« キャロットタワー | トップページ | 先週の検索ワード(4月2週) »

2006年4月16日 (日)

温暖化、現在のペースだと今世紀中に固有種大量絶滅へ

>地球温暖化が現在のペースで進むと今世紀中に、希少動植物が集中して生息する地域で、そこにしかいない固有種の大量絶滅が起こる恐れが大きいとの研究を、カナダ・トロント大などの国際チームが14日までにまとめた。温暖化による影響だけで、約6万の固有種が絶滅する恐れがあるという。

>世界中には限られた範囲の土地に、多くの固有種がすむ「ホットスポット」と呼ばれる地域が存在する。チームは、ホットスポット25カ所について、現在のペースで温暖化が続いた場合、生物が依存する植生がどれだけ変化するかをコンピューターモデルで推定。結果を基に各地域の固有種の絶滅を予測したところ、平均12%、最大で43%の固有種が絶滅するとの結果になった。

>最大の場合だと、植物は約5万6000種、動物は約3700種に相当するという。 アジア太平洋地域の影響が特に深刻で、それ以外では、アフリカ南端やカリブ海、地中海などで影響が深刻と推定された。日本列島も昨年、国際環境保護団体により新たにホットスポットと認定されたが、今回の研究では評価の対象外。しかしチームのメンバーで米環境保護団体、コンサベーション・インターナショナルのリー・ハンナ博士は「日本の貴重な動植物も温暖化によって危機にさらされるのは明らかだ」と話している。

Sankei Web 温暖化、現在のペースだと…今世紀中に固有種大量絶滅へ(04/15 12:25).

気候帯が急速に移動すると、移動のペースについていけない特に植物の固有種が絶滅する可能性が高いと考えられます。動物についても生活に適した植生がある程度の面積がないと絶滅しますので、植生面積の推定値から絶滅数が推定できると考えられます。

そうやって見積もった数値だと思われますが、平均12%、最大で43%の固有種が絶滅するというのは大きいですね。。

|

« キャロットタワー | トップページ | 先週の検索ワード(4月2週) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/9627607

この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化、現在のペースだと今世紀中に固有種大量絶滅へ:

« キャロットタワー | トップページ | 先週の検索ワード(4月2週) »