« 『手術とからだ』 | トップページ | インフルエンザウイルス増殖の新たな仕組み »

2006年1月26日 (木)

中国で7人目の死者

>中国衛生省は25日、成都市で鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染した女性(29)が死亡したことを明らかにした。同省は23日に感染の事実を公表、女性の容体は悪化していると説明していた。死亡日時は明らかにしていない。中国での鳥インフルエンザによる死者は7人目。  

>家禽(かきん)への感染は計13の省と自治区に広がっており、感染拡大に対する懸念が強まっている。衛生当局は感染拡大阻止に向け、死亡した女性の感染経路の調査と、生前に接触した人に対する検査を急ぐ。  (中国新聞・国際.)

昨日報道があった女性が亡くなったそうです。残念です。

現在、家禽への感染が広がり人への感染が相次いでいる状況で、大流行の1歩半ぐらい手前の感じですね。人から人への感染するH5N1型が発生すると大流行まであと半歩となります。

|

« 『手術とからだ』 | トップページ | インフルエンザウイルス増殖の新たな仕組み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8348573

この記事へのトラックバック一覧です: 中国で7人目の死者:

« 『手術とからだ』 | トップページ | インフルエンザウイルス増殖の新たな仕組み »