« アマンタジン耐性インフルエンザ、新たに4県で確認 | トップページ | プロフェッショナル 「鳥インフルエンザと戦う」 »

2006年2月28日 (火)

中国で2人の感染確認 鳥インフルエンザ

>新華社電によると、中国衛生省は25日、浙江省の9歳の女児と安徽省の26歳の女性について、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)への感染を新たに確認したと発表した。 中国での感染者はこれで14人となった。うち8人が死亡している。  

>衛生省によると、女児は今月10日ごろに発熱し、現在重体。最近、安徽省の親せきの家を訪れたが、その家の鶏が訪問中に死んだという。26歳の女性は今月11日ごろ、発熱などの症状を訴えており、やはり重体。最近、病気で死んだ鶏に接触したことがあった。同省で2人の感染経路の特定を急いでいる。  U.S. FrontLine.

中国では相変わらず患者の発生が続いていますね。去年一年で、家禽2257万羽を処分して抑制を図ってますが経済損失が大きい一方で、感染抑制の方は十分ではないようです。ヨーロッパの感染も中国からの渡り鳥によるものらしいので、各国で援助して中国の感染を抑えないといつまでも周囲に感染がおよぶ危険がありそうです。

|

« アマンタジン耐性インフルエンザ、新たに4県で確認 | トップページ | プロフェッショナル 「鳥インフルエンザと戦う」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8878869

この記事へのトラックバック一覧です: 中国で2人の感染確認 鳥インフルエンザ :

« アマンタジン耐性インフルエンザ、新たに4県で確認 | トップページ | プロフェッショナル 「鳥インフルエンザと戦う」 »