« 五所川原保健所管内にインフルエンザ注意報 | トップページ | 第1集目次 »

2006年1月16日 (月)

みんなのうた第1集

実家になぜかしらみんなのうたのテキスト第1集がありました。

vfts0593.jpg

冒頭にサトウハチローさんが「みんなの歌をたたえる詩」というのを載せてらっしゃいます。

 尊敬する北原白秋大人の
  -からたちの花-
 その中で一番好きなところは
   からたちのそばで泣いたよ
   みんなみんな、やさしかったよ
 というところ

 みんなという言葉の味
 みんなという言葉の持つ
 キモチのよい響き
 
  (中略)

 ボクはこの世の中に、
 みんなの歌があらわれた時、
 わが意を得たりとほほえみ
 手をたたき、
 窓から顔を出して空をみた
 うれしかったからだ


この辺の気持ちはよく分かる気がします。このあと40年たっても、この番組が相変わらず人気を集めていることを、サトウさんはすでに予見されてたのかもしれません。
 
 みんなの歌の材料は豊富、
 書き手も大勢、
 こびたり
 お世辞笑いをしたり
 無理に涙をさそったりする歌は願い下げ
 
 みんながよろろんでうたうみんなの歌
 ボクはその船頭になりたい
 後押しもしたい
 ときには舟べりをたたいて
 一緒にうたいたい

この詩にたたえられてみんなのうたの歴史は始まりました。本当にいろんな題材でいろんな方が1000曲を越す素敵な歌を作ってらっしゃいます。このブログの中でもまたおいおい紹介していきましょう。

|

« 五所川原保健所管内にインフルエンザ注意報 | トップページ | 第1集目次 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8189475

この記事へのトラックバック一覧です: みんなのうた第1集:

« 五所川原保健所管内にインフルエンザ注意報 | トップページ | 第1集目次 »