« 温暖化、土壌細菌が加速…気温上昇さらに1・5度 | トップページ | 鳥インフルエンザ死者、1億人超える恐れ 豪シンクタンク »

2006年2月17日 (金)

米,聖書に基づく新温暖化防止運動開始

>福音主義者らが環境保全主義者らと協力して、人間が主の創造物のための執事であるべきだとする伝統的な聖書の教えに従い、新たな地球温暖化防止運動を展開している。   

>福音主義キリスト教徒による国家規模の調査によれば、福音主義者の4人のうち3人は環境問題を懸念しており、また3分の2は地球温暖化は実際に生じていると確信、10人のうち7人は地球規模の気候変動は「将来の世代に対し深刻な脅威となる」と認識しているという。  

>アリゾナ州に拠点を置くエリソン研究センターが発表した報告書によると、政治的保守派の福音主義者でも、10人に4人は地球温暖化が社会経済の過熱によって生じるのであれば、その速度を減速させなければならないと認識、半数は地球温暖化問題について直ちに取り組まなければならないと感じているという。  

>この文書に署名している86名の福音主義指導者たちは、米政府指導者らがこのような結果と彼らによる新たなイニシアティブに答えて、二酸化炭素放出を削減する国家規模の規制法案を施行することを期待している。  

>一方、ドブソン氏、ランド氏含む20名の福音主義者らは米国福音協会(NAE)が地球温暖化問題に対し公式に運動を起こすのを控えるように促す文書に署名している。 保守派福音主義者らは、「私たちは聖書を信じる福音主義者たちに地球温暖化問題の解決法、重要性、原因について異論を唱える余地を与えなければならないと信じています」と書簡で意見を表明したという。 (ChristianToday.co.jp - クリスチャントゥデイ:キリスト教 最新ニュース 毎日更新.)

記事中の「国家規模の調査」がどんなサンプリングをした、何人ぐらいの調査なのか分かりませんが、アメリカのキリスト教右派の中にも相当数温暖化の進展に危惧を抱いている人がいるらしいことが伺えます。ブッシュ政権の支持基盤の中に温暖化対策を求める人が増えてきているとするとアメリカの政策も変わってくる可能性がありますが、温暖化対策に反対する人も健在のようですから、すぐにどうこうということはないかもしれません。どう転ぶか分かりませんが興味深い動きではありますね。

|

« 温暖化、土壌細菌が加速…気温上昇さらに1・5度 | トップページ | 鳥インフルエンザ死者、1億人超える恐れ 豪シンクタンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8706236

この記事へのトラックバック一覧です: 米,聖書に基づく新温暖化防止運動開始:

« 温暖化、土壌細菌が加速…気温上昇さらに1・5度 | トップページ | 鳥インフルエンザ死者、1億人超える恐れ 豪シンクタンク »