« カタクリ | トップページ | 中国ブランドの携帯電話のシェアは約31%に縮小 »

2006年3月22日 (水)

ドコモ販売ランキング(3月6日~12日)

>ドコモのランキングで、トップが交代した。長期にわたり首位の座に君臨していた「N901iS」が、ついに陥落。代わってトップに立ったのは「SH902i」(右写真)だ。ドコモの1位はNECの端末かパナソニック モバイルの端末が占めることが多かったが、ここにきてとうとうシャープ端末が頂点を極めた。

>デザインケータイの新機種としてトップ10入りしている「N702iD」は、今週1つ順位を下げて7位。N701iECOやN506iSIIといった新機種は、初登場でランキングに飛び込むことはできなかった。

 1  SH902i  29820円  高画質液晶アクオス  1アップ
 2  N901iS   8800円  フルブラウザ       1ダウン
 3  P901iS   8800円  カスタムジャケット    変わらず
 4  P701iD   6800円  シンプル携帯       変わらず
 5  P902i   29190円  カスタムジャケット    変わらず
 6  D902i   29820円  大画面。スライド型   4アップ
 7  N702iD  24990円  フラットスクエア      1ダウン
 8  N701i    5800円  スタイルプラス       1アップ
 9  N902i   29190円  手ぶれ補正        1ダウン
 10 SH901iS 12800円  ハイスペック携帯    3ダウン

ついにドコモの首位交代――「W41K」急上昇、「904T」も初登場ランク入り

先日の謝恩会でもSH902iを持っている学生が二人いて人気があるなとおもってましたが、ドコモの販売ランキングで首位に立ったようです。ドコモで首位ということは、3キャリア含めてもほぼ確実に首位ということになります。シャープはドコモでは後発なので、初の首位獲得かも知れません。学生の話ではメールが打ちやすいということでしたが、そういう操作性と画質のよさが人気の原因でしょうか。

反対に、NECは軒並み順位を下げています。N901iSは901なのでしょうがないかもしれませんが、N702iDやN902iといった新機種も順位を下げているので前途は多難な感じです。パナソニックは安定してますが、ワンセグ携帯P901iTVは高いためか今週もランクインしてきませんでした。

ちなみにauではW41K、ボーダフォンでは904Tが順位をあげてきているようです。

|

« カタクリ | トップページ | 中国ブランドの携帯電話のシェアは約31%に縮小 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/9209617

この記事へのトラックバック一覧です: ドコモ販売ランキング(3月6日~12日):

« カタクリ | トップページ | 中国ブランドの携帯電話のシェアは約31%に縮小 »