« インフルエンザ沖縄中南部、警報に格上げ | トップページ | 携帯電話のキャリア変更はKDDI独走 »

2006年6月24日 (土)

韓国国民の94%「携帯電話の電磁波は有害」と考える

>韓国で、国民の大多数は携帯電話の電磁波が人体に有害だと考えていることが明らかになった。また、国民の10人中1人は携帯電話で通話中に身体的な異常症状を感じた経験があることが確認された。  

>市民環境研究所(張栽然[チャン・ジェヨン]所長)と徐惠錫(ソ・ヘソク)議員室(国会科学技術情報通信委員会)が全国の成人男女1,034名を対象にアンケートを行った結果、回答者の38%が“有害”と答え、56%が“人体に何らかの影響があるだろうが、心配するほどではない”という意見だった。

>携帯電話で通話中、体に異常を感じたことがある人は11%だった。一日平均の通話回数が多く、通話時間が長ければ長いほど異常を感じた経験が多いという回答が多く見られた。異常症状としては“耳がつまる感じがする”が60%と最も多く、次に“頭痛がする”(53%)、“精神的に集中できない”(26%)だった。  

世界・韓国国民の94%「携帯電話の電磁波は有害」と考える.

耳がつまる感じがする、頭痛がするというのは気のせいかもしれませんが、通話時間が長いほどこれらの症状を感じる率が高いようですから、何らかの因果関係はある可能性はありますね。

ちなみに、私は携帯でネットを長時間見ていると、手の皮膚がこわばってくることがあります。熱のせいか、電磁波のせいかわかりませんが、あんまりやりすぎるのはよくないようです。皆さんは、そういう経験がおありではありませんか?

|

« インフルエンザ沖縄中南部、警報に格上げ | トップページ | 携帯電話のキャリア変更はKDDI独走 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/10659123

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国国民の94%「携帯電話の電磁波は有害」と考える:

« インフルエンザ沖縄中南部、警報に格上げ | トップページ | 携帯電話のキャリア変更はKDDI独走 »