« 三菱、中国の携帯電話市場から撤退 | トップページ | ドコモ、ワンセグ対応携帯電話「FOMA P901iTV」を発売 »

2006年2月28日 (火)

ウィルコム『AX520N』価格調査

>ウィルコムから、“W-OAM”に対応したデータ通信端末『AX520N』『AX420N』が先週末の23日に発売された。W-OAMとは、電波状況に応じて最適な変調方式を選ぶ通信規格。電波状況の良い場合は、より高速な“8PSK”方式に切り替え、逆に状況の悪い場合には低速だが安定性の高い“BPSK”に切り替える仕組み。

>W-OAM対応端末による通信速度は、既存の通信方式の最大1.6倍に高速化されており、“8xパケット方式”の通信方式では最大408kbpsまで、“4xパケット方式”の通信方式では、最大204kbpsまで高速化されるという。

>東京・秋葉原A店
           AX520N  AX420N
   新規       14,800   6,800
   機種変更    14,800    6,800  

携帯電話価格調査(2006.2.27).

ウィルコムの端末は新規も機種変更も同じ値段なんですね。新規でももともと安いですから、「新規を安くして囲い込みをはかる」必要もあまりないのかもしれません。

|

« 三菱、中国の携帯電話市場から撤退 | トップページ | ドコモ、ワンセグ対応携帯電話「FOMA P901iTV」を発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8878256

この記事へのトラックバック一覧です: ウィルコム『AX520N』価格調査:

« 三菱、中国の携帯電話市場から撤退 | トップページ | ドコモ、ワンセグ対応携帯電話「FOMA P901iTV」を発売 »