« 日本の鳥インフルエンザの国際支援策 | トップページ | 北東部州、温暖化対策へイニシアチブ−モデルルール制定へ意見募集中 »

2006年5月13日 (土)

ジブチで、人の鳥インフルエンザ感染例が発見

>アフリカのジブチ政府は11日、政府のホームページで声明を発表し、2歳の女の子がH5N1型高病原性鳥インフルエンザウイルスに感染したことを明らかにしました。これはジブチで初めて人が鳥インフルエンザに感染したケースです。  

>声明によりますと、3羽の鶏からもH5N1高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたということです。ジブチの政府関係者は、今後は防止対策を強めると共に、症状が現れた家禽から離れるよう人々に求めています。China radio international.

ジブチというのは、エチオピアとソマリアにはさまれた人口46万人ほどの小さな国ですが、H5N1ウイルスの人への感染が発見されてしまいました。エジプトからそう遠くないので感染が発生しても不思議ではありませんが、近隣のエチオピアやソマリアにも広がっている可能性が考えられますので、あまりいい知らせではありませんね。

|

« 日本の鳥インフルエンザの国際支援策 | トップページ | 北東部州、温暖化対策へイニシアチブ−モデルルール制定へ意見募集中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/10052124

この記事へのトラックバック一覧です: ジブチで、人の鳥インフルエンザ感染例が発見 :

« 日本の鳥インフルエンザの国際支援策 | トップページ | 北東部州、温暖化対策へイニシアチブ−モデルルール制定へ意見募集中 »