« サムスン、平均販売価格首位 | トップページ | 組織論の勉強 »

2006年2月15日 (水)

「携帯電話向けOS市場、Symbianの王座は2009年まで」、米調査

>The Diffusion Group(TDG)は、携帯電話向けOS市場に関する調査結果を発表した。それによると、同市場では英Symbianの「Symbian OS」が最も優勢だが、米Microsoftの「Windows Mobile」やLinuxの攻勢によりシェアが縮小する見込みという。

リンク: 「携帯電話向けOS市場、Symbianの王座は2009年まで」、米調査 - nikkeibp.jp - IT.

2005年末現在、Symbian OSが51%、Linuxが23%、Windows Mobileが17%ですが、LinuxとマイクロソフトのWindous Mobileがシェアを伸ばしつつあるようです。携帯電話の機能もパソコンなみになってきてますのでマイクロソフトが本気でOSを押さえにかかってきているようですね。

|

« サムスン、平均販売価格首位 | トップページ | 組織論の勉強 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8678364

この記事へのトラックバック一覧です: 「携帯電話向けOS市場、Symbianの王座は2009年まで」、米調査 :

« サムスン、平均販売価格首位 | トップページ | 組織論の勉強 »