« 青森、沖縄でインフルエンザ注意報 | トップページ | かぜ?インフルエンザ? »

2006年1月21日 (土)

新型インフルエンザ治療用のタンパク質予測データを公開

>インフルエンザは、インフルエンザウイルスの増殖によって発症し、感染していきます。そのため、ウイルスの増殖を抑えられる薬剤が有効であり、ウイルスの増殖に欠かせないタンパク質「ノイラミニダーゼ」の働きをはばむ薬剤が開発されています。 

>しかし、ウイルスは頻繁にその姿を変化させるので、せっかく開発した薬剤が効かなくなるという可能性があります。今回、理研の横山研究員らは、そうした「変異」タンパク質を含むウイルスが出現しても、効き目のある薬剤を即座に開発できるように、ノイラミニダーゼについて多様な立体構造を予測して、データベースにしました。 

>このデータベースは、1月20日より全世界に公開されます。これまで、変異したタンパク質の構造についての情報はあまりなく、今回のデータベースを利用すれば、鳥インフルエンザなど、ヒトへの感染が心配される新型インフルエンザに変異しても、それに対処できる薬剤が敏速に開発されるようになると期待されます。 ( 新型インフルエンザに対応するためのタンパク質立体構造データベースを全世界に公開.)

ノイラミニダーゼ阻害薬とは要するにタミフルのことなのですが、新型インフルエンザのノイラミニダーゼは今の種類と違うかもしれないため、タミフルが効かない可能性も考えられていました。このニュースは「変異してできるかもしれないノイラミニダーゼ」を予測できるようにコンピューターシミュレーションで可能性のあるたんぱく質の立体構造をいろいろ探ってみたデータベースを公開するというもので、新型インフルエンザに効くタミフルを開発する時間がかなり短縮できるかもしれません。色々な研究がされているのですね!

|

« 青森、沖縄でインフルエンザ注意報 | トップページ | かぜ?インフルエンザ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8269421

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザ治療用のタンパク質予測データを公開:

« 青森、沖縄でインフルエンザ注意報 | トップページ | かぜ?インフルエンザ? »