« au、HDD携帯電話『W41T』など発売日を発表 | トップページ | 鳥インフルエンザ:イラクにおける状況 »

2006年2月 9日 (木)

鳥インフルエンザ、香港政府、警戒強める

>香港特別行政区の医療・衛生部門の最高責任者は、香港や広東省など中国南部で、高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)が「風土病になった」と述べるとともに、「(現時点で)人への感染の可能性は低い」としながらも、ウイルスは「香港だけでなく中国(本土)南部にも存在している」と指摘し、感染拡大防止に全力で取り組む姿勢を示した。  

>「風土病」発言は今年に入り、広東省との境界近くで鶏や野鳥からH5N1型ウイルスが検出される例が相次いだのを受けた発言。香港の当局者が中国の感染状況について「風土病」と規定したのは初めて。  また、香港の当局者が広東省など中国本土でのウイルスの広がりに言及するのも異例で、中国側の鳥インフルエンザ対策に一石を投じるものといえよう。 FujiSankei Business i. 中国/鳥インフルエンザ、南部の“風土病”に 香港政府、警戒強める(2006/2/9).

鳥インフルエンザが風土病とはいやな風土病ですね。香港は流行の最前線に立つ格好になるわけですから、本土で対策をしっかりしてもらわないと、というところでしょうか。

|

« au、HDD携帯電話『W41T』など発売日を発表 | トップページ | 鳥インフルエンザ:イラクにおける状況 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8580753

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザ、香港政府、警戒強める:

« au、HDD携帯電話『W41T』など発売日を発表 | トップページ | 鳥インフルエンザ:イラクにおける状況 »