« 2005年 携帯電話分野の重大ニュース | トップページ | トルコの鳥インフルエンザ拡大は抑制可能=WHO高官 »

2006年1月11日 (水)

鳥インフルエンザ茨城、埼玉77人感染か

>高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N2型)の感染状況を調べていた厚生労働省と国立感染症研究所は十日、茨城、埼玉両県の養鶏場従業員ら計七十七人が感染していた可能性がある、との中間報告をまとめた。潜伏期間(一-三日程度)から今後発症する恐れや、他の人に感染させる可能性はない。

>H5N2型は、東南アジアを中心に感染が広がり新型インフルエンザへの変異が懸念されているH5N1型より、毒性は弱い。感染研によると、H5N2型による人への感染可能性が報告されたのは世界的に例がないという。(鳥インフルエンザ茨城、埼玉77人感染か

H5N1型でないのは幸いですが、あんまり気持ちのいいものではないですねえ。

|

« 2005年 携帯電話分野の重大ニュース | トップページ | トルコの鳥インフルエンザ拡大は抑制可能=WHO高官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8110526

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ茨城、埼玉77人感染か:

» 茨城・埼玉の鳥インフルエンザ 77人も過去に感染? [40代の私にとっての最新情報・重要ニュース]
77人過去に感染? 茨城・埼玉の鳥インフルエンザ 『高病原性鳥インフルエンザ問題で、厚生労働省は10日、茨城、埼玉両県の養鶏場の従業員ら計77人が過去に感染していた可能性があると発表した。 毒性の弱いH5N2型で発症者はいなかった。体内にウイルスが残....... [続きを読む]

受信: 2006年1月11日 (水) 18時52分

« 2005年 携帯電話分野の重大ニュース | トップページ | トルコの鳥インフルエンザ拡大は抑制可能=WHO高官 »