« EU排出権取引シンポジウム資料 | トップページ | 忍び寄る温暖化…古都の紅葉、危うし »

2006年11月20日 (月)

みんなのうた、12・1月のテキスト

みんなのうた、12・1月のテキスト

みんなのうた、2006年12月・2007年1月のテキストを買ってきました。

「グラスホッパー物語」と「クロ」から早一年で月日の流れは早いものです。新しいうたもリアルタイムで歴史の一コマに変わっていく所が、みんなのうたの面白い所ではありますね。

来月のうたは

 「ねっこ君」 うた:山本譲二
 「ホャホャラー」 うた:安齋肇とフーレンズ
 「私と小鳥と鈴と」 うた:新垣勉

の3曲で、ねっこ君が5分のロング曲、ホャホャと小鳥が2分半のショート曲になっています。

今月が宇多田ヒカルとか倍賞千恵子とか、有名どころが歌ってるのに比べると普段のみんなのうたというところでしょうか。

再放送はテレビ有りが「今でも船長と呼ばれている船長の夜」「ぶたまんごころ」「子ねこと毛糸」「ぼくはくま」の4曲で、ラジオのみが「花いちもんめ」「旅の好きなあなたに」「こきりこの歌」「走れジョリィ」の4曲となっています。

「船長」はDVDに入ってますので、その点で有り難みはないですが、好きな曲ですのでDVDをお持ちでない方はご覧になるといいでしょう。「くま」はグラスホッパーみたいに半年流すのでしょうかw

それからやや異例なことですが、年度途中で放送時間の変更があります。平日の9:55~10:00の枠は今年は再放送枠だったのですが、12月から新曲枠になります。再放送が多過ぎるという苦情か、新曲が少な過ぎるという苦情か、9:55が馴染んでいるので新曲を流して欲しいという要望かいずれがあったのか分かりませんが、平日の再放送テレビ枠は昨年度と同じ教育テレビの12:55~13:00だけになりました。

私も9:55~10:00は割とよく見るので新曲の方がやっぱりありがたいでしょうか。ただし金曜の9:55~10:00は「シークレット枠」のままです。

|

« EU排出権取引シンポジウム資料 | トップページ | 忍び寄る温暖化…古都の紅葉、危うし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/12751487

この記事へのトラックバック一覧です: みんなのうた、12・1月のテキスト:

» 北海道日本ハムファイターズ|小笠原道大 移籍へ揺るぎない決意? [五十嵐亮太と東京ヤクルトスワローズ党|東京ヤクルトスワローズツバメ党のブログ]
五十嵐亮太と東京ヤクルトスワローズ党|東京ヤクルトスワローズツバメ党のブログ [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 00時59分

« EU排出権取引シンポジウム資料 | トップページ | 忍び寄る温暖化…古都の紅葉、危うし »