« トルコの鳥インフルエンザ拡大は抑制可能=WHO高官 | トップページ | インフルエンザで今シーズン初の学級閉鎖 »

2006年1月11日 (水)

鳥インフルエンザ、中国で新たに2人死亡

>世界保健機関(WHO)は11日、鳥インフルエンザに感染した中国南部の広西チワン族自治区の少女(10)と江西省の男性(35)の2人が昨年12月に死亡していたと発表した。中国で確認された鳥インフルエンザの感染はこれで8人、そのうちの死者はこれで計5人となった。

>少女は昨年11月23日に熱と肺炎を発症し、12月7日に死亡が報告された。男性は12月4日に発症し、16日に死亡が報告された。中国衛生省が9日、WHOに死亡を通告した。 中国政府はさらに10日、湖南省で6歳男児の感染が確認されたと発表。

>WHOの10日現在の世界累計によると、2003年以降、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)ウイルスの感染者は中国やベトナム、トルコなどで世界各国で計147人。死者は78人に達した。 (CNN.co.jp : 鳥インフルエンザ、中国で新たに2人死亡 WHO ? - サイエンス.)

感染から2週間ほどで死亡しています。死亡してから中国政府がWHOに通告するまでさらに1ヶ月かかっています。インフルエンザのパンデミック(大流行)は発生から30日以内に封じ込められるかどうかが鍵といわれていますが、この辺の対応ははなはだ心元ないと言わざるをえません。。

|

« トルコの鳥インフルエンザ拡大は抑制可能=WHO高官 | トップページ | インフルエンザで今シーズン初の学級閉鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8110923

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ、中国で新たに2人死亡:

« トルコの鳥インフルエンザ拡大は抑制可能=WHO高官 | トップページ | インフルエンザで今シーズン初の学級閉鎖 »