« 松下が「au」向けに携帯電話納入へ、ボーダフォン向け開発も | トップページ | 04年度の温暖化ガス排出量、前年より0.2%減少 »

2006年5月26日 (金)

男女別の生活意識の違い

先日の調査で、男女別で回答傾向が違う項目を拾ってみました。サンプルが男性113人、女性23人と偏ってますので、あまりいいデータではありませんが、ある程度の傾向は見ることができます。

まず、男性が多く選ぶ項目です。

ゲームをすることが多い 0.306
世の中は愚かな人間が多いと思う 0.276
ギャンブルをする方だ 0.256
最近つまらないことが多い 0.235
実生活でうれしいことがあまりない 0.204
テレビに向かって文句をいうことがある 0.184
ドラマよりバラエティが好きだ 0.172
ふだんは感情を表に出さない方だ 0.161
よくタバコを吸いたくなる 0.153
すばらしい景色をみたいと思う 0.143

右の数字は性別との相関係数で、これが大きいほど性別との関連が深いことになります。ゲームやギャンブルが男性に多いのは分かる気がしますが、「最近つまらないことが多い」、「実生活でうれしいことがあまりない」「テレビにむかって文句をいうことがある」なんて項目も男性の方がyesと答える割合が高くなっています。男性の方が学生生活もつまらなそうで気の毒ではあります。「世の中おろかな人間がおおいと思う」といった攻撃的な態度も男性の方に多いようです。

次に女性が多く答える項目ですが、

人に八つ当たりをすることがある -0.283
友人にドラマの感想を良く話す -0.278
感動すると誰かに伝えたくなる -0.220
涙を流すとすっきりする -0.216
南国やリゾート地に憧れる -0.200
つい食べ過ぎることがある -0.194
暖かい気持ちになりたいと思う -0.180
ハッピーエンドが好きだ -0.167
ケガをした動物がいると手当したくなる -0.162
生きている実感がある -0.162
人が幸せだと自分も幸せだ -0.154
感動的な話を聞くのが好きだ -0.151

となっています。相関係数の負の値が大きくなるほど女性がyesと答えている項目です。「ドラマの感想をよく話す」「感動すると誰かに伝えたくなる」といった対人コミュニケーション指向や「涙を流すとすっきりする」「八つ当たりをすることがある」といった感情の表出傾向が女性の方が高いことが分かります。「南国リゾート」や「食べすぎ」といった旅行・グルメ志向も予想通りの結果といえるでしょう。「ハッピーエンドが好きだ」「ケガをした動物がいると手当てしたくなる」「人が幸せだと自分も幸せだ」といった共感志向も女性で高くなっています。

総じて男性の方が殺伐としているのに対し、女性の方が幸せそうなアンケート結果にはなっているようです。

|

« 松下が「au」向けに携帯電話納入へ、ボーダフォン向け開発も | トップページ | 04年度の温暖化ガス排出量、前年より0.2%減少 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/10246621

この記事へのトラックバック一覧です: 男女別の生活意識の違い:

« 松下が「au」向けに携帯電話納入へ、ボーダフォン向け開発も | トップページ | 04年度の温暖化ガス排出量、前年より0.2%減少 »