« 乱丁 | トップページ | NHKアーカイブス »

2006年5月21日 (日)

きっとしあわせ

昨日みんなのうたリクエストで「きっとしあわせ」をやってたので録画してさっき見ました。しゅうさえこさん本人が出演して生で歌ってらっしゃいました。

それは良かったのですが、歌ってる所を映すためにオリジナルのアニメーションが所々しかきちんと映らなかったのは残念です。この曲はなぜかしらDVDに入っていないのできちんと録画しておきたかったのですが…

多分歌もさることながら、生活感というかリアリティ溢れるアニメーションのおかげでも人気があった曲ですしね。断続的ながら半年程再放送してたのはグラスホッパー以前では他に例がなかったと思います。

♪あれはお嫁さんになった日のこと
♪沢山の花に囲まれて
♪足が中に浮き上がる程
♪思い切り幸せ感じました

華やかな結婚式のシーン。幸せいっぱいの笑顔が部屋に飾られている記念写真のスーッと中におさまっていって‥‥

♪あれから何年立ったでしょうか
♪忙しさに追い立てられて
♪いつの間にか過ぎて行く日々
♪幸せどこに置いて来たの

写真の前では朝の慌ただしい光景が展開されています。食器をさげながら慌てて鞄を取り、出勤のついでにゴミ袋を持って駆け出し、ふと気がつくとコートを忘れている‥

最初みたときに結婚式のシーンとの余りのギャップに唖然とし、当時としてはみんなのうたらしくない作りでびっくりしたものです。昨日の放送ではアニメーターの方は近所の主婦の皆さんを1週間観察してこのシーンを作った何てエピソードが紹介されてました。さもありなんと思うできばえで、2番のお母さん編なんかはちょっとやつれ過ぎだと妹が苦情を言ってましたが、それぐらいしっかり日常生活が描かれていたため、そのあと旦那さんがコートを走って持ってきてくれて

♪きっとしあわせ
♪いつか分かるもの
♪ずっとしあわせ
♪見つめていたいのー

でにっこりほほ笑む演出が生きたのだと思います。かくてこの曲は主婦の皆さんの大きな共感を呼んで、異例のロングランとなったのでした。

そんな訳でこのアニメをみるのを楽しみにしてたんですけどねえ。もう一度完全版やらないかな。

「きっとしあわせ」
うた しゅうさえこ 作詞 しゅうさえこ 作曲 杉本真人
編曲 赤坂東児アニメーション  吉良敬三
初放送月 1993/12

|

« 乱丁 | トップページ | NHKアーカイブス »

コメント

私の妻の一押しが、この曲です。

主婦として大いに共感したらしく、初めて視聴した時、すでに涙が潤んでいました。

妻だけでなく、私も大好きです!

投稿: るんるん | 2011年10月15日 (土) 11時11分

理想と現実のギャップ。その現実の中で理想を忘れないこと。
この二つを見事に表現した作品でした。るんるんさんの奥さんも、感じるところが大きかったのかもしれませんね。

お嬢さんお二人もご結婚、ご婚約ということでおめでとうございます。お嫁さんになった日のことをまたいつか、振りかえられる日がくることでしょう。そのときが、きっとしあわせであるようお祈りしています!

投稿: くじょう | 2011年10月18日 (火) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/10163970

この記事へのトラックバック一覧です: きっとしあわせ:

« 乱丁 | トップページ | NHKアーカイブス »