« ロアグループ、中国携帯電話市場の調査・予測レポートを発表 | トップページ | 日本の渡り鳥、約700検体で高病原性鳥インフルエンザウイルス不検出 »

2006年3月15日 (水)

鳥インフルエンザで死者3人 アゼルバイジャン

>アゼルバイジャン保健省は13日、同国南部で今月初めに死亡した3人が、高病原性鳥インフルエンザH5N1型ウイルスに感染していたことを確認した、と発表した。世界保健機関(WHO)によると、鳥インフルエンザによる死者が発生したのはベトナムやインドネシアの東南アジア各国に続き、8カ国目となる。

>アゼルバイジャンでは、2月初めに渡り鳥の鳥インフルエンザ感染が確認されていた。 カスピ海沿岸部サリャン近郊で4人が死亡し、6人が入院したが、鳥インフルエンザの感染が確認されたのは、死亡した3人だった。残る1人の死者の検査結果は陰性だったという。 死亡した3人の親類は各メディアに対し、死者が出た家庭では地域の習慣として、ニワトリを飼っていたと話している。

>WHOのまとめによると、鳥インフルエンザ感染者は13日現在、世界7カ国で177人に上っている。このうち死者は、ベトナムの42人を最高に、インドネシア22人、タイ14人、中国10人、トルコとカンボジアでそれぞれ4人、イラク2人の計98人となっている。

CNN.co.jp : 鳥インフルエンザで死者3人 アゼルバイジャン ? - サイエンス.

トルコの隣国アゼルバイジャンで鳥インフルエンザによる死者が出ました。鶏を家庭で飼う地域がやはり危険性が高いようです。とりあえず、今のH5N1ウイルスは鶏を飼ってない人に感染した例は少ないのが救いではあります。もちろん、いつ感染力に強い変異体が出現するかはわかりませんけど。

|

« ロアグループ、中国携帯電話市場の調査・予測レポートを発表 | トップページ | 日本の渡り鳥、約700検体で高病原性鳥インフルエンザウイルス不検出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/9107106

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥インフルエンザで死者3人 アゼルバイジャン:

« ロアグループ、中国携帯電話市場の調査・予測レポートを発表 | トップページ | 日本の渡り鳥、約700検体で高病原性鳥インフルエンザウイルス不検出 »