« 中国の携帯電話の年間生産量が世界の4割占める | トップページ | 中国の気候、温暖化が進む見込み »

2006年5月22日 (月)

デンマークで鳥インフルエンザ発生

>デンマークでH5N1型の鳥インフルエンザが発生したという情報が駐日デンマーク大使館から提供されたことを受け、農林水産省は2006年5月19日、同国からの家きん(鶏、七面鳥、あひる、うずら、がちょう)・家きん肉などの輸入を一時停止するとともに、この発生についてデンマーク政府に情報提供を求めることを関係機関に通知した。 

>なお、デンマークから日本への家きんの輸入は05年には実績がないが、家きん肉は274トン、加工卵などは578トン、05年に輸入されている。

EICネット[国内ニュース - デンマークで鳥インフルエンザ発生 同国からの家きん輸入一時停止].

デンマークからも鳥インフルエンザウイルスが検出されたようですが「家禽から」とは書いてありませんので「野鳥から」の検出なのかもしれません。野鳥と家禽では重大さが違いますので、この辺の情報はちゃんと書いておいてほしいところです。

|

« 中国の携帯電話の年間生産量が世界の4割占める | トップページ | 中国の気候、温暖化が進む見込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/10195628

この記事へのトラックバック一覧です: デンマークで鳥インフルエンザ発生:

« 中国の携帯電話の年間生産量が世界の4割占める | トップページ | 中国の気候、温暖化が進む見込み »