« 鳥インフルエンザ、米で大流行なら保険金支払額1330億ドルに | トップページ | 鳥インフルエンザ、ベトナムは沈静化の兆し »

2006年1月19日 (木)

長野県上伊那郡内の小学校で集団インフルエンザ

>上伊那地方でインフルエンザと見られる症状の集団発生は今シーズン初めて。県内では3件目で学級閉鎖は2件目。ほか1件は保育施設の閉鎖だった。  

>今年に入ってインフルエンザの定点届け出数は第1週(2―8日)の20件から、第2週(9―15日)は86件に急増した。このため同保健所では、管内市町村や教育委員会に感染予防の徹底を要請。合わせて▽よく食べ、よく寝て休養をとる▽うがいや手洗いをする―などの感染予防策を一般にも呼び掛けている。

長野日報 (Nagano Nippo Web) - ニュース - 上伊那郡内の小学校で集団インフルエンザ.

ここは定点で30件を越しても警報を出さないのですね。対応は結構まちまちのようです。ともあれ、発生の報道は静岡、青森、徳島、福岡、長野になりました。依然として脈絡はないようです。

|

« 鳥インフルエンザ、米で大流行なら保険金支払額1330億ドルに | トップページ | 鳥インフルエンザ、ベトナムは沈静化の兆し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8234781

この記事へのトラックバック一覧です: 長野県上伊那郡内の小学校で集団インフルエンザ:

« 鳥インフルエンザ、米で大流行なら保険金支払額1330億ドルに | トップページ | 鳥インフルエンザ、ベトナムは沈静化の兆し »