« 改正地球温暖化対策推進法 4月施行 | トップページ | ジブチで、人の鳥インフルエンザ感染例が発見 »

2006年5月13日 (土)

日本の鳥インフルエンザの国際支援策

>この1月にはアジア諸国中心に1.55億ドルの国際支援を表明、GW直前に、鳥インフルエンザに関する「特別基金プログラム会合」を実施し、防疫戦略を詰めた。

>さらに2日にはASEAN諸国によるパンデミックインフルエンザ封じ込めのために50万人分の備蓄用抗ウイルス薬と70万人分のインフルエンザ検査キット、防護用品をASEAN事務局に引き渡す式典を催したばかり。

公明党ホームページ デイリーニュース:APEC鳥/新型インフルエンザ閣僚級会議に出席して/手記 厚生労働副大臣・衆院議員 赤松正雄.

公明党のHPに日本の鳥インフルエンザ対策の近況が載ってましたので記録しておきます。180億円規模の国際支援と50万人分のワクチンをアジア諸国に支援しているようです。人から人に感染するパンデミックウイルス発生当初に集中的に50万人規模のワクチンを投与できれば押さえ込める可能性はかなりありそうな気はしますが、計算どおりいくでしょうか。。

|

« 改正地球温暖化対策推進法 4月施行 | トップページ | ジブチで、人の鳥インフルエンザ感染例が発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/10051959

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の鳥インフルエンザの国際支援策:

« 改正地球温暖化対策推進法 4月施行 | トップページ | ジブチで、人の鳥インフルエンザ感染例が発見 »