« カゼノトオリミチ(?) | トップページ | 番号ポータビリティ制度の本音 »

2006年11月 4日 (土)

銚子ちゃん

銚子ちゃん

銚子ちゃん

タクシーの案内で、この地域で一番最初にできた、銚子屏風ヶ浦風力発電所、通称「銚子ちゃん」にやってきました。

2001年9月稼働開始だそうですから、ちょうど911テロの時期ですが、あの頃にはこの辺にはここしか風車がなかった訳ですね。

タワーの高さ65m、ブレードの長さ30m、発電能力1500kwの大型風車が緩やかに回ってました。できた当時は関係者を乗せてよくここに来たと運転手の方がおっしゃってました。今でも夏休みに子供を連れて見学に来る人がいるそうです。

キャベツ畑のなかで工事用車両の入れる地盤の良い土地を選んでたてたのだそうです。風車が立つとテレビがちらちらすることがあるそうですが、この辺はキャベツ畑ばかりで心配ないと笑ってらっしゃいました。

逆にいうと風がよく吹いて地盤が良くて電波や鳥の邪魔にならない所はそんなに多くないと思われますので、銚子近辺に今22基立ってますが、そろそろ飽和点に近付いているのかも知れません。

見てるといくつかは回っていてもいくつかは回ってなかったりしていて、風の状況が常に良い訳でもないようです。ただ複数立つことでトータルの発電量の安定性はますので、可能ならいくつかまとめて立てた方が電気を受ける側としてはありがたいといえそうです。

「銚子ちゃん」の反対側に2号機なんでしょうか、もう一基の風車が夕日をバックに静かに回転してました。

(銚子の風力発電所の一覧はこちらの真ん中へんにあります)

|

« カゼノトオリミチ(?) | トップページ | 番号ポータビリティ制度の本音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/121873/12554965

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子ちゃん:

« カゼノトオリミチ(?) | トップページ | 番号ポータビリティ制度の本音 »