや個人管理情報を携帯電話にプッシュ送信することで,どこにいてもリアルタイムで各種の情報を入手できる情報配信サービスを実現した。

ケータイと社内サーバーを同期社内メールや予定を手元で確認|ケータイ on Business.)

パソコンのメールを自動的に携帯に転送して、携帯からパソコンのアドレスで返信できるサービスだそうです。

>これまで通話用の携帯電話と,メール・チェックなどに使うノート・パソコン用のデータ通信カードを組み合わせて,計2回線を利用していたユーザー企業は少なくありません。このケースでは,ボーダフォン・オフィス・メールの導入で携帯電話だけの利用に置き換えられ,無駄な回線コストを圧縮できます。

ということですので、主に企業を意識したサービスのようですね。ビジネスフォンはノキアがずっと手がけていますから、ノキアと提携して企業向けに売り出す戦略と思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川崎市「新型インフルエンザ対策行動計画」を策定

>新型インフルエンザについて、川崎市では対策行動計画を策定したが、人口密度が高く羽田空港にも近く、さらに外国船が入ってくる港湾施設を有する当市にあっては、万全の体制が求められる。  

>市の行動計画では、発生前期では通常活動を行い、海外発生期では対策警戒本部の立ち上げ、海外からの侵入防止策の徹底や市民への情報提供を行う。  

>国内の市外で発生した場合は直ちに市長を本部長とする新型インフルエンザ対策本部を設置する。市内発生期では、市長による緊急事態宣言、市民への情報提供、抗インフルエンザウィルス薬(タミフル)の投与(医療従事者や社会機能維持者などへの優先順位で)、流行後に生産されるワクチンの優先順による投与などを行う。最悪の想定では、死亡者の増加による一時遺体安置所の手配や介助者が死亡した場合の児童・高齢者・障がい者の支援なども盛られているが、新型インフルエンザにたいしては有効な防御手段が今のところないだけに、この計画も拡大の抑制を目的としたものとなっている。 「新型インフルエンザ対策行動計画」を策定─タウンニュース.

川崎市の新型インフルエンザ対策です。海外からの侵入防止策の徹底とタミフル・ワクチンの優先順位をつけた投入が柱のようです。「有効な防御手段が今のところない」ので、「拡大の抑制を目的」とするとありますが、どうやって拡大を抑制するのかはよく分からない計画になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

温暖化防止の日米豪閣僚会合

>日米など6カ国による地球温暖化防止への新たな枠組み「クリーンな開発と気候に関するアジア太平洋パートナーシップ」の初閣僚会合は12日、鉄鋼や電力など8つの産業分野で温室効果ガス排出削減の技術協力を進めることを盛り込んだコミュニケを採択し、閉幕した。

>「パートナーシップ」には日本、米国、オーストラリア、中国、インド、韓国の6カ国が参加。日米などが排出削減の技術を開発し、経済発展に伴い排出を急増させている中国、インドに技術移転する狙い。 米国、オーストラリアは地球温暖化防止に向けた京都議定書の批准を拒否しているが、コミュニケは「パートナーシップは京都議定書を補完するもので、取って代わるものではない」と述べた。

>オーストラリアのハワード首相は「パートナーシップ」の閣僚会合で、温室効果ガスの排出削減に向けた技術開発基金として、5年間で計1億豪ドル(約86億円)を拠出すると表明した。 米国のボドマン・エネルギー長官も、パートナーシップに関連した技術開発のため、2007年度予算案に5200万米ドル(約59億円)を計上することを明らかにした。 Sankei Web 国際 8分野で技術協力へ 温暖化防止の閣僚会合(01/12 14:07).

中国、インドに技術移転する狙いはいいですが、5年間で86億円とか、59億円とかいう金額はえらく少ないですね。これでどの程度技術開発や技術移転が進むのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャープ年頭会見、ワンセグ携帯電話を春にも商品化

>シャープは11日、都内で年頭の記者会見を開催した。携帯電話については、注目すべきトピックとしてワンセグの開始とナンバーポータビリティを挙げ、ワンセグ対応端末については「AQUOSで培った技術も活用し、(対応端末を)春にも商品化していく」と語った。

>携帯電話事業全体では、「最後発で参入したが、おかげさまで2005年度上期は国内シェア1位となった。国内では新たにKDDI向けにも端末を供給し国内3キャリアに端末供給体制を確立する。」と述べて、引き続き事業拡大を図っていく方針を明らかにした。  

>また同社が開発・生産しているCGシリコン液晶など、周辺回路などを液晶パネルと一体化したシステム液晶を「強力な武器」と重要性を強調した。世界的にも、ブラジル、ロシア、インド、中国といったいわゆるBRICsと呼ばれる新興地域で携帯電話の液晶にカラー化の動きが出てきており、これを「大きなビジネスチャンス」として、液晶パネルを含め積極的に展開していく方針を示した。   (シャープ年頭会見、ワンセグ対応携帯電話を春にも商品化.)

液晶生産の技術力とコストダウン力を生かしてシャープがワンセグ携帯の開発を進めているようです。液晶テレビで先行しているメーカーですから、画面が綺麗で安い端末を作ってくれる・・のかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の携帯電話、普及型とインテリジェンス型に二極化の傾向

>中国の2006年の携帯電話の平均単価は2005年に比べ、10%以上上昇すると予測されている。業界には以下の趨勢があるという。

>(1)携帯電話の消費者は普及型とインテリジェンス型に二極化される。
>(2)デザインがファッション感に溢れ、大きいディスプレイ、着信音がミュージックになる携帯電話が入門レベルになる。
> (3)メモリーと拡張性があるMP3プレーヤーを搭載、高解像度、高画質の機能を備える携帯電話が主流となる。
> (4)マルチメディア携帯電話はデジタルビデオ、3Dゲーム、テレビなどエンタテインメント機能を備える携帯電話に変わる。

中国の携帯電話、普及型とインテリジェンス型に二極化の傾向 - nikkeibp.jp - 中国.

中国の携帯市場予測ですが、普及型とインテリジェンス型に二極化し、日本の2001年頃から2005年頃のような端末が並存するようになると見積もられています。主流は「MP3プレーヤーを搭載、高解像度、高画質の機能」とありますから、カメラつき音楽携帯ということになるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ニックネームでみる05年韓国携帯界

>2005年に流行した携帯電話を、ニックネームから見ていこう。 今年は5月に衛星DMB(デジタル放送)、12月に地上波DMB(デジタル放送)が開始され「DMBの年」だった韓国市場だが、それに伴いDMBフォンも花盛りだった。DMBの番組を長時間視聴するという特性上、携帯電話にも画面を横にするというスタイルが多い。

>画面を横にするといえば、Samsung電子の「横本能」シリーズだろう。2005年に第1弾が開始された同シリーズはすでに第3弾まで販売されている。衛星DMB対応携帯としては、LG電子の「LG-SB130」も個性的なニックネームを持っている。「タイムマシーン」携帯と呼ばれるLG-SB130の最大の特徴は、番組の視聴中に電話が来た際その時点から番組の自動録画をしてくれる「タイムマシーン機能」だ。これにより通話後に電話が来た時点にさかのぼって映像を見られるというものだ。

>VK Mobileの「ヒップホップフォン」こと「VK600」は“Shall we hiphop?”をコンセプトとしている。スピーカーを全面に出した音楽を強調したデザインと、楽しくポップなデザイン、そしてそれらを象徴するようなニックネームを採用することで、10~20代の若者を取り込もうとしている。  

>今年最も奇抜なデザインの1つともいえる携帯電話は、Pantech&Curitelの「ポップアップスライドフォン」こと「PT-S170」だろう。これは一度スライドした画面をさらに折りたたみ携帯のように開くことができ、さらにその画面を本体と90度に折り曲げることでカムコーダのように撮影できる。一見スライド携帯のようでありながら、ポップアップウインドウのように開いて存在感を示す。画面を強調したニックネームとなっている。

>今年は携帯電話のスリム競争が急速に進んだ年だった。「名刺サイズ超スリムフォン」「8.8ミリフォン」などと呼ばれているVK Mobileの「VK-X100」や、LG電子の「チョコレートフォン」こと「LG-KV5900」など、スリムブームを代表するような携帯電話が数々出たが、やはり元祖であるMotorolaのRAZR(「MS500」)のインパクトが最も強かった。RAZRはそのニックネーム通りシャープで、都会的なイメージで韓国のみならず世界で人気を博すこととなった。  (ITmedia D モバイル:流行を作る、携帯電話のニックネーム.)

韓国の場合、携帯電話向けの衛星デジタル放送が始まってますので、それに対応したくるっと回して横長にできる画面や、一時的に録画できる機能のついた携帯が05年の流行でした。横長の画面は何かしら違和感がありますが、ワンセグが本格化すれば日本でも流行るのでしょうか。

音楽対応の奇抜なデザインはインパクトは強いのですが、実用性という点では不便そうなので台数的には売れないだろうと思います。スリムフォンはその点、実用的ですので今年は日本でも流行る可能性がありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒冬終了?

ついぞ見なかったような濃い衛星の雲画像が接近中ですね。ずっと筋状の雲ばかりでしたが、水蒸気を沢山含んだ南洋性の空気が流入できる気圧配置になってきたようです。次から次へと寒気が流入してくるモードはようやく終了かも・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

ドイツの携帯電話通信料が1年間で9.2%低下

>ドイツ連邦統計局が発表した2005年12月時点の通信料金に関する統計調査によると、携帯電話の通信料が前年同月比で9.2%下がったことが判明した。 2005年の年間平均では、前年比3.0%の低下となっている。

>携帯電話の通信料の低下が市場競争の自由化で顕著となっている事実が浮き彫りになった形だ。インターネット接続料も前年比で2.4%下がった。 ドイツの携帯電話通信料が1年間で9.2%低下.

キャリア間の競争によってドイツでは携帯通話料金の引き下げと通信料収入の減少が起こっているようです。市場が飽和してくるとこういうことになるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLCOMグループが365万件

>PHSの契約数合計は456万7600件で、対前月比0.8%増、対前年同月比2.9%減となった。キャリア別にみると、
  WILLCOMグループが365万1000件
   NTTドコモグループが88万2300件
   アステルグループが3万4300件
だった。

リンク: 2005年12月末の携帯電話契約数は9017万件--TCA発表 - CNET Japan.

PHSではウィルコムが365万まで伸ばしてきてます。他は新規募集をしてないのでだんだんウィルコムの一本化されていくことになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドコモがトップ、ボーダフォン純減 05年携帯電話

>電気通信事業者協会が発表した2005年末時点の携帯電話契約数によると、年間の「純増数」は、会社別ではNTTドコモが約245万2000台増となり、旧ツーカーを吸収合併したKDDIの約233万7000台増を上回り、トップに返り咲いた。旧ツーカーが大幅に減ったためで、ブランド別ではKDDIのauが約281万2000台増で2年連続で首位となった。  

>ドコモは、新サービス「プッシュトーク」や「おサイフケータイ」が好調だった。KDDIは「着うたフル」が若者に受けた。 ボーダフォンは第3世代携帯電話の遅れが響き、初めて約4万3000台の純減となった。 

>累積契約数はNTTドコモが5036万6000、KDDIは2469万5000など。全体の契約数は前年比約474万5000台増の約9017万8000台と伸びはやや鈍化したものの、初めて9000万台を突破した。  Sankei Web 経済 ドコモがトップに返り咲き 05年携帯電話の純増数(01/11 20:30).

ドコモ対auの勝負では245万対281万でauの勝ちですが、ツーカーの解約分がauとドコモに流れ込んでますのでNTTドコモ対KDDIではNTTドコモの勝ちとなっています。ボーダフォンは05年後半は増加を続けてますが、前半の減少をカバーできずに純減にとどまっています。伸び数勝負ではドコモとauは互角ですので、今のシェアの差はなかなか埋まらないといえるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥インフルエンザ WHO情報

WHO更新情報-アーカイブ

  • 鳥インフルエンザ-トルコにおける状況-更新(06/1/7 WHO)
  • 鳥インフルエンザ-トルコにおける状況(06/1/5 WHO)
  • 鳥インフルエンザ-中国における状況-更新51(05/12/30 WHO)
  • 鳥インフルエンザ-インドネシアにおける状況-更新50(05/12/23 WHO)
  • 鳥インフルエンザ-中国における状況-更新49(05/12/16 WHO)
  • 鳥インフルエンザ-インドネシアにおける状況-更新48(05/12/14 WHO)
  • 鳥インフルエンザ-中国とタイにおける状況-更新47(05/12/09 WHO)
  • 鳥インフルエンザ-中国における状況-更新46(05/12/07 WHO)
  • 鳥インフルエンザ-インドネシアにおける状況-更新45(05/12/06 WHO)
  • 国立感染症研究所 感染症情報センター.
  • WHOの鳥インフルエンザ情報のアーカイブです。各地の状況が詳しく報告されています。トルコの事例は

    >これまでの調査によれば、ウイルスはその感染伝播能力を増加させたり、ヒトからヒトへ広がっていたりするという証拠は何一つ見つかっていない。調査されているほとんどの人々は小児であり、しばしば同一の家族であり、ほとんどすべてが死鳥あるいは病鳥との関連が裏付けられている。

    >家禽における集団発生が今やトルコのいくつかの場所で発生していることがわかっている。最近、農業省はトルコの81県のうち10県で鳥でのH5N1亜型の集団発生を確認した。広範囲の殺処分が現在進行中であり、その他いくつかの集団発生が疑われる事例が調査中である

    ということで、死んだり病気の鳥から子供への感染がメインのようで、感染した野鳥集団の「殺処分が現在進行中」とのことです。貴重な鳥も含まれてるかもしれませんがしょうがないですねえ。ちなみに

    >オセルタミビル(タミフル)の約10万人分の治療コースが金曜日の夕刻にトルコに到着した。トルコ保健当局職員は、現在の状況に対応するには十分量であると考えている。

    ということでタミフル10万人分がトルコに供給されているようです。

  • 鳥インフルエンザ-トルコにおける状況-更新3(06/1/10 WHO)
  • 鳥インフルエンザ-トルコにおける状況-更新2(06/1/9 WHO)
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    EU、鳥インフルエンザ監視体制延長

    >EUは11日、鳥インフルエンザの感染防止策を強化するため、野鳥や家禽(かきん)への監視体制を今年末まで延長することを決めた。欧州委員会が200万ユーロ(約2億8000万円)を追加拠出し、死んだ野鳥などの調査・検査を徹底する。

    >EUは昨年秋以降、約2万5000羽の野鳥に検査を実施するなど、鳥インフルエンザの監視を続けてきた。トルコで人への感染が報告されたため、監視体制を継続する。ウイルスが突然変異する事態もふまえ、低病原性ウイルスに対する監視も拡充する方針だ。 NIKKEI NET いきいき健康.

    トルコの発生についてはEUが最前線ですから、検疫以外にも野鳥自体の監視を強化しているようです。野鳥に感染が見つかったら・・・やっぱり駆除するんでしょうかね。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    新型インフルエンザ、電車止めれば感染大幅減

    >東京大学生産技術研究所と国立感染症研究所は11日、新型インフルエンザが発生した場合、通勤・通学の満員電車を通じて感染拡大が加速される様子を予測したと発表した。電車の運行を早い段階で止めれば患者を3―4割減らせるという。

    >研究チームは人口約80万人、36万世帯が暮らす都市を想定し、コンピューターでシミュレーションした。 その結果、満員電車を平常通り運行し続けると、最初の患者発生から180日後には人口の64%が感染。しかし患者が人口の1%に達した段階で電車の運行を取りやめると、180日後の患者は人口の42%に抑えられた。学校や会社を休みにすると、さらに減らせるという。  

    >米国や東京都は新型インフルエンザ発生時の行動計画に電車の運行制限を盛り込んでいる。 (NIKKEI NET:社会 ニュース.)

    学級閉鎖や学校閉鎖はありますが、電車の運行をやめるというのは難しいでしょうねえ。学校は休みにして企業は操業を短縮して出勤時間や帰宅時間をずらしてラッシュを緩和する、ぐらいの策はとれるかもしれませんので、そん場合どの程度感染を抑えることができるか、計算してみてほしいと思います。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    新型インフルエンザ、早期警戒網整備へ

    >日米など21カ国が参加して「新型インフルエンザ早期対応に関する東京会議」で決める新型インフルエンザ対策の指針案が明らかになった。

    >参加国が協力して、発生を早期に探知する警戒システムをつくるのが柱。感染の拡大を迅速に抑える封じ込め体制を構築し、アジアで試験運用を始めることなどを盛り込んだ。

    >早期警戒では、ウイルス感染を世界保健機関(WHO)へ報告することを義務付け、医療関係者らが発生の兆しなどを素早く連絡したり、協力してウイルスを解析したりする仕組みを整備。ウイルス専門のウェブサイトも開設し、各国が持ち寄った感染情報を流すとともに、これをデータベース化し、感染防止や感染発覚後の対処に役立てる。 NIKKEI NET:政治 ニュース.

    ワクチンの作成に時間がかかるので、早期警戒態勢がなにより重要となります。明日から東京で対策会議が開かれるのですね。WHOへの報告義務付けとか、協力してウイルスを解析したりする仕組みの整備とか早急にやってもらいたいものです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    欧州諸国、鳥インフルエンザ予防を強化

    >トルコでの鳥インフルエンザ感染という事態を受け、ヨーロッパ諸国は、鳥インフルエンザの予防抑制を強化しています。  

    >ロシアの担当者は10日、「グルジアやアゼルバイジャンと接する南部国境地域では入国者への健康検査を強化し、トルコでの鳥インフルエンザのこの2カ国経由によるロシア進入を防止するよう命令した」と述べました。  

    >セルビア・モンテネグロのセルビア共和国も10日、鳥インフルエンザの感染を防止するため、全ての国境通商地点におけるトルコからの入国者や貨物、車両に対し検疫を行うことを発表しました。

    リンク: China radio international.

    中国国際放送が熱心にトルコの鳥インフルエンザについて報じています。トルコと地続きの国は当然ながら検疫体制を強化してきてますね。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年1月11日 (水)

    携帯電話の番号ポータビリティ、利用はごくわずか!?

    >2006年11月からの導入が決まった携帯電話の番号ポータビリティ(MNP:Mobile Number Portability)だが、国内約9,000万契約のうちごくわずかの利用にとどまるのではないかと、野村総合研究所(NRI)では予想している。この予想は、2005年8月30日から9月13日にかけて、2,500人を対象に訪問留置方式で行なわれた調査を元にしたもの。

    >NRIでは今後2年間のキャリア変更希望を調査した。その結果、NTTドコモからのキャリア変更希望はKDDI(auとツーカー)に312万契約(推定値、以下同)、ボーダフォンに96万契約、KDDIからはNTTドコモに198万契約、ボーダフォンに33万契約、ボーダフォンからはNTTドコモに171万契約、KDDIに148万契約という結果になった。キャリア変更を希望する契約は3キャリア合計958万契約で、調査時点の契約総数である8,848万契約の10%程度だった。
    携帯電話の番号ポータビリティ、利用はごくわずか!? NRIが試算.

    電話番号を変えずに、携帯会社を変えることのできる番号ポータビリティ制度が11月から始まりますが、変更希望者は今の契約者の10%ほどで、キャリア間の移動が打ち消される部分も結構あるので各キャリアのシェア変化は余りないようです。

    野村総研の推定によると、移動前と移動後のシェアの予測は

                移動前   移動後
      ドコモ       56.1%   55.6% (-0.5%)
      au         27.1%    29.7% (+2.6%)
      ボーダフォン   16.9%    14.7% (-2.2%)

    で、ドコモが微減、auが増加、ボーダフォンが減少となっています。

    ちなみに韓国では2004年1月からナンバーポータビリティが段階的に実施されてきてますが、SKテレコム(SKT)、韓国通信フリーテル(KTF)、LGテレコム(LGT)の3社による熾烈な顧客獲得合戦や違法な販売インセンティブも行なわれ、各社が処分を受ける結果となっています。

    > 「結局、得をしたのはサムスン、LG電子などの端末メーカーやインセンティブを受けた販売代理店。キャリアは疲弊しただけ」と北氏。「3キャリア中で最もシェアの少ないボーダフォンがインセンティブ勝負を仕掛けてきてもドコモやauは乗らないだろう。インセンティブで獲得できる顧客はARPUが低く、ロイヤリティも高くない。そうした顧客は長期の契約には結びつかない。先行する香港や米国のMNPでは、低料金のキャリアは続かないケースもある」という

    ということで、値下げによる顧客獲得合戦は日本では起こらないのでは、という見方ですが、ナンバーポータビリティに打撃が大きいボーダフォンが何もしないとは考えにくいので、やっぱり値引き合戦になるような気もします。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    携帯電話の国際ローミングで料金トラブル急増

    >海外でも携帯が使える「国際ローミングサービス」で思いもよらぬ多額の料金を請求されるなどの相談件数が前年度に比べて2倍のペースで増えていると、国民生活センターが10日発表した。

    >同センターや各地の消費生活センターへの相談件数は、01年度は32件だったが、04年度には105件まで増加した。05年度は11月末現在で86件あり、04年度同期の42件と比べると2倍に。事業者から請求された料金の平均は約16万円。100万円以上も5件あった。

    >相談事例によると、40歳代女性は「娘がカメラとして使うつもりで海外に携帯電話を持って行って盗難にあい、その後約300万円の通話料を請求された」という。販売パンフレットには「国内専用」と書かれていたが、盗んだ携帯電話からICカードを抜き出して使われたと見られる。 このほか、渡航先のフリーダイヤルや着信だけで課金されたことに対する苦情も多いという。 ( asahi.com:携帯電話の「国際ローミング」、料金トラブル急増?-?暮らし.)

    国際ローミングは便利ですが、料金が非常に高い場合があるようですね。平均して16万円の請求とありますから、旅行代金より高い場合も多そうです。端末が盗まれて使われたケースは特別としても、要するに国際電話としての料金がかかることをもっと周知しておくべきでしょう。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    中国産携帯電話、さらなる輸出拡大を期待

    >インド、ロシアなどの携帯電話巨大市場や欧米の一部市場が、中国携帯端末メーカーの成長を牽引している。2005年の国産携帯輸出は04年比で60%以上成長した。  

    >ここ2年ほど国産携帯は輸出台数が伸び続け、海外市場でその存在感を強めている。税関統計によると、1~11月の輸出台数は04年同期比60%以上増の835万台だった。特に波導(バード)は78%の成長を記録し、輸出台数518万台を達成した。また海爾集団(ハイアール)なども輸出が好調となっている。  新華通信ネットジャパン.

    中国の携帯メーカーは巨大な国内市場を持つため、韓国メーカーほど輸出に依存しなくても大丈夫と思われますが、それでもインド、ロシアで中国製の携帯が売れつつあるようです。新興市場では中国メーカーの製品がなじみやすいのでしょうか。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    インフルエンザで今シーズン初の学級閉鎖

    >10日、三島市梅名の中郷小学校の3年2組31人のうち、13人がインフルエンザとみられる発熱やせきなどの症状を訴え、11人が欠席した。このため3年2組は11日から3日間学級閉鎖されることになった。 (リンク: .)

    静岡県で学級閉鎖のニュースです。ぼちぼち、普通のインフルエンザの方も本格的な流行期に入ってきました。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    鳥インフルエンザ、中国で新たに2人死亡

    >世界保健機関(WHO)は11日、鳥インフルエンザに感染した中国南部の広西チワン族自治区の少女(10)と江西省の男性(35)の2人が昨年12月に死亡していたと発表した。中国で確認された鳥インフルエンザの感染はこれで8人、そのうちの死者はこれで計5人となった。

    >少女は昨年11月23日に熱と肺炎を発症し、12月7日に死亡が報告された。男性は12月4日に発症し、16日に死亡が報告された。中国衛生省が9日、WHOに死亡を通告した。 中国政府はさらに10日、湖南省で6歳男児の感染が確認されたと発表。

    >WHOの10日現在の世界累計によると、2003年以降、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスの感染者は中国やベトナム、トルコなどで世界各国で計147人。死者は78人に達した。 (CNN.co.jp : 鳥インフルエンザ、中国で新たに2人死亡 WHO ? - サイエンス.)

    感染から2週間ほどで死亡しています。死亡してから中国政府がWHOに通告するまでさらに1ヶ月かかっています。インフルエンザのパンデミック(大流行)は発生から30日以内に封じ込められるかどうかが鍵といわれていますが、この辺の対応ははなはだ心元ないと言わざるをえません。。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    トルコの鳥インフルエンザ拡大は抑制可能=WHO高官

    >世界保健機関(WHO)高官は、トルコで発生したH5N1型高病原性鳥インフルエンザは「比較的容易に」抑制できるとの見解を示した。  トルコは、東アジア以外で初めてヒトへの感染が確認された。地元当局は、これまでに15人が感染、2人が死亡したと報告している。  WHOによると、同国で感染した鳥やヒトから採取したサンプルを遺伝子検査した結果、ウイルスはヒトからヒトにはまだ感染していないことが分かった。 (ロイター.)

    毒性の強いH5N1型が人から人に感染するようになると厄介です。トルコのウイルスは鳥から人への感染性は獲得したようですが、人から人への感染性はまだのようです。今のうちの、抑制されてしまうことを願いましょう。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    鳥インフルエンザ茨城、埼玉77人感染か

    >高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N2型)の感染状況を調べていた厚生労働省と国立感染症研究所は十日、茨城、埼玉両県の養鶏場従業員ら計七十七人が感染していた可能性がある、との中間報告をまとめた。潜伏期間(一-三日程度)から今後発症する恐れや、他の人に感染させる可能性はない。

    >H5N2型は、東南アジアを中心に感染が広がり新型インフルエンザへの変異が懸念されているH5N1型より、毒性は弱い。感染研によると、H5N2型による人への感染可能性が報告されたのは世界的に例がないという。(鳥インフルエンザ茨城、埼玉77人感染か

    H5N1型でないのは幸いですが、あんまり気持ちのいいものではないですねえ。

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2006年1月10日 (火)

    2005年 携帯電話分野の重大ニュース

    >2005年は,激動の前触れの年となった。  

    >一番の目玉は,12年ぶりの携帯電話事業への新規参入が11月に認められたこと。ソフトバンク子会社のBBモバイルなど3社の申請が通り,2006年秋から2007年春にかけてサービスを開始する。

    >利用者が携帯電話の電話番号を変えずに契約事業者を変えられる「番号ポータビリティ」が2006年11月にスタートすることも決まった。

    >2005年は国内の“スマートフォン元年”。2005年7月にNTTドコモが「FOMA M1000」を,さらに12月にはウィルコムが「W-ZERO3」を発売した。既存の携帯電話に比べると業務アプリなどの実装に対する自由度が高い。  

    >地上デジタル放送の携帯端末向けサービス「ワンセグ」は,2006年4月にスタートが決定し,ワンセグ対応の携帯電話も発売になった。

    >電子マネーの「Edy」などが使える「おサイフケータイ」も徐々にユーザーに浸透している。NTTドコモでは11月におサイフケータイの契約が700万を超えた。KDDIが9月から,ボーダフォンが11月からサービスを開始し,3事業者から端末とサービスが出そろった。

    >PHS事業者では,アステル・グループに続き,NTTドコモが4月に新規受け付けを中止した。約10年前に“新規参入”したPHS事業者3グループのうち,生き残ったのはウィルコム(旧DDIポケット)だけという結果になった。

    >ライブドアの進出で,公衆無線LANサービスが活性化した。無線LANよりも広域な高速無線サービスが可能なWiMAXは,YOZANが12月にサービスを始めた。

    IT Pro 2005年 携帯電話分野の重大ニュース 新規参入やワンセグ対応など2006年への布石が進む:IT Pro.)

    2005年のまとめということで、この記事を引用しておきましょう。新規参入と番号ポータビリティの決定は今年以降にインパクトを持ちます。ワンセグとおさいふ携帯も今年の流行になりそうですし、WiMAXも今後広がるでしょうから、2004年以前の風景とはがらりと様変わりした年が2005年ということになりそうですね。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    三星ZX20 『今年最高の携帯電話』に選定

    >2006国際消費者電子ショーで、三星電子のZX20が「最高の新しい携帯電話」に選定された。携帯電話分野は最も競争が熾烈な分野の中の一つだと電子ショー関係者は語った。

    >今年「最高の携帯電話」選抜部門の最終候補は、三星のZX20とパーム社のトレオ700w、そしてモトローラのロッカーE2であった。 電子ショー側は、三星のZX20が1秒に1.8メガバイトの伝送速度を持っていて、世界で一番速い携帯電話だと受賞の理由を明らかにした。 ( innolife.net>>>韓国ニュース>>>IT>>>三星ZX20 『今年最高の携帯電話』に選定.)

    パーム社のトレオ700wはウインドウズ搭載の携帯電話なのですが、それよりもサムスンの伝送速度の方が評価されたようです。この製品はHSDPA携帯電話で、HSDPAサービスを利用し、1.8Mbpsの速度で各種の資料を送受信できるようになっています。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年1月 9日 (月)

    先週の検索ワード

      

    順位検索ワード件数
     1 グラスホッパー物語 30
     2 おじいさんのグラスホッパー 18
     3 804SH 14
     4 みんなのうた 14
     5 試聴 13
     6 下流社会 7
     7 重決定係数 6
     8 グラスホッパー 6
     9 結果 6
     10 重回帰分析 6
     11 おさいふ携帯 6
     12 ドイツ鉄道の旅 5
     13 関口知宏 5
     14 のっぽさん 5
     15 価格 5
     16 統計 4
     17 ボーダフォン 4
     18 携帯電話 4
     19 携帯 4
     20 視聴 3

    今年第一週の検索ワードです。グラスホッパー物語の人気が衰えませんね。去年の最後にアップした「下流社会」の記事がグーグルの検索で見れるようになったようで、何人かの方が来てくださいました。ブログの書評などみると割と真に受けて読んでいる人が多いようですが、この本の大半は今後検証すべき「仮説」ですので、その点注意して読んでもらえばと思います。

    卒論シーズンももうすぐ終わりですが、統計の勉強に来てくれている人もちらほらいます。ドイツ鉄道の旅はすぐ終わってしまって残念でした。のりつくしみたいにもっと詳しくやってほしかったです。携帯電話シリーズではボーダフォンの804SHの価格記事を見に来た人が多かったようですね。新年のおさいふ携帯の記事も訪問数が多かったです。

    というわけで、こちらのコーナーも今年もよろしくお願いします。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    インドの携帯電話加入者、1年間で約58%増加

    >インドの携帯電話加入者数が2005年12月末、約7592万人に達した。昨年1年間では約58%、2790万人の大幅増加となった。通話エリアの拡大や相次ぐ料金引き下げ、携帯電話機の値下がりなどが加入者の急増につながった。  

    >昨年末時点での事業者別加入者数によると、シンガポール・テレコムや英ボーダフォンなどが出資するバルティ・テレベンチャーが1630万人(シェア約21.5%)で首位を維持。以下は国営のBSNL(1480万人)、最大財閥系のリライアンス・インフォコム(1467万人)などが続く。  

    >また、昨年末の固定電話加入者数は4893万人で、年間増加率は約9%。携帯電話と合わせた総加入者数は約1億2500万人で、電話普及率は11.4%となった。

    NIKKEI NET:国際 ニュース.

    インドの携帯電話の近況です。普及率はまだ7%足らずですが、去年はずいぶん増えたようで普及の離陸期に差し掛かっているようです。「相次ぐ料金引き下げ、携帯電話機の値下がりなど」が要因として挙げられていますが、日本でも端末や通話料の値下がりが1996,7年の離陸を促しましたので、しばらくは成長局面が続くと思われます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年1月 8日 (日)

    大体できた

    大体計算できました。主な結論は

     ・リスクのある状況下で相手を見定めて協力する戦略には、無条件で協力する戦略が侵入可能
     ・無条件で協力する戦略には無条件で協力しない戦略が侵入可能
     ・無条件で協力しない戦略には、相手を見定めて搾取する戦略が侵入可能

    という訳で「慎重に相手を搾取する戦略」が安定戦略という事が分かります。

    ただし、サンクションが存在していて非協力戦略や搾取戦略の割合がある程度以下に抑えられているときには

     ・所得が十分大きい人は無条件で協力する戦略が最善
     ・所得がある程度多い人は、相手が非協力っぽい時以外は協力する戦略が最善 ・所得が少ない人は相手が協力者っぽいときだけ協力して、それ以外の時は関わりを持たない戦略が最善

    になる場合がある事が分かりました。

    色々な調査から、所得の高い人ほど一般信頼が高い傾向がある事が分かっていますが、それと整合性のある結果だといえましょう。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    野菜が高い

    これだけ寒い日が続くと当然のことながら野菜が高くなります。さっき買い物にいったらレタスが450円、キャベツ半分が250円でした。白菜4分の1と120円で売ってたので今日の昼ご飯は白菜ラーメンです。豚こま少々入れてこれはこれでおいしくてあたたまります。

    さっき計算間違いを見つけたので、これを食べたらやりなおしましょう。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    大掃除

    遅ればせながら、洗面台と風呂場の大掃除をしました。多少は綺麗になったかな。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年1月 7日 (土)

    ブラジル製携帯電話快進撃

    >ブラジルの携帯電話機輸出が大豆や肉を横目に睨むほどの快進撃ぶりである。 電気電子工業協会によれば、今年の輸出額は24億ドルになろうとみられ、昨年比222%増、大豆が80億ドル、鶏豚を含めた肉の輸出が84億ドルの予想である。  

    >携帯電話も来年はレアル高で今年のような爆発的な伸びは期待できず、同協会では業界全体が今年43%増となったのに対し、来年は僅か3%の伸びを見込んでいる。 電気電子工業界の売上高は今年940億レアル、昨年比15%増でGDPの4・8%を占め、輸出は76億ドル。

    >携帯電話ではモトローラが昨年比輸出を143%伸ばし、11月までで9億6300万ドル、あと1か月を残すが40%のシェア。 ノキアは11月までで9億2千万ドル推定である。昨年に国内市場が伸びて輸出がその分減少したという。 ( Sao Paulo - Shimbun.)

    携帯電話がブラジルの主要な輸出産品になりつつあるようです。といっても、モトローラとノキアの売り上げが大半を占めていますから、両社の生産拠点のひとつがブラジルに置かれているというのが実態のようで、ブラジル国内の企業の生産が伸びているわけではなさそうです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    東方神起,広告でアジア市場を狙う

    >東方神起はLG携帯電話海外モデルのLGモバイルフォンの顔に抜擢され、アジアの消費者を虜にする。    

    >東方神起が出演するLGモバイルCMは2月から3カ月間、タイ、台湾、マレーシア、インドネシア全域に発信される。紙面広告では、これら地域以外にベトナム、シンガポール、香港まで7カ国でもお目見えする。 (朝鮮日報 Chosunilbo (Japanese Edition).)

    「東方神起」とは何のことかと思ったら、韓国のジャニーズのような男性グループでした。きっとすごい人気なのでしょうね。LGモバイルがイメージ広告の顔に選んだようです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    テレビ番組を携帯電話にリダイレクト、Sling Mediaの新ソフト

    >新興企業の米Sling Mediaは1月5日、テレビ番組をWindows Mobile搭載の携帯電話とPDAに転送できる新ソフト「SlingPlayer Mobile」を発表した。1~3月期中に発売予定。  

    >「Slingbox」では、CATVやデジタルビデオレコーダー(DVR)で受信したテレビ番組を、インターネットを使ってWindows搭載PCに「リダイレクト」して視聴できる。 SlingPlayer Mobileソフトではこの機能を拡張して、携帯電話にも対応させた。家庭で受信したテレビ番組をすべてWindows Mobile搭載端末で見られるようになるほか、TiVoやReplayTVなどのDVRを使っている場合は録画した番組を見たり、携帯電話でDVRを操作することもできるという。 ITmediaニュース:テレビ番組を携帯電話にリダイレクト――Sling Mediaの新ソフト.

    というわけで、ソニーのロケーションフリーとまったく同様のシステムがアメリカの企業で開発されアメリカ市場に投入されるようです。多分、ぎりぎりの攻防がなされているのだと思われます。

    | | コメント (0) | トラックバック (2)

    ソニーのロケーションフリーが携帯電話にも対応

    >ソニーは1月5日から米国ラスベガスで開催されるデジタル家電の展示会「2006 International CES」において、ロケーションフリーに対応した携帯電話の試作機を披露する。欧州で2006年夏の発売を目指す。  

    >ロケーションフリーは、自宅で見られるテレビ番組やHDDレコーダーに保存した映像が、ブロードバンド環境があれば外出先や海外でもPCやPSPで視聴できるというもの。必要となるベースステーションが3万5000円前後と手ごろなこともあり、人気を集めている。
    ソニーのロケーションフリーが携帯電話にも対応--夏に欧州で発売へ - レビュー - ZDNet Japan.

    もともとソニーの「ロケーションフリー」は

    >ベースステーションの「LF-PK1」は自宅のテレビアンテナとインターネットに接続され、受信したテレビ放送をインターネットを通じてPCに送信する。ベースステーションをHDDレコーダーに接続すれば、PCから遠隔操作によってHDDレコーダーに保存した映像も視聴できる。また家庭内では無線LANを介してPCに映像を送ることもできる。 (ソニー、PCで自宅のテレビが見られる「ロケーションフリー」--価格は3万円台に

    というシステムで、テレビ放送をネットを使って自分のパソコンでもみられるようにしようとするものでしたが、これを携帯電話を使っても見られるようにする試作品ができたようです。面白いシステムですが、ヨーロッパで先行発売され、日本での発売は未定だそうです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    サムスン携帯電話、米「2005ベストフォン」に

    >米国の情報通信専門月刊誌PCワールド誌は、12月29日付(1月号)でサムスン電子の超スリムフォンをはじめ5つの製品を「2005年ベストフォン」に選定した。  

    >2005年ベスト携帯電話に選定されたのはサムスン電子の「Bluetooth超スリムフォン(A900)」「超スリムスライドフォン(T809)」世界最小「音声文字変換フォン(P207)」(写真左から)
    朝鮮日報 Chosunilbo (Japanese Edition).

    写真はリンク元をご覧ください。黒を基調にした高級感のある製品です。「超スリム」というのが米国市場の流行のようですね。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    計算王

    カルキング(計算王?)というソフトを買ってきました。文字式の展開や因数分解などをやってくれるソフトで、マセマティカの簡単バージョンみたいなものです。

    計算式を認識させるのにややコツがいりますが、ベクトルや行列を文字式のまま計算してくれるので利得表の計算とかさせるのに便利です。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年1月 6日 (金)

    FOMA2,000万契約を突破

    日付契約数
    2001年10月1日 本格サービス開始
    2003年9月30日 100万契約を突破
    2004年7月19日 500万契約を突破
    2005年2月21日 1,000万契約を突破
    2005年8月5日 1,500万契約を突破
    2005年12月29日 2,000万契約を突破

    リンク: 報道発表資料 : FOMAサービスの契約数が全国で2,000万契約を突破 | お知らせ | NTTドコモ.

    100万まで2年かかり、500万までさらに1年かかってますがあとは早いですね。900iシリーズになってから普通に普及し始めたようですが、2000万を越えてauを抜くのも時間の問題と思われます。

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    営業収益の比較

    ドコモとauの営業収益を比較してみました。営業収益から営業費用を引くと営業利益になりますが、営業収益の方が社外からお金を引っ張ってくる力を見る上では都合がよいので、まずはこちらで比較してみました。

    syuueki 単位は億円ですので、ドコモが5兆円程度、auが2兆円程度の営業収益で、ドコモが2.5倍程度の規模であることが分かります。

    トレンドとしては、ドコモが頭打ちであるのに対し、auは2004年から増加傾向にあります。もしこのペースで伸びを持続させるならば7年後に5兆円に到達し、ドコモの頭打ちが続くならばドコモに追いつくことになります。

    sum 一方、両社の営業収益の合計は2004年までは増加していますが、2005年には頭打ちとなり、携帯業界がゼロサムゲーム(限られたパイの奪い合い)の状態に入りつつあることが伺われます。

    この中でドコモは2006年3月の業績予想として4兆7840億円、auは2兆2450億円の営業収益を見込んでいます。合計は7兆円に乗る見込みですが、合計伸び率の低下は継続し、ドコモとauの差は2002年の3倍から2.1倍に縮まる見込みとなっています。これが、2006年初頭のマクロな状況ということができるでしょう。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ドコモ過去の業績推移

    3/2001 3/2002 3/2003 3/2004 3/2005
    損益計算書データ
    営業収益 41,781 46,593 48,091 50,481 48,446
    営業費用 33,994 36,584 37,524 39,451 40,604
    営業利益 7,786 10,009 10,567 11,029 7,842

    NTTドコモ - 投資家情報 - 過去の業績推移.

    ドコモの方は04年に減ったわけではなく、05年になって営業利益が一気に01年の水準に落ちています。営業収益がこの間では初めて落ちているのが原因と見られます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    KDDI 財務ハイライト

    2002/3
    2003/3
    2004/3
    2005/3
    2006/3 (予)
    営業利益率
    3.6%
    5.0%
    10.3%
    10.1%
    9.7%
    経常利益率
    2.8%
    4.1%
    9.6%
    9.8%
    9.6%

    KDDI 会社情報: 財務・事業データ > 財務ハイライト.

    KDDIの営業利益率は2004年に跳ね上がっているのですね。03年11月の第三世代「CDMA 1X WIN (ウィン)」開始の成果でしょうか。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年1月 5日 (木)

    三星-LG、「テレビ携帯電話」で主導権争い

    >三星(サムスン)電子とLG電子がメディアフローフォン、DVB-Hフォンなどを開発し、先端テレビ携帯電話市場の主導権争いに乗り出した。

    >三星電子は米国の移動テレビであるメディアフロー方式の携帯電話を開発し、公開試演する予定だと2日、明らかにした。 LG電子もこの日、メディアフローフォンと欧州方式のDVB-H向け端末機をそれぞれ開発し、CESで公開すると発表した。

    >三星電子とLG電子はこれにより、韓国・米国・欧州の移動テレビ方式に対応できる端末機をすべて開発したことになる。

    Japanese JoongAngIlbo.)

    韓国ではテレビ携帯電話の開発が進んでいて、米・欧・韓の各方式のテレビ携帯電話が出揃ったようです。これで世界各地の市場でテレビ携帯電話を売り出す体勢が整ったといえそうです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ケータイ新時代到来 おサイフ機能浸透

    >今年は携帯電話が大変革し、機能や使い方はガラリと変わりそうだ。あなたが今持っている携帯電話は、1年後には「もう古い」といわれてしまうかもしれない。(池誠二郎)

    >「おサイフケータイ」はNTTドコモが先行して市場投入し、すでに七百万台超が普及している。KDDI(au)、ボーダフォンも昨年九月に販売を開始した。このおサイフケータイを活用したさまざまなサービスが今年、一斉に登場する。  

    >今月二十八日には、いよいよJR東日本が、改札に携帯電話をかざすだけで電車に乗れる「モバイルスイカ」を開始する。券売機でなくとも、インターネットを通じて電子マネー「スイカ」をおサイフケータイにためることが可能。将来的には携帯電話で新幹線の席を予約し、そのまま携帯をかざして乗車できるようにする。

    >四月一日には、NHKや民放各局による携帯電話向け地上デジタル放送「ワンセグ放送」がスタートする。 KDDIが昨年十二月十六日に、世界で初めて発売した地上デジタル放送対応の携帯電話端末「W33SA」(三洋電機製)。売れ行きは絶好調という。 携帯電話の画面でその映像を見れば、まずそのクリアな画質に驚くはず。移動中も画像は乱れない。 NTTドコモも今月中に、ワンセグ放送対応携帯端末「P901iTV」を発売する予定だ。

    FujiSankei Business i. 産業/ケータイ新時代到来 おサイフ機能、生活に浸透(2006/1/3).

    パケット代の定額制がスタートしてますので、携帯各社はデータ通信料以外の部分で収益をあげる仕掛けを作らなければなりません。その一番手がおさいふ携帯で、ついで二段階定額制の上限までデータ通信を使わせる仕組みがワンセグ携帯や音楽配信携帯ということになるようです。04年に導入された定額制の時限爆弾が06年になって携帯の風景を大きく変えることになりそうです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    サムスン、世界最高速「HSDPA携帯電話」開発

    >サムスン電子は世界最高速度のHSDPA携帯電話およびシステムを開発することに成功したと3日伝えた。 HSDPA(High-Speed Downlink Packet Access、高速ダウンリンク・パケットアクセス)は3世代WCDMAよりはるかに速い速度で映像や音声をダウンロードできる次世代通信技術だ。

    >同社が今回開発したHSDPA携帯電話およびシステムは1.8Mbpsだった既存の速度より2倍速い3.6Mbpsの速度を具現した。 3.6MbpsはMP3で10曲を1分間でダウンロードできる速度で、超高速インターネットADSL以上の速度。各種資料などの送信もできる。  (朝鮮日報 Chosunilbo (Japanese Edition).)

    3.5世代のHSDPAはドコモが今年4月以降の導入を目指して開発を進めていますが(ちなみにソフトバンクやイーアクセスも導入予定)、サムスンでもシステムの開発に成功したようです。クアルコムとの共同開発のようですから、欧米でも同じような進捗状況だと思われます。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    MotorolaがiRadioの詳細発表

    >世界第2位の携帯電話メーカーであるMotorolaは1月3日、有料音楽サービスで今年中にサービス開始予定のiRadioに関する計画の詳細を発表した。MotorolaのiTunes搭載携帯ROKRの次期モデルではiTunesは外され、独自の「ラジオ的」サービスが組み込まれる。

    >iRadioサービスには、ヘビーメタルからロッキンカウボーイズ、アングリーウーマンといったものまでカバーする435のチャンネルが含まれている。ライバルである衛星ラジオも音楽チャンネルに特化しており、多くは広告なしで運営されている。  

    >iRadioは、ユーザーがコンピュータにチャンネルをダウンロードし、それを携帯に転送して再生したり、衛星ラジオのようにカーステレオや家庭用ステレオで再生したりすることができる。 iRadioサービスの価格は月額約7ドルだが、利用者がどの携帯電話サービスを使っているかにより異なるとMotorolaは説明している。

    ( ITmediaニュース:MotorolaがiRadioの詳細発表――次期ROKRにはiTunes非搭載.)

    携帯を利用した音楽配信システムiRadioがモトローラーの今年の目玉のようです。配信するだけで保存はできないようで、ダウンロードには別途料金が必要みたいです。日本のラジオつき携帯は単に既存のラジオ局が聞けるだけですが、こちらは435の専門チャネルが聞けるのがいいですね。

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2006年になりました

    みなさま、あけましておめでとうございます。

    2006年になりましたので、ブログのタイトルを「玉葉06」にバージョンアップ(?)しました。
    とりあえず、トリノオリンピックとサッカーワールドカップがあることはわかっていますが、その他にはどんなことが起こるのでしょうか。折々の出来事を記録していきたいと思います。

    今年も、よろしくお願いいたします。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    au覚書き

    1984年 京セラ中心に第二電電企画(のちのDDI)設立
     85年 電電公社民営化。NTT誕生
     87年 トヨタ中心に日本移動通信(IDO)設立
         (自動車電話中心にトヨタが移動通信を手掛けていた時期がある)
     94年 トヨタ、通信事業から撤退(結局大赤字)

    2000年10月 DDI、IDOとKDD合併、KDDI設立。(稲盛京セラ名誉会長のイニシアチブらしい。NTTに対抗できる大会社を目指す) au誕生。
    同年 アメリカの通信会社クアルコムと提携。米国方式の3Gの技術提供を受ける。
    (DDI時代はモトローラーと提携していたが、モトローラーが欧州方式の3Gに切り換えたため。ちなみにFOMAは欧州方式)

    『ドコモとau』第1章より

    というわけでau誕生の背後には京セラ、トヨタの対NTT戦略、欧州方式対米国方式の企画争いがあることが分かります。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年1月 4日 (水)

    携帯で商品の評判検索

    >携帯電話が備えるカメラでバーコードを撮ると、自動的に専用サーバーに情報が送られ、その商品に触れている「ブログ」を即座に検索する。約10秒後に商品を評価しているブログの件数は「POSITIVE ○件」、逆に酷評しているブログの件数は「NEGATIVE ○件」と、携帯画面に表示される。同時に、対象商品に関するブログ本文やその関連商品の情報も表示される。

    >東芝では日本語の約50万の単語を「旅行」「文化」などの分類や、「良い」「悪い」などの評価付けにかかわるグループに整理し、ブログでの評価の良し悪しを自動判別できるプログラムを開発したという。(asahi.com)

    バーコードで商品名を読み取って検索するまではすぐできそうですが、ブログの評価を使われてる語彙によって自動判別するシステムは面白いですね。商品だけでなく、テレビ番組や映画やタレントや政治家のリアルタイムの評価が刻々と分かるシステムの構築にすぐ使えそうです。

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2006年1月 3日 (火)

    里見八犬伝

    坂本九ちゃんを思い出して悲しくなります。小学校の頃は八犬士ごっこして遊んだものですが。

    「抜けば玉散る氷の刃。これぞ名刀村雨〜〜」

    「一度は助けると言っておきながら・・里見義実、孫子の代まで祟ってやる〜呪ってやる〜〜!」

    なんていいながらね。大変懐かしいのでDVD買ってこようかな。不完全版だけど。。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    しらさぎ

    しらさぎの自由席、超満員というアナウンスが入りました。デッキ付近にも乗れないそうです!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    雪の山

    沿線の山です。夕日を浴びて綺麗でした。いずれ名のある山だと思うので帰って調べてみましょう。

    060103_151600.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    福井城

    福井城のお堀です。今は県庁になってます。一面に氷が張ってました。雪は山間部より少ないですがさすがに寒いです。

    060103_1415.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    高橋尚子電車

    福井市の路面電車です。なぜかしら高橋尚子選手の姿が・・・。高橋選手って福井の人でしたっけ?

    060103_1358.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    敦賀の駅弁

    気比の松原という駅弁でした。海老とクルミがおいしかったです。敦賀というと東出君ですが・・

    060103_1250.jpg 060103_1251.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    近江塩津駅

    細い深いトンネルのような乗換え通路をくぐって北陸線ホームに着きました。乗換えたのは20人ほどかな。風かピューピュー吹いて寒いです!

    060103_120601.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    近江塩津越え

    18切符の難所、近江塩津越え。永原から近江塩津の一駅を越える普通列車は一日7本。昼間はたった3本。湖西線から福井方面へ抜けるにはこの難所を越えなければなりません。

    今回初めてここを越える列車に乗ってみました。3両編成のボックス席タイプ結構混んでます。これを逃すと次は3時間後ですからねえ。

    060103_1136.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    光る湖面

    北小松~近江高島間からの琵琶湖です。近江高島過ぎるとすっかり雪国になります。060103_1119.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    近江舞子

    近江舞子を過ぎて雪がちらほら降ってきました。北小松のホームは10センチくらい積もってます。

    数少ない近江塩津越えできる列車ですがあんまり混んでません。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    琵琶湖

    比良付近です。寒そうですが雪は積もってません。060103_1106.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    FOMA覚え書き

    2001年5月試験サービス開始。ただし初期不良多し。

     ・基地局との通信プログラム不良
     ・端末内プログラムのバグ
     ・バッテリーがもたない。「予備パックを2つ持ってください」

     ★通信速度が早いため基本的に電力を食う
     ★iモードがJフォンとの競争で高機能化していた
        →FOMAも同等以上のソフト搭載が要求された。
     ★ソフトが増えるとバグが増えるし電力を食う

     ※ローカルマキシマムを巡る競争の最中に次世代機にどの程度リソース
       を投入をすべきかという問題の発生。

     ※早ければいいというものではない。「だめ」イメージがつくと大ダメージ。

     ・メーカー離反の危機→開発費をドコモが援助してしのぐ(1機種50億円)

                              『ドコモとau』 第3章より

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年1月 2日 (月)

    DVD-RW

    DVD-RWはプレステ2では再生出来ないことが分かってしまいました。非常に残念! 野村選手の引退試合のDVDを持って来てもらったんですが・・

    -RWは信号の書き込みが浅いのか、使われているレーザーの波長がプレステと違うのかなんなんでしょうね?

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2006年1月 1日 (日)

    アーロン

    キングダムハーツやってたらアーロンが出てきました。懐かしいけど顔が少し違う・・。「終わりだ」って言わないし。で、すぐに消えてしまいました。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    愛宕山

    愛宕山が良く見えてました。今日あたり沢山お参りに登ってるでしょうね。上の方は雪が積もっているようです。

    vfts0449.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    巫女さん

    巫女さんにお神酒を頂きました。子供はミカンが頂けます。破魔矢を買って帰りました。060101_140701.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    初詣

    近所の村山神社に初詣に行ってきました。天気が良くて初詣日和です。各地の神社も賑わっていることでしょう。

    060101_1403.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    あけましておめでとうございます。

    新年あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願い致します!

    060101_1112.jpg

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »