« 中国で7人目の死者 | トップページ | 徳島、長野、福井でインフルエンザ警報、岐阜で注意報 »

2006年1月26日 (木)

インフルエンザウイルス増殖の新たな仕組み

>東京大学医科学研究所の河岡義裕教授と野田岳志特任助手らは、インフルエンザのウイルスが増殖する新たな仕組みを解明した。

>A型のインフルエンザウイルスが、人や動物の細胞内で増える際、八本の遺伝子が規則正しく並ぶことを突き止めた。医薬品で配列を壊せば、ウイルスの増殖を防げる可能性がある。 NIKKEI NET:社会 ニュース.

現在、ウイルスが他の細胞に侵入する作用を阻害するノイラミニダーゼ阻害剤(いわゆるタミフル)が特効薬になっていますが、ウイルスの増殖自体を阻止できるようになる可能性があるようですね。ウイルス表面の抗原に依存しないので、多少ウイルスが変異しても効いてくれる可能性も期待できます。早くできますように!

|

« 中国で7人目の死者 | トップページ | 徳島、長野、福井でインフルエンザ警報、岐阜で注意報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8348694

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザウイルス増殖の新たな仕組み:

« 中国で7人目の死者 | トップページ | 徳島、長野、福井でインフルエンザ警報、岐阜で注意報 »