« 携帯電話購入予算:半数が1000-2000元 | トップページ | プロスペクト理論の覚え書き »

2006年8月31日 (木)

KDDI、高音質を追求したau携帯電話12機種一挙発表

>KDDIと沖縄セルラーは2006年8月28日、au携帯電話の新ラインアップ12機種を発表した。「原音の追求」をコンセプトに、ヤマハの協力で機種個別のチューニングを行い、高音質の音楽再生を追求した。9月上旬から順次発売する。  

>いずれもヤマハ製音源チップを採用、内蔵帯域拡張技術で、着うたなどの圧縮オーディオ形式で失われた周波数成分を補完して、原音に近いサウンドを再現する。また、きょう体設計でもヤマハのアドバイスを受け、音質・音圧の測定、試聴確認を実施。音楽関係者による評価も行った。一部機種を除きソニー製高音質イヤホン「MDR-E0931」が付属する。

KDDI、高音質を追求したau携帯電話12機種一挙発表 / デジタルARENA.

というわけで、auの秋商品は「音質」をメインの訴求点にしているようです。簡単に機種の特徴を列挙しておきますと

「W43H」(日立):最長4時間15分の連続ワンセグ視聴と、外部メモリーへの番組録画に対応。

「W47T」(東芝):他キャリアの端末とも接続可能なテレビ電話機能搭載。

「DRAPE」(東芝):コンセプターの坂井直樹氏プロデュースによるアールデコ風デザインモデル。

「W43CA」(カシオ):和英・英和・国語辞典などのモバイル辞書、ICレコーダー、遠隔データ消去機能などを備える。

「W43SA」(三洋電機):最長4時間40分の連続ワンセグ視聴可能。外部メモリーへのテレビ番組録画に対応。

「W43S」(ソニー・エリクソン):「あかり」機能と「BRAVIA」の高画質技術を搭載。

「W43K」(京セラ):閉じたまま音楽操作が可能。ウーファー付き充電台などで音楽機能を充実。

「W41SH」(シャープ):ファブリック感のあるエッチング加工のきょう体デザイン。  

「W45T」(東芝):「でか文字」「制限モード」など使いやすさと安心にこだわる

「W42SA」(三洋電機):タッチセンサーパッドを搭載。手書き入力可能。

「W44K」(京セラ):WIN端末で最薄の厚さ約15mm。

「A5522SA」(三洋電機):唯一のCDMA 1X端末。約50MBの内蔵メモリーと各種のセキュリティ機能を搭載。

ということでバラエティに富んだラインナップになってますね。値段が分からないのですが、ワンセグ機かソニー機か京セラ機が人気が出るのではないでしょうか。

|

« 携帯電話購入予算:半数が1000-2000元 | トップページ | プロスペクト理論の覚え書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/11704654

この記事へのトラックバック一覧です: KDDI、高音質を追求したau携帯電話12機種一挙発表:

« 携帯電話購入予算:半数が1000-2000元 | トップページ | プロスペクト理論の覚え書き »