« ドコモ、ワンセグ対応携帯電話「FOMA P901iTV」を発売 | トップページ | 中国で2人の感染確認 鳥インフルエンザ »

2006年2月28日 (火)

アマンタジン耐性インフルエンザ、新たに4県で確認

>米国や横浜市で確認されたアマンタジン(商品名シンメトレルなど)の効かないインフルエンザウイルスが、国内各地に広がっているらしいことが、鈴木宏・新潟大教授らの調査で分かった。

>鈴木さんらは昨年11月~今年1月に医療機関を受診したA香港型インフルエンザ患者のウイルスを分析した。耐性は、
   新潟 20人中15人
   宮城  7人中 6人
   山形  7人中 7人
   長崎  7人中 6人
   福岡  6人中 0人

だった。これらの患者はアマンタジンの治療を受けておらず、元々アマンタジンに耐性を示すウイルス株に感染したとみられるという。

リンク: asahi.com:アマンタジン耐性インフルエンザ、新たに4県で確認?-?暮らし.

調査地点が東北と九州に偏ってますが、すでに横浜で9割近くが耐性ウイルスと判明していますので、多分全国的に広まっているのだと思われます。福岡みたいに0の地点もありますから、まだら模様に広まっているのではないでしょうか。今年の流行は峠を越したとはいえ、アマンタジンが効かない場合はタミフルに頼ることになりますから、来年は今年よりタミフルの不足&高騰となったりするかもしれません。

|

« ドコモ、ワンセグ対応携帯電話「FOMA P901iTV」を発売 | トップページ | 中国で2人の感染確認 鳥インフルエンザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/8878768

この記事へのトラックバック一覧です: アマンタジン耐性インフルエンザ、新たに4県で確認:

« ドコモ、ワンセグ対応携帯電話「FOMA P901iTV」を発売 | トップページ | 中国で2人の感染確認 鳥インフルエンザ »