« ケータイ新時代到来 おサイフ機能浸透 | トップページ | KDDI 財務ハイライト »

2006年1月 5日 (木)

三星-LG、「テレビ携帯電話」で主導権争い

>三星(サムスン)電子とLG電子がメディアフローフォン、DVB-Hフォンなどを開発し、先端テレビ携帯電話市場の主導権争いに乗り出した。

>三星電子は米国の移動テレビであるメディアフロー方式の携帯電話を開発し、公開試演する予定だと2日、明らかにした。 LG電子もこの日、メディアフローフォンと欧州方式のDVB-H向け端末機をそれぞれ開発し、CESで公開すると発表した。

>三星電子とLG電子はこれにより、韓国・米国・欧州の移動テレビ方式に対応できる端末機をすべて開発したことになる。

Japanese JoongAngIlbo.)

韓国ではテレビ携帯電話の開発が進んでいて、米・欧・韓の各方式のテレビ携帯電話が出揃ったようです。これで世界各地の市場でテレビ携帯電話を売り出す体勢が整ったといえそうです。

|

« ケータイ新時代到来 おサイフ機能浸透 | トップページ | KDDI 財務ハイライト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8020120

この記事へのトラックバック一覧です: 三星-LG、「テレビ携帯電話」で主導権争い:

« ケータイ新時代到来 おサイフ機能浸透 | トップページ | KDDI 財務ハイライト »