« KDDIとGoogleが携帯電話向け検索で提携 | トップページ | 研究会 »

2006年5月19日 (金)

初夏なのに、インフルエンザ長期化 集団風邪、学級閉鎖も

>平年並みの暖かさが戻った道内各地で、風邪やインフルエンザの勢いがなお衰えない。今月中旬以降、道内四市の七小・中学校で集団風邪による学級・学年閉鎖が相次いでいるのに加え、インフルエンザ感染は大型連休前からさらに広がり、釧路、富良野両保健所管内では警報が発令される事態に。異例の長期化に専門家も首をかしげる。  

>各地の教育委員会によると、集団風邪による学級・学年閉鎖は旭川、江別、小樽、砂川の四市で発生。江別では第三中の一年生(五学級、百七十一人)を十六日から学年閉鎖。また大麻中では九-十一日に一学級を閉鎖した。江別市教委は「四月に発症の報告がなく、終息と思っていた」と困惑している。  

>このほか砂川中の三年生(四学級)が学年閉鎖、砂川小で一学級を閉鎖。旭川では北鎮小で二学級、広陵中で一学級、小樽では稲穂小の一学級がそれぞれ閉鎖された。  

>道立衛生研究所によると、四月中旬から再燃したインフルエンザはその後、さらに加速。四月二十四-三十日には、警報発令レベル(医療機関一カ所当たりの感染者三十人以上)を超す地域が釧路、富良野両保健所管内で現れた。ピークは過ぎたものの現在も紋別、深川、留萌の各管内で多くの発症者が出ている。  

>風邪やインフルエンザは通常、人々が職場や学校などから離れる大型連休を境に終息する。このため多くの医療関係者は「四月のインフルエンザ再燃の原因とみられた寒暖の激しさは、五月の陽気で終わったのに」と不思議がる。  

>道立衛生研究所は「新型のインフルエンザに変異した可能性も否定できないが、判明には時間がかかる」と話している。 北海道新聞 社会.

季節外れのインフルエンザ流行は岩手県でも続いています。寒さが長引いているせいだといわれていましたが、それだけではないようでちょっと気持ちが悪いですね。新型インフルエンザかどうかは判定に時間がかかるそうなので、続報に注意したいと思います。

|

« KDDIとGoogleが携帯電話向け検索で提携 | トップページ | 研究会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/10145733

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏なのに、インフルエンザ長期化 集団風邪、学級閉鎖も:

« KDDIとGoogleが携帯電話向け検索で提携 | トップページ | 研究会 »