« ニックネームでみる05年韓国携帯界 | トップページ | シャープ年頭会見、ワンセグ携帯電話を春にも商品化 »

2006年1月13日 (金)

中国の携帯電話、普及型とインテリジェンス型に二極化の傾向

>中国の2006年の携帯電話の平均単価は2005年に比べ、10%以上上昇すると予測されている。業界には以下の趨勢があるという。

>(1)携帯電話の消費者は普及型とインテリジェンス型に二極化される。
>(2)デザインがファッション感に溢れ、大きいディスプレイ、着信音がミュージックになる携帯電話が入門レベルになる。
> (3)メモリーと拡張性があるMP3プレーヤーを搭載、高解像度、高画質の機能を備える携帯電話が主流となる。
> (4)マルチメディア携帯電話はデジタルビデオ、3Dゲーム、テレビなどエンタテインメント機能を備える携帯電話に変わる。

中国の携帯電話、普及型とインテリジェンス型に二極化の傾向 - nikkeibp.jp - 中国.

中国の携帯市場予測ですが、普及型とインテリジェンス型に二極化し、日本の2001年頃から2005年頃のような端末が並存するようになると見積もられています。主流は「MP3プレーヤーを搭載、高解像度、高画質の機能」とありますから、カメラつき音楽携帯ということになるでしょうか。

|

« ニックネームでみる05年韓国携帯界 | トップページ | シャープ年頭会見、ワンセグ携帯電話を春にも商品化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8141653

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の携帯電話、普及型とインテリジェンス型に二極化の傾向:

» 解像度 [CGの基礎知識]
解像度 本稿では主にビットマップ画像の解像度について解説します。解像度(かいぞうど)とは、ビットマップ画像における画素の密度を示す数値である。すなわち、画像を表現する格子の細かさを解像度と呼び、一般に1インチをいくつに分けるかによって数字で表す。その単位はドット・パー・インチ(dpi)である。(同じ...... [続きを読む]

受信: 2006年1月15日 (日) 05時04分

« ニックネームでみる05年韓国携帯界 | トップページ | シャープ年頭会見、ワンセグ携帯電話を春にも商品化 »