« 鳥インフルエンザによる中国の家禽処分数2千万羽 | トップページ | 46都道府県がタミフル備蓄計画 »

2006年1月19日 (木)

鳥インフルエンザ支援国会議開会

>鳥インフルエンザの拡散防止などに関して、開発途上国への対策資金の支援を協議する支援国会議が、北京市内のホテルで開会した。 世界銀行は、途上国を中心に世界全体で12億~14億ドル(約1400億~1600億円)の対策費が必要と試算しており、これを各国・地域や国際機関がどう分担するかが焦点となる。  

>日本は昨年12月の「東南アジア諸国連合・日中韓(ASEANプラス3)首脳会議」で小泉首相が表明した総額1億3500万ドル(約150億円)のアジア向け支援をベースに、拠出額の積み上げを図る方針だ。

鳥インフルエンザ支援国会議が開会、費用分担が焦点 : 経済ニュース : 経済・マネー : YOMIURI ONLINE(読売新聞).)

タミフルが1カプセル400円ほどですので、1600億円というと4億カプセル、4千万人分くらいの費用になりますが、タミフル以外にもそのほかもろもろの費用込みで1600億円なのでしょう。イラク戦争の戦費(100兆円?)とかに比べると随分少ない金額で、ほんまかいなという気はかなりしますね。

|

« 鳥インフルエンザによる中国の家禽処分数2千万羽 | トップページ | 46都道府県がタミフル備蓄計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8234585

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ支援国会議開会:

« 鳥インフルエンザによる中国の家禽処分数2千万羽 | トップページ | 46都道府県がタミフル備蓄計画 »