« 冷滝(ひやだき) | トップページ | ヴァージン・グループ、温暖化対策に30億ドル投入へ »

2006年9月27日 (水)

米加州、日米自動車6社を温暖化被害で訴え

>米カリフォルニア州は20日、自動車の排ガスが地球温暖化をもたらし、州に損害を与えているとして、トヨタ自動車やゼネラル・モーターズ(GM)など日米自動車大手6社に賠償を求める訴訟を同州連邦地裁に起こした。賠償の請求額は未定。排ガスによる温暖化で法的責任を自動車メーカーに問うのは初のケースとみられる。  

>訴えによると、同州は地球温暖化に伴う海岸の浸食や洪水の頻発、オゾン層の減少などへの対策に巨額の支出を強いられてきたとし、原因となっている自動車を製造しているメーカー側に負担を求めている。  

>一方、自動車メーカー側は、ホンダがAP通信に「排ガス規制などの措置は連邦政府が統一基準を設けるべきものだ」と語るなど、困惑の色を浮かべている。  

>州議会は8月末、温暖化ガスの排出量を2020年までに25%削減するとの内容の法案を可決。再選をめざす11月の知事選を前に、環境問題への取り組みを強調する戦略を取っているシュワルツェネッガー知事も近く法案に署名する方針を明らかにしている。

ウィークリートピックス.

カリフォルニア州が温暖化の原因となっているという理由で自動車メーカーを訴えるようですね。環境保護団体がそういう訴訟を起こすなんてことはありそうな気がしますが、アメリカの州みたいな自治体が訴えるのは前代未聞ではないでしょうか。

アメリカの国内法でも国際法でも自動車の排出する二酸化炭素を規制する法律はないような気がしますので、損害賠償を請求する民事裁判になるのでしょうけど、この請求が通るのであれば自動車会社だけでなく、石油会社や電力会社や鉄鋼のメーカーなど大口の二酸化炭素排出企業はみんな訴訟の対象になるでしょうね。

まあ、因果関係が不明確とかいって棄却されそうな気はしますが。

|

« 冷滝(ひやだき) | トップページ | ヴァージン・グループ、温暖化対策に30億ドル投入へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/12058908

この記事へのトラックバック一覧です: 米加州、日米自動車6社を温暖化被害で訴え:

» ※ディーゼル排ガス汚染:東京都、ぜんそく医療費助成へ方針 [明日への道しるべ@ジネット別館]
 1.始めに 東京都はディーゼルの排気ガス汚染でぜんそく患者となった人に対し、医療費の一部を助成する独自策を新設する方針を固めた。これにより、メーカーが財源を負担するぜんそく患者の救済制度ができる可能性がでてきた。            2.東京大気汚...... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 19時46分

» カネミ油症 [環境問題]
環境問題、環境保護など。カネミ油症について記載。 [続きを読む]

受信: 2006年10月11日 (水) 00時37分

« 冷滝(ひやだき) | トップページ | ヴァージン・グループ、温暖化対策に30億ドル投入へ »