« 木津川 | トップページ | 嵯峨嵐山駅 »

2006年3月26日 (日)

上海で鳥インフルエンザ死者

>中国衛生省は24日、上海市内の病院で女性(29)が鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染して死亡した、と発表した。中国で人への感染が確認されたのは16人目で、このうち11人が死亡した。しかし、最大の経済都市、上海では人への感染が確認されたのも初めて。これまでに家禽(かきん)類への感染も見つかっておらず、感染ルートの解明が急務になっている。 

>感染者は上海に出稼ぎに来ていた女性で、出身地は明らかになっていない。13日に肺炎と同じ症状が出たため入院し、21日に死亡したという。
(asahi.com)

鳥インフルエンザに人が感染するのは自宅で鶏を飼っているような場合がほとんどですが、この上海のケースの場合はどうなのでしょうか。

出稼ぎの方みたいですから、そういう可能性も十分考えられますし、そうであれば急に感染か広がる怖れは少ないのですが、実際の所はどうなのか、感染源をはやく解明してもらいたい所です。

|

« 木津川 | トップページ | 嵯峨嵐山駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海で鳥インフルエンザ死者:

« 木津川 | トップページ | 嵯峨嵐山駅 »