« 帰ってきました | トップページ | 徳島県宍喰小で学年閉鎖 »

2006年1月19日 (木)

鳥インフルエンザ:トルコにおける状況-更新5

>トルコ国立インフルエンザセンターで行われた検査結果により、さらに2人のH5N1亜型鳥インフルエンザウイルス感染症例が確認された。

>新たに確認された患者のうち1人は同国東部Agri県のDogubayazit地区に住む5歳の男の子である。この子は入院しており容態は安定している。

>鳥における新たな集団発生がトルコ全土から報告され続けている。現在までに、高病原性H5N1鳥インフルエンザの家禽における集団発生は、同国81県のうち12県で確認されている。さらに19県で集団発生の調査が行なわれている。 鳥インフルエンザ:トルコにおける状況-更新5.

感染したアヒルを食べて感染したそうです。鳥での集団発生が続いているので依然として注意が必要です。

|

« 帰ってきました | トップページ | 徳島県宍喰小で学年閉鎖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8234320

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ:トルコにおける状況-更新5:

« 帰ってきました | トップページ | 徳島県宍喰小で学年閉鎖 »