« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

KDDI、高音質を追求したau携帯電話12機種一挙発表

>KDDIと沖縄セルラーは2006年8月28日、au携帯電話の新ラインアップ12機種を発表した。「原音の追求」をコンセプトに、ヤマハの協力で機種個別のチューニングを行い、高音質の音楽再生を追求した。9月上旬から順次発売する。  

>いずれもヤマハ製音源チップを採用、内蔵帯域拡張技術で、着うたなどの圧縮オーディオ形式で失われた周波数成分を補完して、原音に近いサウンドを再現する。また、きょう体設計でもヤマハのアドバイスを受け、音質・音圧の測定、試聴確認を実施。音楽関係者による評価も行った。一部機種を除きソニー製高音質イヤホン「MDR-E0931」が付属する。

KDDI、高音質を追求したau携帯電話12機種一挙発表 / デジタルARENA.

というわけで、auの秋商品は「音質」をメインの訴求点にしているようです。簡単に機種の特徴を列挙しておきますと

「W43H」(日立):最長4時間15分の連続ワンセグ視聴と、外部メモリーへの番組録画に対応。

「W47T」(東芝):他キャリアの端末とも接続可能なテレビ電話機能搭載。

「DRAPE」(東芝):コンセプターの坂井直樹氏プロデュースによるアールデコ風デザインモデル。

「W43CA」(カシオ):和英・英和・国語辞典などのモバイル辞書、ICレコーダー、遠隔データ消去機能などを備える。

「W43SA」(三洋電機):最長4時間40分の連続ワンセグ視聴可能。外部メモリーへのテレビ番組録画に対応。

「W43S」(ソニー・エリクソン):「あかり」機能と「BRAVIA」の高画質技術を搭載。

「W43K」(京セラ):閉じたまま音楽操作が可能。ウーファー付き充電台などで音楽機能を充実。

「W41SH」(シャープ):ファブリック感のあるエッチング加工のきょう体デザイン。  

「W45T」(東芝):「でか文字」「制限モード」など使いやすさと安心にこだわる

「W42SA」(三洋電機):タッチセンサーパッドを搭載。手書き入力可能。

「W44K」(京セラ):WIN端末で最薄の厚さ約15mm。

「A5522SA」(三洋電機):唯一のCDMA 1X端末。約50MBの内蔵メモリーと各種のセキュリティ機能を搭載。

ということでバラエティに富んだラインナップになってますね。値段が分からないのですが、ワンセグ機かソニー機か京セラ機が人気が出るのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯電話購入予算:半数が1000-2000元

>中国の消費者に携帯電話の購入予算を聞いたところ、1000-2000元とする回答が全体の約半数を占めた。また「月収6000元以上」の回答者のうちでは、2500元以上の高級端末を購入したいとする層が45.7%にも上った。   

>購入する際の予算で最も多かったのは「1501-2000元」(28.8%)で、以下「1001-1500元」(25.3%)、「2001-2500元」(17.5%)で、比較的低価格の端末を購入したいと考えている人が多いことが分かった。一方、2500元以上の高級端末を購入したいとする層は、地域別では「北京市」と「遼寧省」で多かった。  

>カメラ付き携帯電話については、05年11月の前回調査から3.1ポイント増の60.4%が「欲しい」と答え、「今のところ購入は考えていない」は14.7%となった。また、「すでに持っている」は24.9%で、前回調査より7ポイント上昇した。すでに持っている人は、地域別では北京市、上海市、広東省で約3割に達しており、所得別では「月収4000-5999元」が最も多かった。   

>今後に期待したい機能では、前回同様「テレビ電話」(60%)「ストリーミングビデオ(MPEG4)」(53.4%)が上位を占めたが、それぞれ前回から35ポイント、28.4ポイントの大幅増を示しており、携帯電話の多機能化が強い関心を集めていることが分かる。第3位の「高画質カメラ」は全体の52.6%となっており、「月収1000-1999元」、世代別では「10代」の支持を集めている。

>サーチナ総合研究所では、中国消費者の携帯電話意識を探る調査を半年に1回実施しており、今回は第7回目となる。調査は新秦商務咨詢(上海)有限公司(上海サーチナ)を通じて2006年5月19-24日に行われ、北京市、上海市、広東省を中心とする中国全土のモニター1800人から有効回答を得た。

携帯電話購入予算:半数が1000-2000元 2006/08/31(木) 09:44:00 [中国情報局].

1元=15円くらいですから、1万5000円~3万円ぐらいが中国の人が携帯を買うときの予算ということのようです。日本と変わらないか、高いぐらいじゃないかという気もしますが、中国の都市部の平均月収が1000元ぐらいですから、ほとんど月収をまるごと携帯に投入するわけで、とんでもなく携帯につぎ込んでいる計算になりますね。

おそらく、平均より富裕な層が買っているのだとは思いますが、人口の一割程度(日本の人口ぐらい)の中産階級でも平均月収5000元という数字が出てますから携帯電話は中産階級の月収の2~5割という高価な商品ということになります。

それでも買うというのは、日本とはだいぶ消費者の志向が違っているようで、中国の消費者は家の中のものにはあまりお金をかけないが、もって歩くものは高価なものを好むという指摘もあります(日本と全く違う中国の消費者)。そういう意味で携帯電話も「自己顕示の消費」の一環として買われているのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震度3から4?

初期微動が6秒くらいでしたから震源は30キロくらいの割と近くで起きた地震ですね。あんまり怖くないですが気持ちのいいものでもないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドコモも「携帯電話番号ポータビリティ」利用時の手数料を発表

>NTTドコモグループ9社は8月29日、10月24日から開始される「携帯電話番号ポータビリティ」(MNP)利用時の手数料を発表した。先日のKDDIに次いで2社目となる。  

>他の携帯電話会社からドコモへ転入する場合は無料(別途、契約事務手数料3150円がかかる)とし、ドコモから他の携帯電話会社へ転出する場合は2100円となっている。  

>また、MNPを利用して、ドコモの携帯電話サービスに新たに契約する予定の顧客に対し、9月10日より「携帯電話番号ポータビリティ事前予約キャンペーン」を実施する。

>(一定の条件を満たせば)携帯電話端末などドコモ商品の割引に利用可能なドコモポイント2000円分(2000ポイント)を付与するとしている。  

リンク: ドコモも「携帯電話番号ポータビリティ」利用時の手数料を発表 - CNET Japan.

>au携帯電話への転入時は無料(別途、契約事務手数料2835円がかかる)とし、au/ツーカー携帯電話からの転出予約時は2100円とするとしている。なお、NTTドコモとボーダフォンは、現時点では手数料について明らかにしていない。

>さらにKDDIは、MNPを利用してauに新規契約を希望する顧客に対し、10月23日以前に予約が可能となる「新規加入仮予約サービス」を9月1日より提供し、同サービスを利用してauに転入した顧客にauポイント2000円分(1000ポイント)を付与するとしている。 (KDDIだけが料金を明らかに

というわけで、KDDIとドコモについてナンバーポータビリティの手数料が明らかになりました。

                    ドコモ    au
      転入           無料    無料
     (契約事務手数料)    3150円    2835円
      転出          2100円   2100円
     予約サービス特典   2000円分  2000円分

ということですから、ほぼ横並びで契約事務手数料がドコモの方が300円ほど高いということになっています。まあ、転入時は無料とはいえ、転出時よりも高い契約事務手数料を取るわけですから、ドコモの方が転入については狭き門になっています。

高くしても、ドコモを希望するユーザーは多いと踏んでいるのか、「契約事務手数料」なんて項目は普通のユーザーはみないだろうとたかをくくっているのかよく分かりませんが、この点はあえて差をつけてあるようです。

ソフトバンクがどうするのかは今のところ未発表ですが、横並びでいくか契約事務手数料をもう少し安くして転入をしやすくするか、気になるところではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「行動経済学」の覚え書き

『行動経済学』友野典男 2006 光文社新書の第7章まで読みました。

ヒューリスティックス、プロスペクト理論、時間選好がここまでの内容で、あとは利他性で別の話になりますから、とりあえずここまでで一段落です。なにげに時間選好の話が最新情報を含んで面白かったです。

ヒューリスティックスは効用を経由しない簡便な意思決定方略ですし、プロスペクト理論は参照点に依存する価値関数で効用関数を書き直す試みですし、時間選好は効用の割り引き率を再考する話ですので、いずれも効用概念の再検討というくくりで整理できるでしょう。実際、時間選好の章は効用を3つの効用概念(経験効用、記憶効用、決定効用=予測効用)に分割する話で締めくくられていました。

このうち、時間選好(目の前のケーキと将来のダイエットのどちらを取るかと言った問題)の章に登場した時間解釈理論は2003年の論文でもっとも新しくてもっともラジカルな考え方だと言えるでしょう。人間、物事のいろんな側面に注目して意思決定をしますが、先の事と目の前の事では注目する側面が違うという考え方です。

例えば、目の前にケーキがないときには健康や美容のためのダイエットの必要性を意識してケーキなんか食べるまいと思っていても、いざ喫茶店に入ってメニューに並んでいるイチゴショートケーキや洋なしのタルトやアプリコットのムースの写真を見ると、生クリームの甘さや果物の酸味やプルンとした食感が浮かんできて、健康や美容の事を忘れてしまうという事をよく体験します。

時間解釈理論を提唱するトロープとリバーマンは、人間は物事が時間的に先の出来事である場合は抽象的な側面(例えば健康や美容)に注目して判断するが、時間的に目の前の場合には具体的な側面(例えば味覚や触覚)に注目して判断するために同じ物事であっても評価が変わるのだと主張しています。ダイエットの決意が揺らぐのはこうしてケーキを食べる事の評価(=効用)が変化するためだ、というのが彼らの考え方になります。

このように物事にいくつかの側面があるときに、どの側面に注目するかが時と場合によって変わるために、物事に対する評価(=効用)が刻々と変わるという考え方は、非常に自然な考え方ですが、従来の効用理論にはない考え方で、おそらく効用理論のかなり根本的な再編成を要求するものになるような気がします。今後の展開に注目したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

9.11じゃん

認知心理学には「公式の誕生日」というのがあって、1956年9月11日なんだそうです(『行動経済学』p33)。あんまりいい日じゃないですねえ。。覚えやすいけど…

という訳で次の9.11は同時多発テロ5周年にして、認知心理学生誕50周年であることが判明しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

1200m

今日は1200m泳いできました。時間がなくて1300mはやめときました。

プールまで自転車で行くのですが、半袖では寒かったです。久々に「寒い」という感覚を味わいました。秋唄の季節ももうすぐです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

「理解」の覚え書き

既知の情報に基づいて新しい情報を解釈し、新情報を既知情報に組み込むことを「理解する」という。

既知情報がなければ理解は行われないし、新情報が全くなくても理解は行われない。

 『認知心理学と人間の情報処理』
  11章「心理言語学的視点から見た理解」より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

冥王星格下げ

という訳で冥王星が小惑星に格下げになりました。アメリカのごり押しが逆効果になった形ですね。

海冥か冥海か迷う必要もなくなりました。冥王星前線基地もアステロイド基地ってことでいいとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

ラックマン

ラックマン

このところラックマン等著の『認知心理学と人間の情報処理』という本を読んでいます。1988年初版発行なので古い本なのですが、よく見ると原著は1979年出版で30年近く昔のふっるーーい本であることが判明しました。

でもいまだにジュンク堂の書棚に並んでいるだけあって中身はなかなか面白いです。認知心理学の始まりから当時の最新の研究まで「パラダイム転換から通常科学へ」という視点で、代表的な実験を割と詳しく説明しながら紹介されてるので勉強になります。

とりあえず、エピソード記憶の章と意味記憶の章、それと心理言語学の章まで読みました。心理言語学なんて学問分野がかつてはあったんですね。それだけでも勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕日2

夕日2

台風の夕焼けシリーズ続きですが、なんか「七瀬ふたたび」のラストに出てきそうな夕日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

伊藤先生、初代ガウス賞受賞

>国際数学連合は22日、「ガウス賞」の初代受賞者に、金融工学などの分野で幅広く応用されている「確率微分方程式」を考案した京都大学の伊藤清名誉教授(90)を選んだ。 

>同賞は、実生活に役立つ数学の応用で、世界最高の実績を挙げた研究者を顕彰するため、天文学や物理学、統計学にも多大な影響を与えたドイツの数学者ガウスにちなんで同連合が創設した国際賞。 (読売新聞)

ブラウン運動を記述する確率微分方程式を開発した伊藤先生が初代の「ガウス賞」を受賞されることになりました。めでたいことです。

私の担当教官が確率論の先生でしたので私も大学院でならう機会がありましたが、連続的な確率過程を記述する画期的な方程式で、確率的なゆらぎをもつ現実世界をモデル化する上で不可欠なものとなっています。

何度もフィールズ賞の候補にはなっていたらしいのですが、今回新設されたガウス賞を受賞されるということで本当に良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

台風の夕焼け

台風の夕焼け

これもうちの母親が撮っていた、先日の台風の時の夕焼けです。

東京や浜松で異様なオレンジ色の夕焼けが見えてましたけど、京都でもこんな感じの空だったようです。なんでこんな色になるんでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

タコの羽衣

タコの羽衣

うちの母親が「タコの羽衣」の写真を撮ってました。水から出してしまうと羽衣感に欠けますが大体こういうものです。

水の中ではもっとレースみたいで羽衣っぽかったんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

保津川下り落石で運航中止

保津川下り落石で運航中止

保津川下りが落石のため22日まで運航中止だそうです。

増水のため運航中止というのはよくありますが、落石のためというのは初めてみました。そんなに大雨が降った訳でもないのですけどねえ。どこらへんで落石があったのでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

レビ

レビ

うちのうさぎです。明日東京に戻るのでしばらくお別れになります。

元気でね〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

ソワレ

ソワレ

近所のソワレの方はちゃんと営業してました。相変わらず、青い深海魚みたいな照明です。ムードはありますが、本を読むには暗いので一回しか入ったことありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミューズ跡

ミューズ跡

木屋町にあった名曲喫茶のミューズもつぶれてなくなってました。ここでよく本を読んでたんですけどね。二階が結構好きでした。

3階に靴を脱いで上がった青山もつぶれてました。河原町界隈で歩き疲れると休憩にいってたものでしたが‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駸々堂跡

駸々堂跡

久しぶりに河原町界隈を歩いて見ましたが、随分店の配置が変わってますね。

駸々堂はだいぶ前につぶれましたがいまだに新しい店舗は入ってませんでした。

紀伊国屋は河原町沿いの店はカラオケになって寺町の方に移転してました。ジュンク堂も四条の河原町と烏丸の中間にあったのが、三条河原町を下がった所に移転しててびっくりしました。前より広くなったかは微妙ですが、地下鉄の駅に近くなって便利にはなりました。

ちなみにジュンク堂の地下に無印の喫茶店が入ってましたが、コーヒーはたいそうまずかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

イカの群れ

イカの群れ

水中で遭遇したイカの群れです。去年は何回も出会いましたが今年はこの一回だけでした。

もっと近付きたかったのですが、気配を感じてあっと言う間に逃げてしまいました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

墨

タコが墨を吐いている所です。触るとすぐ墨を吐きます。沖に逃がそうと思って誘導しようしても墨を吐きます。

体力を消耗するので心配してたんですが、最後は薄い皮をくるりと脱いで逃げて行きました。天の羽衣みたいに‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このタコ

このタコ

水中カメラで撮ったタコの写真です。こんなのが海水浴場に現れて、子供も大人も集まってきて、ちょっとした騒ぎでした。

「このタコ!」とかいう人はいませんでしたが、なんで人を罵るときに「タコ!」っていうんでしょうね。3打数無安打を「3タコ」とかいいますし。

「このイカ!」とか「3イカ」とは言わないのでタコじゃなければならない理由が何かあるのだろうと思いますが‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

福知山駅

福知山駅

宮津から特急で帰ってきました。途中、福知山駅が高架になっててちとびっくり。昔の方が味があって良かったのですが、踏み切りがなくなるので近所の人にはいいのでしょう。

で帰ってくると気温37℃。すごく暑くて33℃の風が涼しく感じました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈具海岸

奈具海岸

由良浜から宮津にいく途中のこのあたりを奈具海岸といいます。というか地図にそう書いてありました。

眺めのいい所で海辺の水も上からみるとエメラルドグリーンで綺麗な所です。所々砂浜はあるみたいですが、アクセスが悪いようで特に海水浴場にはなってないみたいです。たまに家族連れがバチャバチャしてますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

指名手配?

指名手配?

遠目にパッとみて、指名手配のポスターかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

貝細工

貝細工

丹後由良の駅に貝で作った駅名プレートが下がってました。近所の子供の作品でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩場

岩場

ここの海水浴場は砂浜の隣りにこういう岩場があります。この辺で素潜りすると、魚が渦を巻いて泳いでいたり、イカの群れが悠々とでも人が近付くと俊敏に逃げ去ったりしてなかなか楽しい所です。

去年は岩陰にゴンズイが玉になって泳いでましたが、今年はゴンズイ玉は発見できませんでした。

プールと違って生き物が色々いるのが、海の面白い所ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚がいた

魚がいた

今日は水が澄んでいて水温も下がって魚が結構泳いでました。携帯ではなかなか難しいのですが見えるでしょうか?

スズメダイみたいな群れとかイシダイの子供とか潜ってみると色々いるのですが携帯ではちと撮るのは無理ですね。

あと波打ち際に大きなタコが泳いでました。触ると墨を吐いて逃げようとするのですが、子供に取り巻かれて段々弱ってきて可哀相でした。でも、こんな海水浴場で大きなタコをみたのは初めてでちょっとびっくりしました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

今年は魚がいない‥

今年は魚がいない‥

今年、海につかった第一印象は「ぬる〜」でした。普通最初は水が冷たく感じるものですが、今年は最初からぬる〜いぬるま湯みたいで、段々暑く感じるくらい水温が高かったです。

水を舐めても余りしょっぱくなく、塩分濃度の方は随分下がっているようです。そのせいかいつもは沢山いるお魚が今年は全然いませんでした。水も濁って透明度もほとんどありません。

岩場の方に行っても少し沖の方にでても状況は同じで、どうも淡水が混じって塩分濃度が下がった暖かい水が表層1mくらいをずっと覆っているようです。

1mぐらい潜ってみるとしょっぱくて冷たい水にようやく出会って魚が結構泳いでました。下の方は水も澄んでいて上とは別世界です。しばらく潜水して浮上すると、なにこれ、お湯?とか思うような半海水がまといついて来ました。おかしな海況です。10年程ここにきてますが、こんなの初めてですね。他の地域でも異常高温+淡水化が生じているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

由良浜海水浴場

由良浜海水浴場

という訳で由良浜着です。あんまり混んでないので気に入っています。岩場の方に行くと魚が沢山いて楽しかったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北近畿丹後鉄道

北近畿丹後鉄道

西舞鶴から北近畿丹後鉄道で由良浜へ。本数が少なくて一両編成なので結構混んでました。

中に18切符で旅行してる女の人がいて、この切符では乗れないと言われて次の駅で降りてる人がいました。そんな慌てて降りなくても、元経済に多少とも貢献すればいいのに…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河岸段丘

河岸段丘

和知〜安栖里付近です。由良川の両岸に典型的な河岸段丘が広がっています。

川の流れが見えるとわかりやすいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胡麻

胡麻駅に軽食、喫茶のセクションができてました。土曜市なんてものも開かれるみたいです。

しばらく前はブラジルから出稼ぎに来ている女工さんが多かった駅ですが最近はどうなのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀岡盆地

亀岡盆地

今日はこれから海にいきます。これは亀岡盆地の風景で、天気が良くて緑が鮮やかです。

小さな雲が遠くに浮かんでいてなんとなく「君を乗せて」の曲が流れてくるような気が‥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵯峨野の竹林

嵯峨野の竹林

天龍寺から野宮神社にいく途中の竹林です。こちらは暑いですが、竹林の中はやや涼しい。。入り口のアイスクリーム屋さんがおいしそうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

保津峡

保津峡

今日は日曜なのでトロッコ列車も保津川下りも沢山人がきてますね。どっちも実はかなり暑いのですけど、時々風が吹くと気持ちいいです。

写真は保津峡ですがラフティングしてる人がちらっと見えます。昔は自分で船を持ってきてやってましたが最近は貸し業者もできてるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜が暗い

さっき実家に帰ってきましたが、こっちは回りに田んぼや山が広がっていて夜が暗いです。闇とかいう言葉は東京で実感することはあんまりないですが、山の方とか本当にまっくら‥

まあ、東京が無駄に明るいのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

いきなり落雷!!

いきなり電気がショートしたみたいなビシッーー!!って音が大音量で‥

超怖い!!!

部屋のなかで竦んでしまいました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

鳥インフルエンザの死者43人 インドネシア

>インドネシア保健省当局者は7日、首都ジャカルタ郊外の少年(16)が高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染して死亡したと述べた。世界保健機関(WHO)が確認すれば、同国の累計死者数は43人となり、42人のベトナムを超え世界最多となる。  

>ベトナムでは鶏の大量処分で感染を封じ込めたが、インドネシアでは対策が遅れて感染は拡大の一途をたどり、世界で最も速いペースで死者が増え続けている。(共同) U.S. FrontLine.

>インドネシア保健省は9日、ジャカルタ郊外のブカシ市で7日に死亡した16歳の少年について、世界保健機関(WHO)の検査で、毒性の強い鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染していたことが確認されたと発表した。インドネシアでは昨年7月に死者が初確認されて以降、感染が急拡大している。

>インドネシア政府は養鶏業者らに対し、感染が見つかった家きん類を殺処分するよう指導しているが、財政難から業者への補償が十分に出来ず、処分は進んでいない。住民への啓発活動も遅れており、感染の爆発的拡大が懸念されている。(2006年8月9日23時29分  読売新聞

とりあえず、インドネシアの感染は続いているようです。アフリカの感染がどうなったのか、最近ニュースがないのでよくわかりませんが、拡大が収まっているのだとしたら結構なことです。インドネシアより、財政に余裕があるかといえば疑問ですが、感染の初期で押さえ込めたという可能性もあります。

もっとも、報道されてないだけで、拡大が続いている可能性も十分ありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

素朴理論の覚え書き

子供のもつ世界についての因果認識の体系のこと。

【素朴物理学】
・連続性(物は瞬間移動しない)
・固体性(固い物にぶつかると止まる)‥‥生後4ヶ月程度で獲得(生得的?)

・重力(手を離すと落ちる)
・慣性(邪魔がないと動き続ける)‥‥生後8〜9ヶ月で獲得。個人差あり。経験が必要?

【素朴心理学】
・欲求心理学(人の行動を欲求で理解)‥‥2才程度
・信念・欲求心理学(人の行動を欲求と信念を用いて理解)‥3〜4才程度

【素朴生物学】
・生き物は動く‥生後10ヶ月程度
・成長する、再生する‥4〜5才程度
・子は親に似る‥4〜5才程度
・人間との類推(1日10回餌をやるとおなかをこわす等)‥5〜6才程度
  『認知心理学5 学習と発達』より


大体こういった素朴理論を小学校に上がるまえくらいに獲得するようです。

この辺が世界認識の基礎になって、そのあと素朴社会学とか素朴経済学とか素朴政治学とかもおいおい獲得されていくのだと思いますが、その手の素朴社会科学についてはあんまり研究されてないようで記述がありませんでした。

「素朴社会学」とかでぐぐってもでてこなかったので少なくとも日本ではやられてないのかもしれません。面白そうなんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1300m

久しぶりに泳いできました。5月以来くらいかも…。なかなか授業のある間は泳いでる余裕がありません。

久しぶりの割にはそこそこ膝も痛くならずに泳げたのでよしとしましょう。来週は海に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

違う本が来た

違う本が来た

アマゾンで「認知心理学と人間の情報処理2」というのを頼んだのですが、ついた本は「2」ではなく「3」でした。「3」はもう持ってるので要らないんですけど…

とりあえず、アマゾンにメールして販売元に転送してもらいましたが、まだ返事がきません。早くなんとかしてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮餃子

宇都宮餃子

宇都宮に行った訳ではありませんが池袋に「宇都宮の餃子」という店があったので入ってみました。

カウンターに椅子が5つ程並んでる小さな店で、店の人が餃子を包んでは焼いてらっしゃいました。目の前で包んで焼く店って初めてみましたが、皮がパリッとしておいしかったです。包んですぐ焼くと皮がしなっとしないのでパリッと焼けるそうです。確かに包んで作りおきするとしなっというかフニャッというか皮が湿ってきますよね。

店の人は宇都宮の出身だそうで、厚い皮でなく薄い皮で、白菜ではなくキャベツを使って作るのが宇都宮流なのだそうです。

お盆に改装してもう少し大きな店にするみたいですが、おいしかったのでまた行ってみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

トワイライト成東

トワイライト成東

夕暮れの成東駅です。ここで乗換えて東金線経由で帰って来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トウモロコシ畑

トウモロコシ畑

銚子といえば漁業の街というイメージが強いですが、陸地の方にはトウモロコシ畑がざわわざわわと広がっていました。

緩やかに海に突き出した半島で水の便が悪いのでしょうね。水田はほとんどなくてトウモロコシやエダマメやカボチャが植わってました。地球が丸く見える丘周辺はちょっと美瑛の丘に似た風景でもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

地球の丸く見える丘展望台

地球の丸く見える丘展望台

地球の丸く見える丘展望台というのが犬吠駅から歩いて15分くらいの所にあります。

結構坂で暑かったのですが、上につくと風が涼しくて地平線が360度ぐるりとまるく見えました。写真ではうまく撮れませんでしたが風力発電の風車がいくつか回ってるのが見えてましあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

硬券切符

硬券切符

いまどき珍しい硬券切符です。記念に持って帰ろうと思いつつ、つい駅で渡してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観音駅

観音駅

銚子港の最寄り駅です。妙な洋風建築の駅舎で中でたい焼きを売ってました。

銚子港までは歩いて5分ほどですがこの時間帯は、もうすっかり静かでした。港沿いに何件か魚料理屋さんがあっていわし膳を食べました。いわしの刺身が特に美味!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銚子電鉄

銚子電鉄

銚子駅からは銚子電鉄に乗りました。今日は何回か乗って毎度混んでたのですが、どうも花火大会があるためみたいでいつも混んでる訳ではないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犬吠埼

犬吠埼

18切符を使って銚子に来て見ました。いわし膳食べて今は犬吠埼の灯台のまえです。空が青くて灯台と海が綺麗です!

海がちかいため、案外風は涼しいです。30℃ないかも。都心は35℃越えてるようですけどね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

鳥インフルエンザ、インドネシアでまた集団感染か

>インドネシア保健省当局者は2日、北スマトラ州カロ県で鳥インフルエンザに感染した疑いがある2~32歳の計9人が相次ぎ入院、検査中であることを明らかにした。

>同県では今年4月と5月に8人が感染、うち7人が死亡する集団感染が起きたばかり。 4月と5月の集団感染で、8人中7人はウイルスのヒトへの定着を促進する可能性がある「ヒトからヒト」の感染と判明。世界保健機関(WHO)などは、今後も感染が続けばヒトでの大流行につながる遺伝子変異が起きかねないとして警戒を強めている。(共同)

Sankei Web 国際 鳥インフルエンザ、インドネシアでまた集団感染か(08/02 23:18).

しばらくみないうちに、ヒトからヒトへの鳥インフルエンザ感染が確認されていたようです。これは、相当やばい状況ですね。もっとも感染数の多いインドネシアで確認されたというのも、一番可能性のありそうな国ではありますが困ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

手回しはうるさい

携帯電話用の手回し発電機の実物を初めてみましたが、あれはたいそううるさいですね。

電車のなかで急に「ワシャワシャワシャワシャ」と音がし始めて何かと思いましたが、それでした。走行中で少し離れた席だったんですけど、かなりうるさかったです。

ちょっとあれは電車の中は勘弁して欲しいですね。会社や喫茶店でも注目を集めるでしょう。車の中とか路上だと大丈夫かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »