« 先週の検索ワード(2月1週) | トップページ | 77年のうた »

2006年2月 6日 (月)

インドネシア、鳥インフルエンザ人体感染4人を確認

>インドネシア保健省は4日、鳥インフルエンザ人体感染例がさらに4人増え、うち2人は死亡していることをWHO認定の研究所が確認したと発表した。 インドネシア国内で確認された鳥インフルエンザの人体感染例はこれで合計23人になった。 

>同省のハリアディ・ウィビソノ氏は、感染を確認されたのは、先月死亡したジャカルタ出身の鶏肉販売業者である22歳の男性と、バンドンで今週死亡した15歳の少年。さらに、西ジャワ州インドラマユ近郊出身の5歳の少女と、スマトラ島ランプン出身の5歳の少年も感染が確認されたが、現在も生存しているという。  

>同氏は「インドネシアでの感染例は現在23人、このうち16人が死亡している」と語った。  WHOによると、2003年以降、鳥インフルエンザは161人に感染し、うち86人は死亡しているという。 ( ロイター.)

インドネシアの感染数が23人になりました。中国が先月末で10人でしたから2倍以上になります。トルコとならんで現在の感染の中心地域になっているようです。家禽での集団発生や野鳥からの感染が今のところ防げてない感じですね。

|

« 先週の検索ワード(2月1週) | トップページ | 77年のうた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8535232

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア、鳥インフルエンザ人体感染4人を確認:

« 先週の検索ワード(2月1週) | トップページ | 77年のうた »