« 人間の本性を考える | トップページ | 鷲津 »

2006年3月28日 (火)

ユーラシアとアメリカ

ユーラシア大陸は東西に長いが、アメリカ大陸は南北に長い。このことが両大陸の運命を分けた。

なんとなれば、気候帯は東西に伸びるので東西方向の交易は南北方向の交易より容易で、交易が盛んならば情報伝達も盛んなため、イノベーションの速度も速いからだ、というのは一理ありそうですね(ブランクスレートp139-140)

前近代では交易が情報伝達の主要手段でしたし、中国やアラブの発明やアイディアがヨーロッパに伝わって改良されたりしてますし。

そういう意味でアメリカ大陸やアフリカ大陸におけるイノベーションにはだいぶハンデがあったては言えそうです。

|

« 人間の本性を考える | トップページ | 鷲津 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーラシアとアメリカ:

« 人間の本性を考える | トップページ | 鷲津 »