« 八国山緑地 | トップページ | ブラジル人が欲しがるもの新車、携帯電話、テレビ、 »

2006年6月 2日 (金)

秋田県内でインフルエンザ患者増加、学年閉鎖も

>秋田市の小学校で新たに学年閉鎖が行われるなど、県内でインフルエンザ患者が増えていることが1日、分かった。  

>県感染症発生情報によると、新たに秋田市の旭北小で集団風邪が発生。児童57人が感染し、40人が欠席したため、5月31日から6月1日まで1年生と2年生の学年閉鎖が行われた。  

>県内の定点医療機関からの報告によると、5月22―28日の週のインフルエンザ患者数は2・31人で、前週(2・24人)より増加。保健所別には秋田市、大館、大仙で増えている。 秋田のニュース - さきがけonTheWeb.

北海道で季節外れのインフルエンザが流行しているという報道がありましたが、秋田でも流行しているみたいですね。学年閉鎖とかもあるようで、規模も大きいみたいです。ウイルスのタイプとか原因とかどうなってるんでしょうね。特に報道がないので気になります。

|

« 八国山緑地 | トップページ | ブラジル人が欲しがるもの新車、携帯電話、テレビ、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/10360561

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田県内でインフルエンザ患者増加、学年閉鎖も:

« 八国山緑地 | トップページ | ブラジル人が欲しがるもの新車、携帯電話、テレビ、 »